北海道 大沼公園周辺の絶対食べたいハイレベルなグルメ5選

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

北海道 大沼公園周辺の絶対食べたいハイレベルなグルメ5選

北海道 大沼公園周辺の絶対食べたいハイレベルなグルメ5選

更新日:2016/06/23 11:43

阿部 吾郎のプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 阿部 吾郎 総合旅行業務取扱管理者

函館から特急電車で約20分、風光明媚な景色で知られる大沼国定公園。この大沼公園周辺、実はかなりハイレベルなグルメスポットでもあることをご存知でしょうか。名産の大沼牛を中心にがっつり系のグルメが多いのですが、その中でも選りすぐりの5品をご紹介しましょう。

山川牧場直営「ローストビーフサンドショップ」

写真:阿部 吾郎

地図を見る

「ローストビーフサンドショップ」は、函館本線の大沼駅から約1キロ、徒歩15分ほどの場所あり、近くにある山川牧場直営の小さなお店です。山川牧場では、低脂肪、高品質の牛肉にこだわっており、このローストビーフサンドもさっぱりした赤身肉を使用しています。しかし、パサついた感じは全くなくしっとりとした食感で、肉のうまみを感じます。
作り置きではなく、注文を受けてから作ってくれるので、パンもふかふかです。肉の味を生かすため、薄めの味付けですがしっかりとスパイスが効いています。

お値段は900円。新幹線に乗る前に駅弁代わりに買いに来る人も多いとか。4月中旬から11月上旬までの限定営業ですのでご注意ください。ローストビーフサンドの他、フレッシュチーズサンド、北海道の素材だけで作ったあんぱんなども人気です。

チャレンジビーフ大沼黒部ベコ

写真:阿部 吾郎

地図を見る

JR大沼駅から県道43号線を車で10分ほど行った場所にある、大沼牛のレストランです。畜産農家が共同経営しているお店ですので、リーズナブルな価格で大沼牛を味わえます。
ステーキをはじめ、焼肉、ハンバーグ、丼物など、様々な大沼牛メニューが揃っています。

写真は、サーロインステーキ(200g・6,000円)と特上カルビ(120g・2,500円)です。このステーキ、単に柔らかい肉というわけではなく、思ったよりかみ応えがあります。しかし、噛んでいるとスーッと溶けていきます。そして、脂に甘味があり、しつこさを全く感じません。大沼の風土が、このようにすばらしい牛肉を作り出すのかと、感動すること間違いなしです。

そして、ステーキや焼き肉についてくる野菜、どれをとってもみずみずしく、味が濃く、こちらも感動的な味わいです。すべて地元産のものを使用しているとのことで、納得のうまさです。

「レストラン梓」のあんかけ焼きそば

写真:阿部 吾郎

地図を見る

続いて、大沼公園駅から徒歩5分、「レストラン梓」をご紹介します。大沼公園広場からも近く、人気のレストランです。このお店の名物はなんといってもあんかけ焼きそば(980円)です。たっぷりの野菜に海老、イカ、うずらの卵、そして鶏のから揚げまで入っており、かなりのボリュームです。もともと地元で人気のお店でしたが、最近ではガイドブックなどにも取り上げられ、観光客にも知られるようになりました。
大沼牛を使ったハンバーグのメニューも豊富です。

大沼にもあるラッキーピエロ

写真:阿部 吾郎

地図を見る

函館のご当地ハンバーガー「ラッキーピエロ」、地元の食材に徹底してこだわり、全国規模のチェーン店よりも断然おいしいと評判です。このラッキーピエロ、大沼でも食べられます。大沼国道沿いに、森町赤井川店があります。

人気の秘密は、メニューが豊富でさらに他にはない変わったものが多く、しかもそれらがおいしいということ。メニューの名前を挙げてみると、「いか踊りバーガー」「土方歳三ホタテバーガー」「北海道ジンギスカンバガー」など、聞いただけで食べてみたくなるものばかりです。

写真は、一番人気の「チャイニーズチキンバーガー」(350円)です。甘辛い味付けの大きな鶏のから揚げが2個入っています。レタスの上にマヨネーズがたっぷり。病み付きになる味です。
カレーやオムライスなど、ハンバーガー以外のメニューもあります。

行列必至の人気洋食店「ケルン」

写真:阿部 吾郎

地図を見る

最後にご紹介するのは、地元で愛される大人気の洋食店「ケルン」です。こちらのお店も大沼国道沿いにあります。
ステーキ、ハンバーグ、ドリア、カレーなど、どれをとってもおいしく、値段も単品で1,000円から2,000円程度のものが多くリーズナブルです。ステーキは少々値段が高いのですが、先ほどご紹介したチャレンジビーフ大沼黒ベコ同様、品質の高い大沼牛を使用していますので、絶品の味わいです。

写真は、ロースカットステーキとハンバーグのセット(2,750円)です。ステーキ、ハンバーグ両方食べられますし、200gのサーロインステーキですと5,240円しますので、手の届きやすい価格になるという利点もあり、おすすめです。

店内には、その日料理に使われている食材と産地が表示されており、安心して食事を楽しめます。
営業時間が11:30〜18:00(土日祝は20:00まで)となっており、夕食を食べる場合、平日は早めの夕食となります。週末は、昼食・夕食時は行列ができますので、余裕を持って行くようにしてください。

料理以外にもおいしものが

大沼公園周辺のレストランで食事をしていると、お料理はもちろんおいしいのですが、もうひとつ感動的おいしいものがあります。それは水です。レストランに入って席に着くとメニューと一緒に持ってきてくれる水がとてもおいしのです。こんなにおいしい水がある土地なら、肉も野菜もおいしくなるだろうなと納得させられます。
大沼に行く機会があったら、その美しい景色と一緒に、是非グルメもしっかり堪能してください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/05/08−2016/05/12 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ