戦艦「大和」発進〜!映画「風立ちぬ」で話題のゼロ戦も見られる、男心くすぐる「大和ミュージアム」

| 広島県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

戦艦「大和」発進〜!映画「風立ちぬ」で話題のゼロ戦も見られる、男心くすぐる「大和ミュージアム」

戦艦「大和」発進〜!映画「風立ちぬ」で話題のゼロ戦も見られる、男心くすぐる「大和ミュージアム」

更新日:2013/09/05 14:57

舟津 カナのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 舟津 カナ アウトドアライター、撮影コーディネーター

世界最大級といわれた戦艦「大和」を生み出した呉に2005年にオープンしたミュージアム。見どころはやはり、10分の1のスケールの巨大戦艦「大和」! そのほか、ゼロ戦や潜水艦など実物資料があり、「乗り物好き」もそそられる施設となっています。
今回は、子供が体を動かしながら科学技術を「経験して、学べる」ファミリー向け施設も充実した「大和ミュージアム」を紹介します。

巨大戦艦「大和」がお出迎え!

写真:舟津 カナ

地図を見る

入場するとすぐ、「どっど〜ん」と立派なたたずまいで迎えてくれる巨大戦艦「大和」。
オリジナルの10分の1のスケールで全長26.3m。設計図や沈没後の潜水調査をもとに、細かい部分まで再現されています。吹き抜けの建物中央にあり、どの階からでも見ることができるシンボル的存在。

模型前方では、海軍帽をかぶり写真をとることも。専属カメラマンに撮ってもらった写真はオリジナルフレーム付きで購入可能。すごいことに、撮ったその場で写真が出来上がり! お土産に最適です。もちろん、各自持参しているカメラでも無料で撮ってくれますよ。

模型だけではない!戦艦大和の「今」もわかる、歴史資料が充実

写真:舟津 カナ

地図を見る

1階には、世界一の戦艦を生み出した呉の歴史と科学技術、そして沈んだ大和の「今」が紹介されています。
戦後60年以上たちますが、戦艦大和の技術は、現代の新幹線やカメラ技術など私たちの身近な技術に貢献しているとのこと。戦艦に詳しくなくても、ビデオや写真パネルが多く見やすい展示になっています。
沈没した戦艦大和の「今」の状況は模型やビデオ、遺品と共に説明され、子供でも分かりやすい!

さらに詳しく知りたい人は、3階の「大和シアター」でCGを使用した映像を、ぜひ見てください。

ジブリ「風立ちぬ」で話題のゼロ戦が手に届きそうな間近で見られる!

写真:舟津 カナ

地図を見る

戦艦大和だけでなく、ゼロ戦や人間魚雷、潜水艇の展示も見どころ。
すごいことに、すべて実物展示です!
手が届きそうな近い位置で見られ、迫力満点。
広い展示場は、大きなガラス張りで海を望め開放的。

この展示室も吹き抜けで、スロープを歩きながら上部からゼロ戦や潜水艇が見られます。

子供と一緒に楽しみながら学べる「船をつくる技術」

写真:舟津 カナ

地図を見る

ここの魅力のひとつは、キッズ向けイベントや体験コーナーが多いところ。ミュージアムは大人向けのものと、子供向けのものと分かれる場合が多いですが、ここは、大人も子供楽しめる場所。
3階には科学技術を楽しく体感できるものがいっぱい!!

週末や連休には、工作教室やサイエンスショーなどイベントがあります。
行く前にホームページでチェックしてみよう。

呉の地ビール「海軍さんの麦酒」やプラモデルが揃うミュージアムショップ

写真:舟津 カナ

地図を見る

ミュージアムの楽しみのひとつ、ミュージアムショップ。通常は女性心をくすぐるオリジナル商品が多いのですが、ここのテーマは「大和」。模型完成品やZIPPOなど男性心をくすぐるモノが多く販売されています。
一押しは、歩いてカラカラになった喉を潤してくれる「海軍さんの麦酒」。生きた酵母入りで常温では品質を維持できないため買ってすぐ飲むのがおすすめ!
また、「海軍カレー」が名物の併設のカフェでは、海を眺めながら食事が楽しめます。


アニメのモデルになった「大和」は、世代を問わず根強い人気!
呉は、広島市内から車や電車で30分、福岡や大阪からでもアクセスしやすい場所です。
外国人観光客にも人気の広島らしく、インフォメーションでは無料で英語の音声案内がレンタルできます。海外からきた友達を連れて行くにも最適ですね。

館内だけでなく、野外にも碇などの展示物があり、海を見ながら周辺を散策できます。大和ミュージアムの隣には国内初、本物の潜水艦を使ったミュージアム「てつのくじら館」があり、ここも男心くすぐられるミュージアムです。

パパと息子、おじーちゃんと男同士で行く「かっこいい旅」。
今度の週末出かけてみては?

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/08/31 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ