蕎麦屋さんに日本海一望の露天風呂!新潟・瀬波温泉「磐舟」

| 新潟県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

蕎麦屋さんに日本海一望の露天風呂!新潟・瀬波温泉「磐舟」

蕎麦屋さんに日本海一望の露天風呂!新潟・瀬波温泉「磐舟」

更新日:2016/06/24 11:42

泉 よしかのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 泉 よしか 温泉ソムリエマスター、温泉観光実践士

日本海に面した新潟県の瀬波温泉に「お蕎麦屋さんと入浴」が楽しめる温泉施設があります。名前は「ゆ処そば処 磐舟(ばんしゅう)」。ランチに立ち寄ったり海水浴後の食事にも最適。宿泊すればなんと姉妹館である大観荘せなみの湯のお風呂も利用できちゃいます!
しかも磐舟のお風呂は海一望の爽快な露天風呂!これは行くしかない、ぜひとも日没にあわせて入浴したいですね。

瀬波温泉 大観荘せなみの湯の姉妹館、ゆ処そば処 磐舟

写真:泉 よしか

地図を見る

日本海に面した瀬波温泉は、明治37年に石油を掘削していて見つかった温泉です。現在は10軒ほどの旅館や日帰り温泉が立ち並ぶ新潟でも人気の温泉地で、平成20年にはロマンチックな夕日の見える瀬波温泉海岸が、恋人たちの聖地にも選ばれました。

ゆ処そば処 磐舟(ばんしゅう)は、瀬波温泉でも中心に位置する大観荘せなみの湯の姉妹館です。ゆ処そば処の名の通りこちらでは「温泉と蕎麦」の両方がじっくり楽しめちゃいます!
場所は大観荘せなみの湯の斜め向かい。旅行のランチや海水浴帰りの日帰り温泉で立ち寄るにも便利な立地ですよ。

瀬波温泉の食事はお蕎麦で決まり!

写真:泉 よしか

地図を見る

ゆ処そば処 磐舟の蕎麦屋は2階です。入口に紺の暖簾のさがる落ち着いた店内で、営業時間はランチタイムと夕方から夜にかけての一日二回。
写真は冷たい「かご盛り」の蕎麦で、この他に「ぶっかけ」やピリリと辛い「辛み大根おろし蕎麦」、また温かい蕎麦にはトロリと黄身を添えた「たま天蕎麦」、天麩羅を乗せた「かき揚げ天蕎麦」や「海老天蕎麦」といったメニューがあります。

コシの強さにこだわった磐舟の蕎麦は、もっちりとした弾力があり品の良い味わい。するすると喉を通り思わずおかわりしてしまいそう!蕎麦だけでなく刺身や天麩羅がセットになったコースもあるのでお腹を空かせて行っても安心ですね。

磐舟宿泊のお得ポイント!

写真:泉 よしか

地図を見る

ゆ処そば処 磐舟は日帰り温泉と蕎麦屋を営業していますが、泊ることもできます。宿泊は基本的に素泊まりまたは朝食付きのプランのみですが、夕食が食べたい場合はもちろん2階のそば処を利用することができちゃいます。
あっさり済ませたければ単品のお蕎麦を、がっつり食べたければ料理長お任せコースの会席料理(要予約)を。希望に合わせて選べるのが嬉しいですよね。

また、磐舟に泊まると他にもお得なことがあるんです。実は姉妹館である大観荘せなみの湯のお風呂にも自由に入れちゃうんですね!これは磐舟のリーズナブルな宿泊料金から考えるとかなりのポイントですよ。

さてそれではいよいよ磐舟のお風呂をご案内いたしましょう!ゆ処であるお風呂は、そば処のさらに上の3階、頑張って階段を上ってくださいね。六十六段の階段を上るのは大変ですが、その分眺めは期待して下さい!

日本海に沈む夕日、ゆ処そば処 磐舟の絶景露天風呂

提供元:ゆ処そば処 磐舟

http://www.taikanso.senaminoyu.co.jp/bansyu/

内湯の広い窓からも景色は楽しめますが、せっかくなので露天風呂に出てみましょう。まさに日本海を一望です!
浴槽の手前に立ってなんとか海が見えるお風呂はよくありますが、磐舟のように浴槽に浸かって目線の高さで海を楽しめるお風呂は意外と少ないですよ。

泉質はナトリウム−塩化物温泉。黄色味がかった透明のお湯で、油の臭いもするよく温まるお湯です。源泉温度が高いので加水はしていますが、源泉掛け流し。泉質のため浴室の床は滑りやすいので注意してくださいね。
こちらのお湯は磐舟の独自温泉で源泉井戸の櫓は駐車場からも見えます。姉妹館の大観荘せなみの湯の源泉とも少し違うので、泊った場合は両方を入り比べてみるのもきっと楽しいでしょう。

そしてもちろん晴れた日の夕日の沈む時間帯ならば、海も空も湯船も茜色に染めて極上の入浴タイムとなること間違いなしです!

瀬波温泉「ゆ処そば処 磐舟」で蕎麦&海の見える露天風呂を楽しんで

今回は夕日の美しい瀬波温泉で蕎麦と温泉が楽しめる「ゆ処そば処 磐舟」をご紹介させていただきました。
すぐ近くには毎年10万人以上の海水浴客でにぎわう瀬波温泉海岸や、温泉卵を作ることのできる噴湯公園などがあり、見どころ・遊ぶところもいっぱいです。ぜひ訪れてみてくださいね!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/01 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ