北極圏最大の町ノルウェー・トロムソで心ゆくまでオーロラチェイシング!

| ノルウェー

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

北極圏最大の町ノルウェー・トロムソで心ゆくまでオーロラチェイシング!

北極圏最大の町ノルウェー・トロムソで心ゆくまでオーロラチェイシング!

更新日:2017/01/29 19:11

西野 ネリのプロフィール写真 西野 ネリ 旅行ブロガー

ノルウェーの北部に位置するトロムソは、オーロラ拠点の観光地として知られている有名な町です。
沿岸部ではマイナス10度程と比較的暖かく過ごしやすい場所でもあり、人々の生活県内でオーロラ観測ができることからインフラも整っており、アクテビティの企画も充実しているので、世界中からオーロラを見たい観光客が集まってきます。

- PR -

北極圏最大の町トロムソへのアクセス

北極圏最大の町トロムソへのアクセス

写真:西野 ネリ

地図を見る

トロムソはノルウェーの首都オスロから北部に位置する北極圏最大の町です。
まず、日本からオスロまでは乗り継ぎを含め、約15〜22時間かかります。そして、オスロ空港から国内線で約2時間程でトロムソへ到着です。首都オスロとは全く違う雪世界を前に、北極圏に来たことを感じさせてくれるでしょう。

北極圏最大の町トロムソへのアクセス

写真:西野 ネリ

地図を見る

トロムソの空港へ着いてからは、空港バス(The Flybussen)でトロムソ中心市内まで約15〜20分程度で到着します。
バスは各ホテルが集まる停留所で降ろしてくれるので、バスの運転手さんにどこのホテルに泊まるかを伝えておくと、一番近い停留所で降ろしてくれます。

北極圏最大の町トロムソへのアクセス

写真:西野 ネリ

地図を見る

町にはコンビニやピザ、バーガー、お土産ショップ、スーパーなど、数は少ないですが一通りのお店はそろっています。

オーロラチェイシング

オーロラチェイシング

写真:西野 ネリ

地図を見る

オーロラツアーはいくつかありますが、Arctic Explorers社のオーロラツアーが有名です。悪天候でない限り、シーズン中は毎夜開催されています。
オーロラの観測シーズンは9月〜3月頃で、観測場所は、トロムソ市内からバスで約1〜2時間程度のスポットです。Arctic Explorers社のオーロラツアーでは、その日の天候や条件によって、雪の平原だったり、湖の近くだったりと、連続して申し込んでも違う場所へ連れて行ってくれる点が魅力的です。

オーロラチェイシング

写真:西野 ネリ

地図を見る

オーロラの現れる時間帯は12月の場合ですと、夜10時〜深夜2時頃がピークになります。Arctic Explorers社の1dayツアーですと、夜6時30分頃出発して、9〜11時頃まで観測し、深夜1〜2時にトロムソ市内に戻ってきます。

オーロラチェイシング

写真:西野 ネリ

地図を見る

オーロラを見れるかどうかは、天候条件に大きく左右されます。
例えば、夜空が晴れていて雲がない、月明かりがないなどの地球の条件だけでなく、太陽の活動周期と太陽風の宇宙天気も関わってきます。
最近では、オーロラ観測アプリもたくさんでているので、自分の観測する日程と照らし合わせて、予め条件を確認してから行くとよいでしょう。

サーミ族のテント泊でのオーロラ観測

サーミ族のテント泊でのオーロラ観測

写真:西野 ネリ

地図を見る

日帰りツアーもよいですが、できれば1泊はテント泊で、時間にとらわれずじっくりとオーロラを観測することもオススメです。途中まで曇っていたけど、深夜1時頃急に晴れてオーロラを観測できるということもよくあります。

サーミ族のテント泊でのオーロラ観測

写真:西野 ネリ

地図を見る

「LyngsFjord adventure」が遂行している「OVERNIGHT STAY」ツアーでは、サーミ族という原住民のテントで宿泊し、深夜までオーロラを観測することができます。トロムソ市内からバスで約1時間30分程度の山々の連なる奥地へ行き、北極圏での暮らしを楽しんで見たい人にはイチオシです。
(ツアー開催時期11月15日〜3月30日)

サーミ族のテント泊でのオーロラ観測

写真:西野 ネリ

地図を見る

その他にも、この周辺では犬ぞりやトナカイぞり、スノーモービルなどのアクティビティを楽しむことができます。雪山の景色も雄大なので、きっと感動することでしょう。

オーロラ観測の準備

トロムソでのオーロラ観測は、夜マイナス10度程の中、1時間以上、空に張り付いて観測する場合もあるので、防寒対策は必須です。
スキーウェアにスノーブーツ、帽子、耳当て、手袋、そしてカイロも忘れずに持っていきましょう。また、寒い中、カメラの電池の消耗も激しいので、電池パックは最低でも2個以上は必要です。三脚は短いものだと雪に埋もれてしまう場合もあるので、長い方が良いです。
オーロラはカメラのマニュアル撮影になりますが、設定はツアーのガイドさんにきくと教えてくれます。

寒い中、オーロラが現れるまでは、くじけそうになる瞬間もありますが、現れた時の感動は格別です。運がよければ、まるでカーテンのようにゆらゆらと動くこともあり、自然の偉大さを目の当りに感動することでしょう。
人生に一度、ぜひオーロラをみましょう!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/12/26−2015/12/30 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ