「日光霧降高原チロリン村」絶品かき氷&アウトドア!霧降隠れ三滝やシャワークライミングも!

| 栃木県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

「日光霧降高原チロリン村」絶品かき氷&アウトドア!霧降隠れ三滝やシャワークライミングも!

「日光霧降高原チロリン村」絶品かき氷&アウトドア!霧降隠れ三滝やシャワークライミングも!

更新日:2016/06/12 16:20

フルリーナ YOCのプロフィール写真 フルリーナ YOC 絶景・感動探究家、旅する音楽講師

日光霧降高原は名山・女峰山の山麓に広がる美しい高原。ここに自然と思いきり遊べる「日光霧降高原チロリン村」があります。チロリン村は休日ともなると、四代目徳次郎の天然の氷かき氷を求め沢山の人が訪れます。季節の花々に彩られた可愛いいカフェで頂くかき氷は最高!しかしここの魅力はそれだけに非ず!日光の大自然と戯れながらアーチェリー・霧降隠れ三滝巡りトレッキング・シャワークライミングまで楽しめ、オススメです!

- PR -

日光霧降チロリン村&カフェ・アウル

日光霧降チロリン村&カフェ・アウル

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

日光霧降高原は豊かな自然に恵まれた美しい地。そこに自然と思いきり戯れることが出来るレジャー施設「日光チロリン村」があります。代表の山本雄一郎さんは、昭和49年会社を辞め、子供の頃よく遊んだ霧降高原にペンション「高原ロッジきりふり」を始め、その後平成8年に、都会で体験できない遊びを大自然の中で満喫できる複合施設「チロリン村」となりました。

そのチロリン村の中に、ログハウス風の「カフェ・アウル」があります。緑と花々に囲まれ高原の中でのカフェタイムは最高!カフェではケーキ・天然氷のかき氷・カレーライス・フレッシュな果物から作ったジュース・日光珈琲の美味しい自家焙煎珈琲・紅茶などを楽しめます。

チロリン村と言ったらカフェ・アウルの「天然氷のかき氷」!

チロリン村と言ったらカフェ・アウルの「天然氷のかき氷」!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

チロリン村と言えば<カフェ・アウル>の四代目徳次郎 天然の氷・かき氷!このかき氷を生み出したのは「チロリン村」社長の山本雄一郎さん。山本さんは2006年、高齢のため吉新氷室(三代目)が終止符を打つと聞き、日光天然氷の文化を絶やしたくないと弟子入りを志願。始めは無理だと断っていた吉新氷室三代目も、山本さんの熱意に動かされ天然氷を伝授。こうして吉新氷室は四代目徳次郎の天然氷として、山本さんと仲間たちに継承されました。

山本さんの情熱は天然の氷のみならず、かき氷に対してもハンパではありません。かき氷の機械を購入すると、まず機械を解体し刃を研いで切れ味をアップさせます。また、かき氷を綿菓子のようにフワフワにするため、氷の温度をマイナス2度まで上げて削ります。この削りの技術もまた、フワフワの食感を生み出すため必要な事!

また、シロップへの情熱も熱く、レモンは広島産、蜂蜜は氷室の周りに咲く花々の自家製百花蜜を使用。イチゴとブルーベリーシロップは、栃木県産の「ハイブリッシュ」や「とちおとめ」と、砂糖と果汁だけで作ります。。また練乳は、大笹牧場の牛乳を使った手作りのもの。この芸術的なフワッフワかき氷は、チロリン村内の「カフェ・アウル」で提供され、日本全国からファンを集めています。

チーズケーキは外せない!カフェ・アウルの魅力!

チーズケーキは外せない!カフェ・アウルの魅力!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

カフェ・アウルは、ほとんどの人が四代目徳次郎の天然の氷かき氷を目的に訪れますが、実はケーキもかき氷に負けないくらい美味しいんです。特にNYスタイルチーズケーキは、グラハムクラッカーを台に、クリームチーズとサワークリームをたっぷりと贅沢に使った口どけの素晴らしいチーズケーキ。ぜひお試しを。

そしてチロリン村でも売っている、アップルジュースもとても美味しい!これは「王様のブランチ」でも紹介されました。ふじリンゴを使い、チロリン村で無添加・無着色で手づくりしたストレート果汁のリンゴジュースは、芳醇な甘い香りがたまらない逸品です。

45年ぶりの郷帰り!日光から岡山へ渡った岡電3000形「おしゃれ電車」がチロリン村に!

45年ぶりの郷帰り!日光から岡山へ渡った岡電3000形「おしゃれ電車」がチロリン村に!

写真:フルリーナ YOC

地図を見る

この電車は、1953年〜1968年まで日光市街を走っていた路面電車・東武100形電車。かつて日光には、東武日光駅から馬返しまで路面電車が運行していましたが1968年に廃止。使われていた車両10両全てを岡山電気軌道へ譲渡しました。この電車はその後岡山でも、岡軌3000形電車・通称「おしゃれ電車」として市民に愛されてきましたが岡電創立100年を機に2012年現役引退。譲渡先が公募され、チロリン村へが選ばれました。

実はチロリン村の山本社長は学生時代、この電車で通学。岡電3000形の譲渡を知り、この電車を故郷日光へ連れて帰りたいと応募。その熱意と、故郷日光へ里帰りという2点が評価され、見事日光へこの電車を帰郷させました。帰郷にあたり電車は昔日光を走っていた時と同じ姿に再塗装。若き日の姿にお化粧直ししての再々出発です。

以来、この電車の整備をしていたという方がお孫さんを連れて遊びに来たり、かつての日光市電を見たいと訪れる人がいたり。この電車の新しい使命と余生がチロリン村で始まりました。そして山本社長と日光の仲間たちは、この電車を日光で再び走らすという夢を膨らませています。そんな素敵な夢が叶う日・・・待ち遠しいですね!

マイナスイオンたっぷり!滝を登るシャワークライミングツアーも!

マイナスイオンたっぷり!滝を登るシャワークライミングツアーも!

提供元:日光霧降高原チロリン村

http://www.chirorin.com/地図を見る

チロリン村にはまた、アウトドアのお楽しみもいっぱい!
アーチェリー・エアーガン・パターゴルフなどを楽しむ施設も揃っています(雨天時は休み)。また、チロリン村から「霧降隠れ三滝」という、地図にも載っていない秘境の滝へのハイキングコースもオススメ!小さいながらも美しい滝で、川遊びや滝を登るシャワークライミングも体験できます。夏場のシャワークライミングはマイナスイオンに包まれ最高!また、冬には三滝の一つ「丁字ヶ滝」を人工的に凍らせ、アイスクライミング場も出現します。

実はこのアイスクライミング場には、山本社長のある思いが秘められています。ここ数年日光の雲竜渓谷のアイスクライミングが大人気。しかし経験が浅い人が、いきなり雲滝渓谷に挑戦するのはとても危険。実際、滑落事故も起きています。本格的にアイスクライミングをする前に安全な場所で練習・経験を積む場所を提供したい、そんな山本さんの思いが、このアイスクライミング場をオープンさせました。ここは初心者でも、インストラクターの指導のもと体験できるので安心です。

日光霧降高原チロリン村と仲間たちの挑戦は、まだまだ続く!

日光の自然を守りながら、その素晴らしさをたくさんの人たちに知ってほしい。都会では味わえない大自然の中で遊んでほしい。日光の自然の恵みから生まれる美味しいものを、たくさんの人たちに味わってほしい。そんなチロリン村社長・山本さんと日光の仲間たちの思いは「徳次郎プロジェクト」を立ち上げ、日光の魅力をどんどん進化させていっています。

「徳次郎プロジェクト」とは、日光寒晒しそば制作、日光のカエデから作る日光メープルシロップ制作、前述のアイスクライミング場、日光軌道等々、バラエティーに富んだ夢あるプロジェクト。日光をを愛し、日光の自然を愛し、日光の文化を愛する人たちが、それぞれの思いと夢を繋ぎ、日光を進化させています。そしてその中心にあるのが「日光霧降チロリン村」と仲間たち。これからますます目が離せません。

皆さんも是非、日光天然かき氷と共に、チロリン村の魅力をいろいろ体験してみて下さい。それでは、皆さん、素敵な旅を!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ