「結婚する時期がわかる!」鏡占いが人気の八重垣神社

| 島根県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

「結婚する時期がわかる!」鏡占いが人気の八重垣神社

「結婚する時期がわかる!」鏡占いが人気の八重垣神社

更新日:2013/08/20 17:01

葉山 花のプロフィール写真 葉山 花 フリーライター

島根県は神話ゆかりの地で、その神話に登場する神様が祀られている神社がたくさんあります。その中でも人気があるのが、縁結びでも有名な八重垣神社。ここは「八岐大蛇(やまたのおろち)」の伝説の舞台とも言われていて、八岐大蛇を退治した素盞嗚尊(すさのをのみこと)と稲田姫命(いなたひめのみこと)が祀られています。そして、この神社の奥にある「鏡の池」は、若い女性に人気!そんな人気の秘密や、見どころを紹介します。

神社の前に大きく立つのは、夫婦椿!

写真:葉山 花

地図を見る

八重垣神社は、神話にも出てくる八岐大蛇を退治した素盞嗚尊と稲田姫命が祀られています。八岐大蛇を退治した事により、稲田姫命を妻として迎えた物語から、この八重垣神社は二人が結婚した場所として縁結びスポットとして人気が高いのです。そして、神社に入ろうと鳥居の前に行くと大きな椿の木が目にとまります。この木は「夫婦椿」呼ばれていて、二本の木が一本の木になっている椿で、そう呼ばれているそうですが、この椿の葉が年によってはまるでハート型のような葉が出るそうです。椿をシンボルとしている大手化粧品会社も、この神社を参拝しているくらい、愛が溢れる椿は見どころの一つなのです。

何だか見た目が不思議な狛犬がお出迎え!

写真:葉山 花

地図を見る

神社に行った事のある人は、神社の入り口の左右でお出迎えしてくれる狛犬を見た事があると思いますが、この八重垣神社の狛犬は、少し他の神社の狛犬と比べると趣が違います。
製作年代は不詳とのことのですが、かなり古いものである事が見た目からわかります。ちょっと崩れてしまってこうなったのかな?とも思うのですが、しっかりと彫られた跡はあるようなので、このような形に作ったのでしょうか。首が長くて、すらっとして、後ろ髪が長いようにも見える、ちょっと宇宙人にも見えなくもない狛犬は、かなり珍しいものである事には間違いありません。

稲田姫命が身を隠した奥の院

写真:葉山 花

地図を見る

本殿で参拝して、更に奥に進むと、稲田姫命が八岐大蛇から身を隠していたと言われる緑がいっぱいの小さな森に入れます。ここは「佐久佐女の森」と呼ばれていて、有名な作家の小泉八雲さんは「神秘の森」と称していたと言います。また、稲田姫命の避難地だっただけではなく、結婚後は宮造りもされて、ここで結婚生活をスタートされた場所となって縁結びスポットとして信仰が厚いのです。
この森に入るだけでも、そのパワーを得られるような厳格な空気を感じられます。森の中にある「鏡の池」までは、自然の中でマイナスイオンを感じながら歩きましょう。

鏡の池で占う!縁占い

写真:葉山 花

地図を見る

佐久佐女の森にある、鏡の池。この池は、八岐大蛇から逃げて、この森に身を潜めていた稲田姫命が鏡に使った池と言い伝えられています。この鏡の池で人気なのが「鏡占い」です。社務所で占い用紙を授かって、その占い用紙を持って鏡の池へ。この池の上に10円か100円硬貨を乗せた占い用紙を浮かべ、沈むまで待ちます。沈むまでの時間が良縁を授かるまでの時間で、沈んだ距離が縁ある人との距離を表すのです。早く沈めば、早めに縁を授かり、近くで沈めば近い人とのご縁があるという事なのです。占い用紙は水の中に入れると字が浮かび上がり、お告げを楽しめます。また、この占い用紙の上をこの池に住むイモリが通る事もあり、吉運と言われています。

森の奥にある神社への参拝も忘れずに!

写真:葉山 花

地図を見る

鏡の池で占いをした後は、そこで納得して帰ってしまう人も多いようですが、鏡の池の横を少し上がった場所にある「天鏡神社」への参拝も忘れないようにしてください。ここは、稲田姫命を祀っている神社です。鏡の池で占いをしてもらった後には、稲田姫命にお礼を伝えて帰りましょう。きっと、更に稲田姫命からご利益を期待できるでしょう。

八重垣神社は、縁結びのスポットとして人気の高いパワースポットです。最近では、出雲大社の大遷宮の影響もあって参拝者も増えています。縁結びを求める参拝者は、八岐大蛇を退治して妻を娶った勇敢な素盞嗚尊のような人との縁を望む女性が多いように感じます。しかし、小泉八雲も絶賛した佐久佐女の森の神秘な空気は、男女問わず訪れて欲しいパワースポットです。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/06/22 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ