もはや観光名所!町田・カフェ中野屋の旬の苺やフルーツのパフェは芸術作品級 | 東京都

| 「ナビゲーター」が教える旅行ガイドメディア トラベルjp<たびねす>

もはや観光名所!町田・カフェ中野屋の旬の苺やフルーツのパフェは芸術作品級

もはや観光名所!町田・カフェ中野屋の旬の苺やフルーツのパフェは芸術作品級

記事作成日:2016/02/18 16:57 │ 最終更新日:2016/02/18 16:58

野山 苺摘のプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 野山 苺摘 調理師、フードアナリスト2級

JR町田駅から歩いて数分の場所に、女子力の高いエレガントなパフェを提供するカフェが!それが「Cafe中野屋」。この店のいちごパフェは情報誌の表紙にも登場し、芸術的な見た目に魅力される人が急増!土日は開店前から行列ができ、1度に2つ以上のパフェをオーダーする人も。実は和菓子屋のカフェ部門としてスタートした店で、ランチのうどんも絶品。町田の観光名所の1つになりつつある素敵なカフェで寛いでみませんか。

乙女心をくすぐる美しすぎる苺パフェ!

写真:野山 苺摘

地図を見る

町田駅から徒歩数分の場所に、町田の観光名所の1つになりつつある話題のカフェがあります。感動するほど美しいフォルムのパフェを創り上げる「カフェ中野屋」は、連日行列ができる人気店。この店のパフェを求めて遠方から足を運ぶ人もいるほど注目を集めています。2016年1月には情報誌「Hanako」にも進化系スイーツとしていくつかのパフェが紹介されたことでさらに大ブレイク中。

1年中、季節の旬のフルーツを使用したパフェメニューを常時15種ほど提供しているのですが、冬から春にかけて爆発的に人気があるのはやはりいちごを使用したパフェ。いちごのパフェだけでも数種類あり、どれも見た目や味が異なるのでどれにしようか真剣に迷ってしまう人も。

写真のパフェは「オーブンで低温焼成したのち、粉末にしたメレンゲで作ったアイスと博多あまおうで定番のストロベリーパフェをCafe中野屋風に作ったらこうなりました(笑)」という名のパフェ。この店のパフェはどのメニューも名称が長いという特徴があります。

様々な形状のパフェグラス

写真:野山 苺摘

地図を見る

この店のパフェは注文するメニューによって異なる形状のパフェグラスを使用。メニューには写真が1枚もなく、長いメニュータイトルを読んでどんなパフェが登場するのか想像します。使用している食材や調理法などもメニュー名に含まれているので、連想しながら楽しく出来上がりを待ちましょう!

写真奥のパフェは「苺とイチゴのソルベ、ストロベリーマルメラータとシチリア産ピスタチオムースのいちごづくしパフェ フレジェ風」(1400円)、手前は「旬の苺とパンドエピスで作ったアイスとカルダモンの香りのキャトルエピスのパフェ、ライチシャーベット入り」(1100円)です。

どのパフェもため息がでるほど美しく、店内に歓喜の声が響くことも。フランス版ショートケーキのフレジェをパフェにアレンジしたものには、エディブルフラワーと自家製のマカロンが乗せられ、そのかわいらしさにうっとり。

1つの器に複数の旬食材!

写真:野山 苺摘

地図を見る

パフェのフルーツといえば、いちご・メロン・マンゴーなどジューシーな食材を思い浮かべる人が多いかもしれません。Cafe中野屋ではどのシーズンの食材も巧みな技でゴージャスなパフェに!例えばこちらの写真は秋に登場したパフェで、柿とあんぽ柿に鳴門金時芋のフリットを合わせています。中にはシチリア産ピスタチオのジェラートも入っており、和の旬食材と洋風の香りが上手にマッチング。季節問わず、いつ訪れても驚きと感動を味わえるはず。

まるでケーキのようなパルフェも!

写真:野山 苺摘

地図を見る

器と一体化したこのメニューは、一見マロンシャンテリーのように見えますが、こちらも中にはジェラートが入っているパフェ。メニュー名は「茨城県産 紅はるかで作った干し芋餡とカシス お米のジェラートのモンテビアンコスタイルのパフェ」(1200円)です。まわりにクリームが絞ってあるように見えるかもしれませんが、実はこの部分はサクサクのメレンゲ。底にはしっとりしたスポンジが入っています。

パフェとセットで創作うどんも!

写真:野山 苺摘

地図を見る

オープン直後の昼時に来店する人の多くは、パフェと同じくらい独創性のあるうどんメニューも注文しています。常時10種以上のメニューがあり、写真のようにじっくり煮込んだ牛肉が入っているあたたかいうどんから、季節によっては夏野菜をたっぷり使用した冷たいうどんまで種類は様々。フランス産鴨胸肉のロティが乗せられた洋風うどんが登場したことも。

まとめとして

パフェやうどんの他に、かき氷のメニューもあります。ランチタイムは好きなうどんと好きなデザートの組み合わせで注文すると200円引きになるセットもあるので、両方食べてみたい方は14時までに入店することをオススメします。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/02/04 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!