パリパリ食感がやみつき!大分県「日田やきそば」名店5選

| 大分県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

パリパリ食感がやみつき!大分県「日田やきそば」名店5選

パリパリ食感がやみつき!大分県「日田やきそば」名店5選

更新日:2016/07/03 16:32

堀内 京子のプロフィール写真 堀内 京子 旅行ライター、温泉ソムリエ

B級グルメとして各地の「ご当地焼きそば」が人気ですが、大分県日田市の「日田やきそば」はご存じでしょうか。
「日田やきそば」は普通の焼きそばとは作り方が異なり、麺の表面を少し焦げ目が付くまでパリパリに焼き上げるのが特徴。1度食べるとやみつきになる美味しさです。
それぞれの店が焼き方や特製ソースにこだわっていて、食べ比べを楽しむ焼きそば巡りも楽しいですよ。今回は名店の中から5店舗をご紹介いたします。

- PR -

自家製麺と特製ソースが自慢「三久」

自家製麺と特製ソースが自慢「三久」

写真:堀内 京子

地図を見る

大分県日田市は九州最大級の河川「筑後川」の上流に位置し、江戸時代に幕府直轄の天領地となり、栄えました。観光は商家や白壁の蔵屋敷が建ち並ぶ豆田町の散策、屋形船を利用した鵜飼い見物、日田温泉、一子相伝「小鹿田(おんた)焼の里」などが有名。
日田市民のソウルフード「日田やきそば」は、ラーメン店のサイドメニューとして長年親しまれ、近年はイベント等への参加で知名度が高まっています。

市内の10店舗以上で味わえ、その中から1軒目は、三久(さんきゅう)をご紹介いたします。場所はJR日田駅から徒歩約10分、住宅街の路地にひっそりと佇んでいます。
やきそばメニューは、やきそば・大盛・生玉子入りがあり、オススメは大盛やきそば!
少しの料金アップで麺は普通サイズの1.5倍、もやしは2倍の量が入って満足感たっぷり。

麺の表面を少し焦げ目が付くまで鉄板でじっくり焼き上げるため、出来上がりまでにしばらく時間がかかりますが、待ってでも食べる価値がある美味しさ!
モチモチとした自家製麺はよく焼けた部分がパリッと香ばしい。シャキシャキに炒まったもやしやネギ、特製ソースの風味が良くて大盛でも飽きることなく、完食できますよ。

大分県最古のラーメン店「来々軒」

大分県最古のラーメン店「来々軒」

写真:堀内 京子

地図を見る

日田やきそば巡り2軒目は、来々軒(らいらいけん)をご紹介いたします。
鉄板に盛られた熱々の「日田やきそば」は、こんがりと焼き色が付いた麺がパリッとした食感。もやし・ネギ・キャベツ・豚肉とソースがよく絡んで良い風味。麺は底の方は焦げてカリカリになっている部分もありますので、食感の違いを楽しみましょう。
やきそばのメニューは温泉卵やきそば・チーズやきそばもあり、パリパリの堅麺が苦手な方にはスープやきそばが用意されています。

実はこちらの店は大分県最古のラーメン店だとか。とんこつラーメン発祥地である福岡県久留米市で白濁とんこつスープを生み出した「三九」の流れを組み、日田市で1954年に創業。麺はヒアルロン酸やコラーゲンを練り込んだ自家製麺になり、スープはあっさり系のとんこつ味。複数でお出かけの際はラーメンと、やきそばをシェアされてみてはいかがでしょう。

1970年創業 老舗の「三隈飯店」

1970年創業 老舗の「三隈飯店」

写真:堀内 京子

地図を見る

3軒目にご紹介する三隈飯店(みくまはんてん)はJR日田駅から徒歩約12分、日田温泉街の一角に建っています。ランチ時間など入店待ちの行列が出来ていることが多いため、時間に余裕を持ってお出かけください。三隈飯店の麺もこんがりとキツネ色に焼き上がって、もやしやネギのシャキシャキ感も楽しい。各店舗に秘伝のソースがありますが、こちらは甘さ控えめで香ばしく仕上がっています。

やきそばランチセット(写真)は、プレートにやきそばとご飯が盛られて、スープ・漬物・サラダが付いたお得なメニュー。やきそばは通常の6割ほどの量ですが、ご飯付きですので丁度良いボリューム。チャーシューがトッピングされたサラダもオススメです。

オリジナルの椎茸やきそばが好評「天龍」

オリジナルの椎茸やきそばが好評「天龍」

写真:堀内 京子

地図を見る

次にご紹介する天龍(てんりゅう)はJR日田駅から徒歩約10分、日田税務署の隣に建っています。通常のやきそばもありますが、こちらで味わえる名物が「椎茸やきそば」です!
大分特産の椎茸を使ったオリジナルやきそばになり、2日間かけて甘く煮付けた肉厚の椎茸と生卵をトッピング。

こんがり焼き上がった麺はとてもパリパリ、たっぷり入ったもやしやネギはシャキシャキに炒まっています。オススメの食べ方は椎茸と生卵をよく混ぜて、麺に絡めていただきましょう。まろやかな味わいになり、ひと味違う日田やきそばが楽しめます。
椎茸やきそばは1日40食限定ですので、お早めにお出かけください。

日田やきそばの元祖「想夫恋」

日田やきそばの元祖「想夫恋」

写真:堀内 京子

地図を見る

最後にご紹介する想夫恋(そうふれん)は日田市内を始め、大分県以外にも店舗展開しているので、ご存じの方がいらっしゃるかも。想夫恋総本店は店内が広くゆったりとした造りですが、ランチ時間など満席になるほどの人気。

生麺をこんがりと焼き上げる独特の製法は1955年頃、想夫恋の創業者によって考案され、60年以上の長い間、味が引き継がれてきました。自社生産のもやしやネギ、豚肉にもこだわって旨みのある角切り豚肉も味のポイント!

ジューと音を立てながら熱々で運ばれてくる焼きそばは、麺の焦げた部分はカリッと香ばしく、もやしやネギはシャキシャキの仕上がり。トッピングに生玉子・目玉焼き・マヨネーズ・山芋などが用意されていますので、お好みでどうぞ。
焼そば以外のメニューも種類が多く、エビチリ・八宝菜・棒々鶏・酢豚など、多彩に揃っています。焼そばに杏仁豆腐が付く点心セット(写真)もオススメです。

おわりに

日田やきそばをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
各店それぞれに特徴があり、今回ご紹介した以外にも地元に根付いた名店が揃っています。
ぜひ食べ比べを楽しみ、お気に入りの店を見つけてください。
観光には日田市街地から少し足を伸ばした山里にある「小鹿田焼の里」もオススメです。
下記MEMOからご覧ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/06/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ