食いしん坊の鹿にご用心! 安芸の宮島おすすめ食べ歩きグルメ!

記事作成日:2013/09/26 22:55:30 │ 最終更新日:2013/10/01 14:14:43

春は桜、秋は紅葉など、一年を通して美しい景色を楽しめる宮島は、安くて美味い食べ歩きグルメの激戦区でもあります!厳島神社までの参道を行って帰るだけで、待ち時間が少なく、お土産も選びながら、お腹も満たすことができるので、時間がない時にもぴったり! さらに、今回紹介する食べ歩きグルメはすべてワンコイン(500円)で食べられます!

宮島名物の新勢力!「ぺったらぽったら」

写真:広島 らっこ

まず、フェリーの着く宮島桟橋から、海に浮かぶ大鳥居を眺めながら海沿いの道を歩いていくと見えるのが、最初の食べ歩きグルメ「ぺったらぽったら」です。こちらはモッチモチの焼きおにぎりのような焼き餅のような食べ物で、具は、宮島名物の、牡蠣と穴子の二種類から選べます。甘辛いタレが牡蠣とも穴子とも相性抜群。網の上で焼き立てを熱々のままいただきます。食べながら進むと、厳島神社はもう目の前です。くれぐれも食べ終わってから神社に入りましょう。

もみじ饅頭の中で一番おすすめ!熱々サクサクの「揚げもみじ」

写真:広島 らっこ

参拝が済んだら、帰りは表参道商店街を通って進みます。様々なお店が並ぶので、ここならお土産もすぐに選べるでしょう。ここで絶対食べたいのが、紅葉堂の「揚げもみじ」!揚げたてサクサクの衣と熱々の餡がたまらない、絶品グルメです。甘いものが苦手な方は、チーズをどうぞ!熱々トロトロのチーズとサクサクもみじ饅頭の新たな味に出会えます。これを食べたら、普通のもみじ饅頭では物足りなくなるかもしれません。

野菜も取れちゃう蒸し饅頭屋「○錦本舗」

写真:広島 らっこ

次に立ち寄りたいのは、「○錦本舗(まるきんほんぽ)」。蒸したての牛まん、穴子まん、広島菜まんが並ぶこちらは、宮島の老舗旅館「錦水館(きんすいかん)」プロデュースの蒸し饅頭屋です。広島牛の牛まんと、宮島特産の穴子まんはボリューム満点。広島菜まんを食べれば、食べ歩きの時に不足しがちな野菜を取ることもできます。カロリーの気になる方にもおすすめの一品です!

みんなの注目の的! 特大たこせん!

写真:広島 らっこ

今回紹介する中でとりわけインパクトが大きいのが、昔ながらの製法と国産のもち米にこだわった煎餅屋「寺子屋本舗」の、直径約30センチ程もある大きな「たこせん」です。注文をしてから、目の前で生のイイダコをのせてジューっと焼いてくれます。この特大サイズのおせんべいを食べながら歩くと、周りの人から注目の的になるかもしれません。

カフェドリンクでほっと一息「宮島コーヒー」

写真:広島 らっこ

最後は美味しいドリンクで一息。築100年の商家を改装した建物が特徴の「宮島コーヒー」では、世界各国から直輸入した生豆を使ったコーヒーのほか、様々なカフェドリンクやフローズンドリンクなどを味わえます。フローズンドリンクは甘くてクリーミーで、デザート代わりにもピッタリです。建物内のカフェスペースで座ることもできるので、ゆっくり足を休めるのも良いですね。

まとめ

いかがでしたか?
王道である焼き牡蠣やもみじ饅頭以外にも美味しいグルメが盛りだくさんの宮島。ここで覚えておきたい食べ歩きをする時のポイントは、ビニール袋をひとつ持って行くこと!ゴミ箱が見つけられなくても、快適に食べ歩きができますよ。

各社から関連ツアーを検索
掲載内容は執筆時点のものです。 2013/09/22 訪問

- PR -

広島 らっこのプロフィール写真
ナビゲーター

旅行ブロガー

ナビゲーター紹介

はじめまして!広島大好き女子、らっこです♪
平日はOL、週末になると大好きな瀬戸内海周辺を探索しています。ふらりと散歩に行くようなお出かけが好きなので、身体と心とお財布に優しい旅がモットーです。

広島 らっこのプロフィール詳細

- PR -

国内 月別 記事リスト

2013年
06月(3)
07月(3)
08月(3)
09月(1)
10月(3)
11月(3)
12月(2)
2014年
01月(1)
02月(2)
03月(1)
04月(1)
05月(1)
06月(1)
07月(2)

- PR -

ソーシャル/RSSで新着記事をチェック!
facebook Twitter Google+ tumblr follow us in feedly

「食いしん坊の鹿にご用心! 安芸の宮島おすすめ食べ歩きグルメ!」ページ上部に戻る