求愛の鳴声に胸キュン♪プチプチ感もたまらない!見て楽しい!食べて美味しい茨城県「めんたいパーク大洗」

| 茨城県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

求愛の鳴声に胸キュン♪プチプチ感もたまらない!見て楽しい!食べて美味しい茨城県「めんたいパーク大洗」

求愛の鳴声に胸キュン♪プチプチ感もたまらない!見て楽しい!食べて美味しい茨城県「めんたいパーク大洗」

更新日:2013/09/26 15:07

おけいのプロフィール写真 おけい “開運散歩”主宰

明太子で有名な福岡の「かねふく」。明太子づくりへのこだわりと情熱が感じられる工場見学から、出来立てプチプチ明太子の試食から販売まで!こだわりの味と美味しさを同時に楽しく体感できるスポットが茨城県大洗にあります。
大人から子供、カップルまで見て楽しい!食べて美味しい!工場見学を今回ご紹介します。

- PR -

明太子はどうやって作るの?

明太子はどうやって作るの?

写真:おけい

地図を見る

ここ「めんたいパーク大洗」は卵選びから下ごしらえ、漬け込み、熟成、包装までの製造行程が目の前で見学できるめんたいこのテーマパーク!
それだけじゃない!そもそも明太子は何の卵?たらこの研究日本一のクラコン博士とタラピヨちゃんが、まずはスケソウダラの生態から漁の様子などわかりやすく楽しいギャラリーで説明してくれます。

リアルな求愛の鳴声に胸キュン♪

リアルな求愛の鳴声に胸キュン♪

写真:おけい

約100mに渡って楽しめる見学通路にはスケソウダラの生態や成長の様子がパネル上で楽しくお勉強できます。所々に隠し扉があって小さなお子さんも楽しめるような仕掛けがいっぱい!引き上げられたスケソウダラの様子や、海中散歩をしているかのようなセットがあって楽しめます。なかでも感動的なのはスケソウダラの声が聴けるブース!威嚇の声、求愛の声が聴けちゃうのです!
4,5人入ればいっぱいになるブースの中に入ると、スケソウダラのオスがメスに求愛する鳴声の求愛ブース。オス同士が強さを競う威嚇の鳴声の威嚇のブース。どちらもリアルなスケソウダラの鳴声に感動します。皆さん耳を澄ませて聞き入ってる顔は真剣そのもの。魚が鳴くなんて私も知りませんでした。

テーマソングに乗って次々詰め込まれるたらこたち!

テーマソングに乗って次々詰め込まれるたらこたち!

写真:おけい

工場内がリアルに見えるブースでは、スケソウダラの卵が塩漬けから箱詰めまでされていく生産の様子を詳しく見ることができます。おなじみの青い発泡スチロールの箱に詰め込まれていく明太子。てきぱきと作業をする様子や、工程の説明が詳しく説明されています。
このエリアでは、製造過程から明太子を使ったレシピの紹介など明太子のアレンジ方法までとても丁寧に説明されています。館内に流れるめんたいパークのテーマソングが、このあたりになると心地よく感じられしっかりと口ずさんでいる子供たちもいます。

お待ちかね、出来立てプチプチの明太子の試食

お待ちかね、出来立てプチプチの明太子の試食

写真:おけい

ギャラリー見学を終えると、出来立てプチプチの明太子の試食ブースに繋がります。この日はできたての明太子を一口大にカットした物、軍艦巻き、ペンネと3種類が楽しめました。そのまま食べても辛さだけではなく、ほんのりと甘みも感じてペロリと何個でもいけそうです。並びにある無料のドリンク自動販売機の心遣いも嬉しいです。

出来立ての明太子からキャラクターグッズまで手に入る

出来立ての明太子からキャラクターグッズまで手に入る

写真:おけい

ここでは朝出来上がったばかりの明太子も購入できます。他にも明太子を使用した加工品やタラピヨグッズが沢山並んでいます。
タラピヨのオリジナル保冷バックに入れたお土産は、自分だけじゃなくお友達や家族にも喜ばれそうですね。
オススメは、ココでしか買えない出来立ての明太子。プチプチ感が違います!

予約なしでいつでもどうぞ!

「めんたいパーク大洗」は9:00〜18:00まで、予約、入館料は不要で大型駐車場が完備されています。大洗鹿島線、大洗駅より徒歩20分、タクシーでは2分ほど。近くには大洗アウトレットリゾートやサメの種類が日本一の大洗水族館があります。また北海道へ向かうフェリー乗り場では、大型フェリー「さんふらわあ」を見ることもできます。

家族からグループ、カップルまで1日楽しめる大洗に出かけてみませんか?

めんたいパーク大洗の休館日は公式サイトでご確認くださいね。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/09/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ