ダムの底に沈んだ小学校を再現!? 秋田の山奥で見つけたオレンジ色に輝く保温効果抜群の温泉・南玉川温泉

| 秋田県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ダムの底に沈んだ小学校を再現!? 秋田の山奥で見つけたオレンジ色に輝く保温効果抜群の温泉・南玉川温泉

ダムの底に沈んだ小学校を再現!? 秋田の山奥で見つけたオレンジ色に輝く保温効果抜群の温泉・南玉川温泉

更新日:2015/04/03 11:14

しののプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター しの 国内旅程管理主任者、調理師、温泉ソムリエ

「玉川温泉」と言うと日本で一番の強酸性の温泉、かつ天然の岩盤浴ができる事で有名ですが、近年この玉川温泉の南方に新しく南玉川温泉が誕生しました。

山奥の一軒宿のその温泉は、どこか懐かしく、だけどどこか新しい。そして個性あふれる全国的にも珍しいオレンジ色の湯が待っています。近隣の玉川温泉、乳頭温泉とも全く異なるそのお湯は、温泉ツウの方から女性まで幅広い方まで魅了すること間違いなし!

南玉川温泉へGO

写真:しの

地図を見る

南玉川温泉は、ダム湖である宝泉湖のそばにあります。ダム湖を見ながら先へ進むと、湖畔に沈んだ玉川宝仙台分校を再現している「南玉川温泉湯宿はなやの森」に到着。
外観、内装ともに新しいにもかかわらずどこかノスタルジックな雰囲気を醸し出していますよ。

内湯について

写真:しの

地図を見る

まずは内湯からご案内してきましょう。

大きな窓からやさしい光が入ってくるので気持ちがいいです。そしてまず目をひくのがやはりそのオレンジ色の温泉。入ってみるとしっとりとした肌触り。なんだかホッとします。
新しい建物は気持ちよく、内装は木をふんだんに利用したものでぬくもりを感じる事ができます。またボディーソープやシャンプーも女性を意識したものが配置されているのも嬉しい方が多いのではないでしょうか?

オレンジ色に輝く露天風呂

写真:しの

地図を見る

内湯から露天風呂に出ると、内湯よりも光を受けさらにオレンジに輝く露天風呂が登場します。しかしここで注意!「すぐにでも入りたい」と言うはやる気持ちは少し抑えて下さい。

なぜならばこの露天風呂はかなり滑りやすいのです。
入るとよくわかるのですが、指でつまめるほど底に温泉成分が体積しています。すべすべの泥のような成分ですが、これがかなり滑りやすくなっているようですので、できれば手すりのある所から慌てず入浴して下さいね。

泉質について

写真:しの

地図を見る

南玉川温泉のお湯は湯口から出る時は透明ですが、光と空気に触れる事によってオレンジ色に変化する不思議なお湯です。また、こちらのお湯はどうしてもその色に注目が集まりますが、それだけれはありません。
ナトリウム硫酸塩泉の源泉100%かけ流しのそのお湯は、肌触りもしっとり。また特筆すべきこととしてはその温め効果! 入浴後あまりにぽかぽかする(特に背中)ので宿の方に確認してみたところ、「寒い時期には湯冷めせず、暑い時期には発汗効果で涼しい」との事。そのぽかぽか効果を是非体感して頂きたいです。(ただし感じ方には個人差がありますのでご了承下さい)

周辺の観光地について

写真:しの

地図を見る

南玉川温泉の周辺には車で20分〜30分のところにガンに効くと言われる玉川温泉、秘湯ムード漂う温泉郷の乳頭温泉があります。
これらの温泉はいずれも源泉すぐ、また湯量も豊富で特色のある所が多いので湯巡りも楽しいです。
また観光地としては武家屋敷が数多く立ち並ぶ角館(写真)があり、南玉川温泉とともにまわるのもおすすめです。

最後に・・・「南玉川温泉 湯宿 はなやの森」について

今回は温泉を中心に日帰り利用についてご紹介致しましたが、「南玉川温泉 湯宿 はなやの森」は「湯宿」なのでもちろん宿泊する事もできます。
分校を再現した造りとなっているので「小学校棟」(露天風呂付客室3室 一般客室7室:喫煙可)と「中学校棟」(露天風呂付客室10室:全面禁煙)に分かれており、中には源泉かけながしの露天風呂付きの客室もあります。
日常を離れてゆっくりするのもいいですね。

■利用した温泉について■
施設名:南玉川温泉 湯宿 はなやの森
住所:秋田県仙北市田沢湖玉川328
電話番号:0187-49-2700
日帰り利用料金:700円 (ランチ別料金)

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/08/13 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ