キリンもライオンもいない動物園!?東伊豆に登場〜日本初の体感型動物園『iZoo』

| 静岡県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

キリンもライオンもいない動物園!?東伊豆に登場〜日本初の体感型動物園『iZoo』

キリンもライオンもいない動物園!?東伊豆に登場〜日本初の体感型動物園『iZoo』

更新日:2013/09/20 17:24

sachieのプロフィール写真 sachie 伊豆史女、伊豆専門ナビゲーター

ライオンいません、キリンもいません、ヘビヘビワニワニカメカメ・・・iZooに到着すると、すぐこの歌が耳に入ってきます。「えっ動物園なのにどうしてライオンもキリンもいないの?」と思うでしょうが、ここは国内最大級の爬虫類飼育施設。今まで触れ合うことのできなかった・・・爬虫類との距離を縮めてくれる日本初の体感型動物園なのです! きっと「気持ち悪い、怖い」といった今までのイメージを変えてくれるはずですよ。

可愛い寝顔のアメリカドクトカゲ。

写真:sachie

地図を見る

眠っている「アメリカドクトカゲ」。爬虫類の『気持ち悪い!』の概念を思わず覆してしまう可愛い寝顔。こんなまじかで見られます。世界中で毒のあるトカゲは、このアメリカドクトカゲとメキシコドクトカゲの2種類だけ。iZooでは、メキシコドクトカゲとを比較して観察することができます。

他にも、世界中から集められた、有毒動物のヘビ・クモ類・サソリなどの展示もしています。実物を見ると美しさや威厳を感じてしまいますね。

希少な種類!アリヅカニシキヘビ。

写真:sachie

地図を見る

写真は、アリヅカニシキヘビ。オーストラリア原産で、世界最小種のニシキヘビ。とても希少な種類なので必見です!

iZooでは繁殖も行っており、この他にもヨロイハブ・ヒメガラガラ・10万匹に1匹の割合で生まれるホワイトヒガシダイヤガラガラなど、大変珍しいヘビの展示もしています。中には熱を感知してか、指を追ってくるヘビもいますよ。

巨大なリクガメ、アルダブラゾウガメ。

写真:sachie

地図を見る

最大甲長120cm・体重200kgを越える巨大リクガメのアルダブラゾウガメ。この日はどうしても隣が気になるのか、通れそうもない柵を通ろうと何度も必死にチャレンジ!していました。ゾウガメのそんな可愛い行動と、のんびり歩く姿に心も癒されてしまいますね♪
 
ここは、日本最大のゾウガメ繁殖施設でもあり、種の保存に貢献。絶滅危惧種のガラパゴスゾウガメもいます。ゾウガメ牧場では70頭以上のゾウガメがいて、30kg以下のお子様は背中に乗って記念撮影(有料)ができます。旅の思い出にいかがでしょうか。

隠れ上手なカメレオン。

写真:sachie

地図を見る

写真はヘルメットカメレオン。木と同一になって安心して眠っているのか可愛い姿ですね♪
カメレオンは、自然の光を浴びて屋外で飼育され、野生に近い状態で年間を通じて観察できます。ここでは、4種類・約20匹のカメレオンが上手に身を隠して暮らしています。
訪れた際には、全部のカメレオンを探し出せるか、是非挑戦してみてくださいね。

日替わりで爬虫類達と触れ合えます。

写真:sachie

地図を見る

日替わりで、触れ合える爬虫類は違いますが、この日は、ヘビを触ることができました。冷たくて不思議な感触♪ ヘビ以外にも、赤ちゃんゾウガメやリクガメなどの爬虫類と触れ合うこともできます。

詳しくはホームページか、園内にある掲示板で確認して下さいね。爬虫類との記念撮影も自由にできますよ。

iZooの魅力は、まだまだ

園内では、リクガメが自由に歩き回っていたり、至るところに爬虫類が隠れているので探すのも楽しいです。エサやり体験もでき、不定期でバックヤードツアーを開催していますよ。
日々進化し続けているため、iZooの園内マップはありません。一度訪れたことのある人でも、また、爬虫類の意外な一面が見られたり、新たな発見があるかもしれませんね。

館内には、フードコート「ドラゴンランチ」があり、ワニ肉・カンガルー肉を使ったオリジナルメニューも提供しています。また、お弁当などの持ち込みもOKになっています。

iZooは、賀茂郡河津町にあり伊豆急行線『河津駅』からタクシーで約5分位のところ。
駐車場も広く無料です!

今まで爬虫類が苦手だった人も、是非一度訪れてみてください。見終わったら、爬虫類が大好きになっているかもしれませんよ!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2012/12/28 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ