築城からわずか6年で焼失した安土城。戦う城から見せる城へ、城跡からも体感できる信長の野望

| 滋賀県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

築城からわずか6年で焼失した安土城。戦う城から見せる城へ、城跡からも体感できる信長の野望

築城からわずか6年で焼失した安土城。戦う城から見せる城へ、城跡からも体感できる信長の野望

更新日:2013/10/01 13:52

wadachiのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター wadachi フリーランス、ブロガー

織田信長によって築城された安土城は1579年に完成したものの、わずか3年後の1582年に起きた本能寺の変により主を失い、1585年に廃城となった悲運の城。
しかし今でも城跡は保存されており、戦国時代の風雲児、織田信長のパワーに引き寄せられるかのように、多くの人々が訪れます。現代においても人々を魅了してやまない信長の生きざまを目の当たりにすべく、あなたもタイムスリップしてみませんか?

「山ひとつ、まるごと城にせよ」奇想天外な城造り

写真:wadachi

地図を見る

安土城跡の入口(大手門口)を入ると、いきなり写真のような一直線の石段が目に飛び込みびっくりさせられます。しかもその途中には石垣に混じって石仏が置かれており、再びびっくりさせられます。なぜ、こんなところに石仏が‥と考えながら登る事ができるのも、安土城の魅力の一つです。
安土城跡見学コースを1周するには約1時間〜1時間半かかります。まずは大手門口から天主跡まで約30分、まさに「山ひとつ、まるごと城」、ひたすら登っていきます。
ちなみに他の城は「天守」で安土城だけが「天主」と表記するそうです。神になりたかったとされる信長ならではのこだわりだと考えると、興味深いものがありますよね。

本能寺の変後、秀吉が信長ゆかりの品等を埋葬して御廟とした信長公御廟

写真:wadachi

地図を見る

大手門口から天主跡までの途中、二の丸跡に信長公御廟と呼ばれる信長のお墓があります。
信長のお墓はいくつもありますが、本能寺の変で信長の亡骸はみつかっておらず、いずれの墓も本人の遺骨が納められている訳ではありません。しかしながら、ここは信長にとっても思い入れの強い安土城跡にあるお墓だけに、本当に魂が宿っていそうで、天主跡へと登っている人の多くは、この前で足を止め、じっと何かを感じ取ろうとしていました。

信長の夢の跡、天主跡を歩く

写真:wadachi

地図を見る

今から約430年前、ここには世界で初めての46mという高さの木造高層建築が建てられていました。その豪華絢爛な天主の姿に、ヨーロッパからの宣教師も驚嘆したといいます。しかし、今では想像するしかありません。ご覧のように現在は背丈ほどの高さの石垣に囲まれ礎石が並ぶのみ。
すべての礎石が現存する中、中央だけ礎石がないことが安土城の謎の一つ。現存する情報が少なく、何かとミステリアスな安土城跡はまさに信長の夢の跡。

天主跡の石垣に登ると田園地帯の向こうに琵琶湖を一望することができます。ここまで登らないと目にすることができない絶景です。

帰りは三重塔、仁王門を経て下山、絶景ポイントを見逃すべからず

写真:wadachi

地図を見る

天主跡から見下ろす琵琶湖の眺めも絶景ですが、実は絶景ポイントがもうひとつあります。ルートとしては行きと同じ道を帰るのもありですが、どうせなら違う道で、景色を堪能しながら帰りましょう。
おススメはハ見寺(そうけんじ)の三重塔、仁王門を経て下山するコース。三重塔のすぐ近くから、写真のように水郷めぐりで有名な西の湖(琵琶湖最大の内湖)が見下ろせます。ここから仁王門を抜けて下っていく道は歩きやすく、思いのほか時間もかからず風情もあって楽しめますよ。

ところで最初に通った大手門口駐車場に隣接する無料休憩所には、自動販売機や各種パンフレット(お得なクーポン付もあり)の他、7分の1スケールの安土城天主のひな型も設置されています。なので、登る前のトイレ休憩だけでなく、こちらで資料を見て在りし日の「信長の城」への想像をかきたててから登りましょう。

これぞ信長!現代の名工たちが蘇らせた豪華絢爛な安土城天主

写真:wadachi

地図を見る

先ほど天主の姿は想像するしかないと書きましたが、安土城跡から約500mのところにある「安土城天主信長の館」には、原寸大の安土城天主(5・6階部分)が展示されています。1992年に開催されたスペイン・セビリア万博で日本館のメイン展示として出展されたもので、豪華絢爛な安土城、信長の世界観が見事に再現されており、圧巻です!

安土駅前の安土城郭資料館には、ローマ法王に献上されたまま行方不明の「安土山図」が推測再現された屏風や、「20分の1のスケールで再現された幻の名城、安土城のひな型」があり、城の模型が開閉して中の造りをみることができます。

最後に

知れば知るほど度肝を抜かれ、前代未聞の城であったことを実感させてくれる幻の名城・安土城。完成からわずか3年しか存在出来ず、あまりにあっけなく迎えた終焉は、まさに信長そのもの。あなたもそんな信長の夢の跡をたどる旅にでませんか?
のどかな田園地帯が広がる安土町、マイカーではもちろん、レンタサイクルで周るのも気持ちがいいですよ〜

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/07/27 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ