これぞベイエリア夜景の真髄!横浜「象の鼻パーク」で夜景を堪能

| 神奈川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

これぞベイエリア夜景の真髄!横浜「象の鼻パーク」で夜景を堪能

これぞベイエリア夜景の真髄!横浜「象の鼻パーク」で夜景を堪能

更新日:2016/05/12 17:07

木村 優光のプロフィール写真 木村 優光 和風景写真家、夜景愛好家

象の鼻パークは横浜のみなとみらいの南東に位置し、元々は横浜の貿易を担う、倉庫街が存在したエリアです。地図で見るとみなとみらい方向に、鼻を伸ばした象のように見えることから、その名称が付けられました。
園内は広々としていて、様々な角度から夜景を望むことができ、その眺めはベイエリア夜景の真髄!各観光スポットにも隣接しているので、横浜観光の締めくくりに夜景を堪能してみよう!

- PR -

象の鼻の付け根付近の防波堤から見るみなとみらいの夜景

象の鼻の付け根付近の防波堤から見るみなとみらいの夜景

写真:木村 優光

地図を見る

まず最初にご紹介するポイントは、象の鼻の付け根付近のエリアです。園内でも大桟橋に一番近い場所になりますが、ここからは、水辺越しのみなとみらい方面の夜景を一望することができます。

そしてこのビューポイントの見所はもう一つ!象の鼻の付け根から先端までの防波堤一帯には、横浜らしいレトロな外灯が設置されているため、横浜の過去と未来を同時に見ているかのような思いになるでしょう。

見る方角が北西ですので、夕刻時にはトワイライト空背景のみなとみらい夜景も見ることができます。日没後30分経った頃、みなとみらいの背景空がトワイライトカラーになり、周辺にはトワイライトシャワーが降り注ぎます。その様子を見れば1日の疲れも吹っ飛ぶことでしょう。

北西出入り口付近から見るみなとみらいの夜景はどことなく近代的

北西出入り口付近から見るみなとみらいの夜景はどことなく近代的

写真:木村 優光

地図を見る

次は、園内の北西の端のビューポイントです。位置的には、臨港線プロムナードとの合流地点付近は、知る人ぞ知る穴場ビューポイント!ちょうど赤レンガパークの対岸に位置する水辺沿いは、人もまばらで、とても開放感があるエリアです。

こちらは上で紹介したポイントは対照的で、LEDの外灯が設置されています。LEDのクールな明かりに照らされた園内と、その向こうに見えるみなとみらいの夜景を同時に見ていると、横浜の未来の風景を見ているような錯覚になります。これぞLED効果抜群の未来派夜景!

このビューポイントも上で紹介したポイントと同じく、みなとみらい方面は北西の方角になりますので、夕刻時は綺麗なトワイライト空を見ることも可能!

象の鼻テラス前の広場から横浜のシンボルであるクイーンの塔を望む!

象の鼻テラス前の広場から横浜のシンボルであるクイーンの塔を望む!

写真:木村 優光

地図を見る

お次は、象の鼻パークでも心臓部分にあたる、象の鼻テラス周辺のご紹介です。こちらは広々とした広場となっており、水辺と反対の南西側にはクイーンの塔(横浜税関)があり、横浜らしい歴史的建造物のライトアップを、目の前で見ることができます。

そして、こちらには季節、時間帯によってパープルもしくはイエローにライトアップされる、おしゃれなモニュメントが設置されています。単なる広場ではなく、モニュメントを置く事によって、クイーンの塔を引き立たせ、雰囲気の良い広場に!なお、このモニュメントですが、こちらの象の鼻テラス前と、東側の像の鼻付け根付近の2か所に設置されています。

因みに、クイーンの塔は横浜三塔のうちの一塔で、残りの二塔には、キングの塔(神奈川県庁本庁舎)、ジャックの塔(横浜市開港記念会館)があります。三塔とも側近にあるため、場所によっては同時に三塔を見ることも可能!

象の鼻パーク内を貫く臨港線プロムナードの高架下は異次元空間!

象の鼻パーク内を貫く臨港線プロムナードの高架下は異次元空間!

写真:木村 優光

地図を見る

最後はちょっとした穴場で、なおかつ面白体験スポットの紹介です。パーク内南側には遊歩道として整備された、臨港線プロムナードが園内を貫いています。パーク内を跨ぐ形の高架遊歩道ですので、高架下はパーク内の敷地になります。

この高架下に潜ると、一昔の横浜にタイムスリップしたかのような錯覚にとらわれるのですが、高架下から視線を少しそらすと、みなとみらいの煌々たるライトアップ夜景が!まさに一昔の異次元空間に居ながら、みなとみらいという名の現代の空間が、目と鼻の先に見えるかのようで、ちょっと面白い体験を味わうことが可能!

なおこの臨港線プロムナードですが、国鉄山下臨港貨物線跡を流用して、遊歩道として整備された施設です。現在の横浜ランドマークタワー付近から、赤レンガパークの先の旧横浜港駅まで、実際に貨物列車が何往復も行き交った経歴を持っています。その名残として、象の鼻パークの北側入口付近の鉄橋には未だレールが敷かれている様子を確認することができます。

おわりに

ベイエリア夜景の真髄でありながら、古き良き横浜の痕跡が園内に数多く存在し、それらを夜景として見ることができる象の鼻パーク。貴方にはどのように映りましたでしょうか。発展目覚しい横浜の街にありながら、レトロさをあえて残している象の鼻パークは、非常に貴重な公園と言えます。今回ご紹介したビューポイントの他にも、レトロな箇所が数多く隠れているでしょう。

そして象の鼻パークの立地面、雰囲気を考えると、横浜観光の締めくくりや、デートには非常にオススメの公園です。単に通過地点として通り過ぎるのではなく、大切な人と水辺沿いに座りながら語り合うシチュエーションを考えると、横浜の夜景スポットとしてはトップレベルではないでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2009/08/15−2015/12/26 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ