NYの夜景を満喫する宿!ザ マルセル アット グラマシー

| アメリカ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

NYの夜景を満喫する宿!ザ マルセル アット グラマシー

NYの夜景を満喫する宿!ザ マルセル アット グラマシー

更新日:2016/11/18 11:45

ぐれい サクミのプロフィール写真 ぐれい サクミ 通訳案内士

世界中に夜景自慢は数あれど、ニューヨークのキラキラ輝くマンハッタンの夜景は別格です。一生に一度は実際にその場に立って目に焼き付けてみたい壮大な光景!予算や時間に余裕があれば夜景観賞ツアーなどに参加するのが良いですが、そうでない方にお勧めなのがこのホテル「ザ マルセル アット グラマシー」。迫りくるエンパイアステートビルなど摩天楼の夜景が、ホテルから満喫できます!

4つ星ホテルのお値段で高級ホテル並みのゴージャス感

写真:ぐれい サクミ

地図を見る

ニューヨークのシティセンターでホテルを探すと、どこもとにかく値段が高いことに驚かされたことはないでしょうか。東京の比ではないほど。のきなみ1泊500ドル以上の高級ホテルが普通にゴロゴロあります。

値段は出来るだけおさえたいけど、せっかくニューヨークに行くなら便利で素敵なホテルに泊まってみたい、という方にぴったり。こちらの写真は宿泊客のみが使用できる10階屋上ラウンジ。高級素材を使用した家具が備えられています。Wi-Fiアクセスも可能。ゆったりとニューヨークの空を眺めながら贅沢な時間をすごせる、まるで高級ホテル並みのゴージャス感です。24時間オープンのカプチーノバーもあり、宿泊客は無料でカプチーノを楽しめます。

迫力のエンパイアステートビルディング!

写真:ぐれい サクミ

地図を見る

ニューヨークの夜景と言えばエンパイアーステートビルとトップオブザロック。エンパイアステートビルは展望台の86階まで上がるのに大人32ドル。トップオブザロックは70階まで32ドル、と展望台に行くだけで結構な入館料が取られます。

こちらのホテル、屋上ラウンジは10階と目線の低さは惜しいポイントですが、目の前に迫りくるエンパイアステートビルを間近で眺められる絶好のロケーションです。ちなみに最上階の客室は11階。少しだけ高いところから眺められます。

実際ホテルから眺めると「すごい!」と思わず声が出る感動があるのですが、そのダイナミックさが写真では伝わりにくいのが残念なところ。クリスマスシーズンはホテル沿い3rdアベニューのイルミネーションが最高です。

客室は全室こだわりのカラフルモダン・インテリア

写真:ぐれい サクミ

地図を見る

このホテル、オープンしたのは1950年と歴史がありますが、2008年に全面的に改装され設備や内装も最新のものとなりました。ニューヨークの中でも他のホテルとは一線を画す全室オシャレなインテリアは必見ポイントです。

特注の革製ヘッドボードや、イタリア製コットンリネンのシーツ、羽毛掛け布団などこだわりの寝具は寝心地が抜群。高級遮光カーテンも全室備え付けです。立地条件が良いのでホテルを一歩出ると喧騒のど真ん中ですが、快適な睡眠を約束してくれます。
チェックイン時に空室があれば、好きなストリートサイドへの客室変更も臨機応変に対応していただけます。

ロビーもお洒落!

提供元:The Marcel at Gramercy

http://www.themarcelatgramercy.com/地図を見る

ホテルは11階、全室135室とニューヨークの中では中規模のホテルですがベルボーイ/ポーターのサービスもあり(有料)、ロビーでゆっくりとチェックインチェックアウトが出来ます。
椅子、装飾の花、絵画など、なにをとってもとにかくオシャレ。トレンドに敏感なあなた、最先端を行くニューヨークのスタイリッシュな空間にたっぷり浸ってみられてはいかがでしょうか。

NYミッドタウンで公園、地下鉄の駅、観光名所に便利でさらに夜景も楽しめる快適ホテルといえばココ!

ホテルから徒歩圏内にエンパイアステートビルディング、タイムズスクエア、最寄りの地下鉄まで徒歩2分と、観光もビジネスもとても便利です。お子様連れの方は12歳以下は添い寝が無料。別料金ですが追加簡易ベットも1台まで設置を対応していただけファミリーの旅行者にとっても優しいホテルです。

ニューヨークではランドマーク的な存在であるというこのホテル「ザ マルセル アット グラマシー」で優雅で素敵なニューヨークの宿泊を満喫してください!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/04/23−2016/04/27 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ