お伊勢参りに行ったら食べなきゃ損!きっぷのいい伊勢人が作るこれだけは食べたい伊勢フードベスト5!

| 三重県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

お伊勢参りに行ったら食べなきゃ損!きっぷのいい伊勢人が作るこれだけは食べたい伊勢フードベスト5!

お伊勢参りに行ったら食べなきゃ損!きっぷのいい伊勢人が作るこれだけは食べたい伊勢フードベスト5!

更新日:2014/01/07 16:14

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 浮き草 ゆきんこ 国内旅行業務取扱管理者、総合旅程管理主任者

20年に一度の式年遷宮が10月に執り行われる伊勢神宮!

現在は、気軽にお伊勢参りが出来るようになりましたが、江戸時代のお伊勢参りといえば、かなりの日数を要する大旅行!
遠くから伊勢に到着し、お金も残り少なくなった庶民に、伊勢人が食事を奉仕してくれたそうです。そこから「おかげ参り」とも呼ばれるようになりました。

そんなきっぷのいい伊勢人が作る、食べておきたい伊勢フードをご紹介します!

王道 赤福以外にもおいしいお餅あります!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

「お伊勢参りは外宮」からというのが昔からの習わし。

伊勢市駅から外宮参道を歩いて外宮に向いますが、長旅の疲れを少し取ってから参拝を始めませんか。

外宮参道の入り口に今年オープンしたばかりのホテル伊勢 神泉の前にある名窯卸売市場 伊勢器市。この伊勢器市の入り口にある無料休憩所と書かれた建物の中は、実は、お餅茶屋なんです!

伊勢といえば赤福が有名ですが、そのほかにもたくさんおいしいお餅が伊勢にあることを知ってますか?

ここのお餅茶屋ではそんな伊勢のお餅を個別で販売し、その場で食べることができます。
どれを食べようか迷うところですが、「ここでしか変えない希少な味わい」というキャッチフレーズに惹かれ「豊穣 五穀餅」をセレクト!

外宮(豊受大神宮)は、五穀を司る食事の神様。命の源である五穀の豊穣を祈り捧げられてきた場所にふさわしいお餅でありたいということから名づけられました。

早速食べてみると、やわらかくよく伸びるお餅の中に甘さ控えめの口当たりやさしいこし餡がベストマッチ!焙煎を加えているからかほんのり香ばしい味わいと香りです。

もう一つ、「さわもち」を食べましたが、こちらも丁寧につかれたお餅ということでとってもやわらかい!中のこし餡もこれまた上品な味わいで病みつきに!

店内ではほうじ茶が無料で飲めるので、長旅の疲れを癒す、甘いお餅とさっぱりとした味わいのほうじ茶で一服してはいかがですか?

もちろん、気に入ったお餅はお土産にもできますよ!

豊穣 五穀餅:1つ 150円
さわもち:1つ 200円

手こね寿司と伊勢うどん

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

外宮を参拝した後は、バスで内宮に移動します。内宮の周辺は、かつて門前町として栄えたエリアで通称「おはらい町通り」と呼ばれています。

内宮は外宮よりも広く、参拝に時間がかかるためここでも参拝前に腹ごしらえ。伊勢参りにきたら食べたい伊勢名物としてよくあげられる「手こね寿司」と「伊勢うどん」ですが、両方食べると、他のものも食べれない・・・とどちらを食べようか迷うところ。
そういう伊勢参拝客の気持ちを知ってか、手ごろな量の手ごね寿司セットを各店舗でメニューとして出しています。

通常よりも少し小さめの器に盛られた手こね寿司とミニ茶碗に入っている伊勢うどん、そしてお吸い物に漬物がついたセットになってます。

いろんなお店がありますが、おススメは山田屋!店内は昔風の造りで情緒たっぷり!もちろん、手こね寿司も絶品!
手こね寿司とは、酢飯の上にマグロの醤油漬けがのった食べ物のことですが、そのマグロがとろっとろ!ちょっと醤油が足りないかなと思いきや、伊勢うどんの濃いタレがその足りなさをカバー!
2つとも食べたい欲張りさんにぴったりのセットです!

手こね寿司セット:1050円
山田屋はおはらい町通りの内宮側から入って5軒先にあります。

刺身でも食べられるたこの串揚げ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

ちょっと物足りないかなというときに最適の食べ歩きフードがあげ天!さまざまな種類のあげ天がありますが、一押しはまる天のたこ棒です!

刺身でも食べられるたこがごろごろ入っています。一口食べるごとにたこにいきつきます。噛めば噛むほど味が出てくるたこは絶品!たこの他に、刻み紅しょうがもふんだんに入っていて、練り物自体の味を深くしてくれます!

そのほか、とろ〜りチーズが入っているチーズ棒もおススメですよ!

たこ棒:360円

やっぱり外せない赤福氷!並ばずに食べられる店があります!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

伊勢といったら赤福!というくらい有名な赤福では、9月末まで赤福氷を販売しています。
赤福の餅ではなく、冷たい氷にあうように改良された餅と餡はぜひ食べておきたい一品!

赤福は本店のほか、数店舗おはらい町通りや外宮前に支店がありますが、今のこの時期はどこもいっぱい・・・並んで食べるのも・・・という方におススメするお店が、おはらい町通りの真ん中にある「おかげ横丁」内にある団五郎茶屋。

実はここでも赤福氷を食べることができます!

ふわっふわの氷に濃厚な抹茶蜜絶品!
スプーンを中に入れていくと待望の赤福が!もう至福のひと時です!

座敷に座ってテーブルで、ゆっくり食べることができ、さらにさほど並ばずに購入ができるのでおススメの穴場スポットです!

赤福氷:500円

昔ながらの伊勢のおやつ「ぱんじゅう」

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

外宮、内宮の参拝も終わり、家路へ・・・の前にちょっと寄り道して買ってもらいたいのがぱんじゅう!お土産にもよし!電車の中で食べるもよし!のプチサイズのお菓子です。

大判焼きよりも小さく、たこ焼きよりも大きい半球状のおやつは伊勢の人に昔から愛されているお菓子です。黒砂糖入りのこし餡にもっちもっちの生地がベストマッチ!

おススメのお店は外宮前の赤福のお店の前にある「なのか」。

こし餡の他、さまざまな種類があります。1個70円〜80円とお手ごろ価格なので全種類食べてみてはいかがでしょうか?

見た目でわかるように、まんじゅうの上に工夫もされています。

昔ながらのこし餡:青海苔
ゴロゴロくるみ:クルミ
つぶつぶ粒餡:黒ゴマ
とろけるWカスタード:アーモンド
ほろにが抹茶餡:茶葉

どれも甲乙つけがたいおいしさですよ!

番外編

番外編として、おススメしたいのが揚げ物!

三重といえば松坂牛ということで、松坂牛コロッケや、伊勢えびを使った伊勢エビコロッケ、さらに、三重産のカキを使ったカキフライ串などがおススメ!

地ビールもその場で飲めるスタンドがあるので、ビールのおつまみに最適です!

お伊勢参りで日ごろの感謝を伝えるとともに、おいしい伊勢名物でおなかも満たして帰ってくださいね!

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/09/07 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ