函館近郊〜新日本三景の大自然を体感〜JR函館本線乗り撮り歩き

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

函館近郊〜新日本三景の大自然を体感〜JR函館本線乗り撮り歩き

函館近郊〜新日本三景の大自然を体感〜JR函館本線乗り撮り歩き

更新日:2013/08/14 11:04

もんTのプロフィール写真 もんT チューター、フリーライター

函館といえば、明治期の洋風建築や教会、赤レンガ倉庫、函館山からの夜景、五稜郭…と市内各所に観光名所が多数存在しますが、ちょっと足を伸ばすだけで、雄大な大自然のスペクタクルを体感できます。函館本線にちょっと乗って、北海道の大自然を撮り歩く旅を紹介します。

函館駅から特急でたったの20分!大沼公園へ

写真:もんT

地図を見る

函館駅は鉄道旅行が主流だった時代は、北海道の玄関駅でした。
本州からの連絡船はなくなりましたが、行き止まり式のホームや広い構内がまだその風格を残しています。
ターミナルビルは2003年に新しくなり、現在では立ち食いの寿司店などの飲食店、みやげ物店、コンビ二などがコンパクトにまとまっています。
ここから特急「スーパー北斗」で大沼公園駅を目指します。

○ 函館→大沼公園 乗車券¥530 特急券(自由席)¥600

※お得な切符…
 ●大沼公園サイクリングきっぷ 大人¥2500 小人¥1400
   往復特急の自由席利用可能
   大沼公園のレンタサイクル1日券(9:00-16:30)がセット。
   切符の提示で流山温泉のレンタルタオルセットが無料などの特典あり。
   (平成25年12月8日まで発売・利用可能)
 ●はこだて旅するパスポート 大人¥3000 小人¥1500
   函館市電・バス、JR線函館〜森の普通列車などが2日間乗降自由。


ゴールデンウィークの時期や7月後半から8月前半にかけては、毎年SLが運行されています。(運転日や時刻は最新の時刻表で確認してください。)
全席指定席ですが、比較的指定席が取りやすいので、もし空席があればSLでの旅もおすすめです。乗車券に加えて、みどりの窓口で指定席券を購入しましょう。
SLだと1時間強ののんびり旅となりますが、C11型蒸気機関車の小さいながらも力強い走りを堪能できます。

○ SL座席指定席券 大人¥800 小人¥400 

とにかく安く行きたい場合は普通列車で行きましょう。50分ほどの小旅行です。この場合は乗車券だけでOKです。
大沼公園駅を通らない列車の場合は、一つ手前の大沼駅で乗り換えます。大沼駅で接続列車がない場合は、大沼駅から1駅歩きましょう!1キロ離れているだけなので徒歩で15分ほどです。

どの方法で行くにせよ、列車の本数が少ないので事前に時刻表で、あるいは当日函館駅で、列車の時刻を行き帰り共に、よく確認しておくことが大切です。

絶景の中をサイクリング+温泉もあり〜大沼国定公園

写真:もんT

地図を見る

列車が大沼駅に近づくと、左手に小沼と渡島駒ヶ岳が見えてきます。この風景とその先にある大沼とを合わせたエリアが大沼国定公園で、三保の松原、耶馬渓と並び、新日本三景の一つにも数えられる景勝地です。
大沼公園駅は大沼駅の一駅先です。普通列車の場合は降りる駅を間違えないように注意しましょう。

大沼公園駅に着くと大沼はすぐそこです。徒歩で散策したり、遊覧船に乗ったりという楽しみ方もできますが、ここはぜひサイクリングを楽しみましょう。駅前にレンタサイクルがあります。

○ レンタサイクル フレンドリーベア
   貸出時間9:00-16:30。(冬季12〜3月の間はレンタサイクルは休業。)
   1時間¥500 1日¥1000

サイクリングマップも手に入れて思い思いに大沼・小沼の風景を体感しましょう。
大沼湖畔は1周するのに14キロ、約1時間強は必要です。
小沼湖畔は自転車での1周はできませんが、それでも函館本線を走る列車と雄大な風景をからめたすばらしい写真が撮れるスポットが点在します。
特急列車や貨物列車、ローカル列車に加えて、観光シーズンには、SLや珍しい車両の臨時列車も運転されます。
鉄道と風景を合わせて撮りたい場合は、ぜひこちらまで足を伸ばしましょう。
なお歩道がないところでは、行き交う車に十分注意してください。

大沼公園駅から大沼湖畔左周りコースで行くと、温泉もあります!
まず500メートルほど行ったところに「温泉 野畔の花」があります。温泉付の高齢者対応マンションですが、日帰り入浴が利用できます。

○ 温泉 野畔の花
   営業時間11:00-21:00
   温泉入浴 大人¥700 小人¥350

また4キロほど行くと流山温泉があります。

○ 流山温泉
   営業時間11:00-20:00(閉店30分前受付終了)
   4〜10月水曜定休(GWやお盆などの繁忙期は営業)
   11〜3月火水木定休
   入浴料 大人¥500 小学生¥250 幼児無料 シルバー¥380

これらの温泉施設で汗を流してのんびり骨休めするのもお勧めです。

サイクリングでおなかが空いたら、ぜひ味わいたいのが大沼名物のご当地バーガー「さきいかバーガー」です。大沼公園駅近くの「ファーストフード56’s」で売り出し中です。

○ さきいかバーガー ¥380

ここまで来たら「いかめし」目指して森駅へ!

写真:もんT

地図を見る

大沼国定公園を十二分に楽しんだ後は、駅弁「いかめし」で有名な森駅まで足を伸ばすのも良いでしょう。この「いかめし」、百貨店などでの駅弁祭りで必ずと言ってよいほど見ますが、意外にも函館駅や市内では売られていません。どうしても森駅の「いかめし」にこだわるなら、普通列車でさらに30分ほど北上してみましょう。

小沼・大沼の間を抜け、右手に迫る渡島駒ケ岳を見ながら、大自然の中を進んで行きます。
右手に内浦湾が見えてくると、森駅到着です。

○ 大沼公園→森 乗車券¥440

森駅のキオスクでは「いかめし」はもちろん、キーホルダーやストラップなどなど、いかめし関連のグッズも売られています。「いかめし」ファンにはお勧めです。

○ いかめし ¥500

いかがでしたか?函館に行かれるときは、このような北海道の雄大さを体感できる小旅行をぜひ鉄道利用で楽しんでください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/07/31 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ