グアムで「富士越え」スカイダイビング!上空4200mから絶叫しながら絶景を楽しむ

| グアム

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

グアムで「富士越え」スカイダイビング!上空4200mから絶叫しながら絶景を楽しむ

グアムで「富士越え」スカイダイビング!上空4200mから絶叫しながら絶景を楽しむ

更新日:2016/03/04 09:53

奈良山 鹿子のプロフィール写真 奈良山 鹿子 元観光バスガイド

日本から飛行機でおよそ3時間半で気軽に行くことができるグアム島は、日本との時差1時間で年中暖かく、日本人に人気のリゾート地。
グアムでの楽しみ方といえば、青い海やショッピングなど様々ありますが、中でも特に人気で満足度が高いアクティビティがスカイダイビングです。

非日常のハラハラドキドキ感と、上空から見る絶景はグアムならでは!今回は、一番高い高度からダイブする通称「富士越え」ダイブをご紹介します。

- PR -

予約方法・価格・高度など

予約方法・価格・高度など

写真:奈良山 鹿子

地図を見る

グアムでスカイダイビングを楽しむには「スカイダイブグアム」のHPから。
予約はできるだけ旅行日程の早めの日・早い時間を選びましょう。早起きにはなりますが、天候や風の影響で予約日時にスカイダイブできなくても違う時間や日に変更ができる可能性が高くなるからです。

当日は宿泊ホテルまで送迎車が来てくれます。事務所に到着したら日本語で免責同意書の説明をしてもらいながらサインをし、次はオプションの確認。

基本料金は、2400mからのスカイダイビング(傷害保険込み)で$289。高度を上げる・撮影などは追加料金がかかります。
例えば、一番高い高度4200mからのダイブならプラス $120。DVD(動画&静止画)は$140となっています。(カメラ持参不可)
一番高度の高い4200mからのスカイダイブは富士山より高いところからダイブすることから、通称「富士越え」と呼ばれています。お値段は張るけど一生に一度だろうし…と思うのであれば、ぜひ富士越え&DVD撮影を頼むことをお勧めします。

手続きが終わればジャンプスーツに着替えてダイバーと対面!その後セスナの前で上空での姿勢の説明を受けたら早速乗り込んで出発です。

恐怖の(?)遊覧飛行

セスナには同じ時間に申し込んだ最大7人とダイバーがぎゅうぎゅうで乗り込みます。およそ15分の遊覧飛行。窓から見える青い海はとても綺麗ですが、セスナの中は緊張感で重い空気に包まれることも…。

ダイブの高度が低い人と高い人がいる場合、低い人から飛んでいくことになっていて、飛ぶ順に座ります。自分より前にダイブする人がいる場合、前の人のダイブの瞬間を目の当たりに!扉が開いて、そのフチに足を中に投げ出した状態で座り、何か叫んでいるうちに一瞬で消えていく人たち…見ているだけで緊張感が増してくるでしょう。
特に富士越えダイブの場合は、標準の2400mを飛ぶ人がいるとその高度の違いに驚くこと間違いなし!2400mのダイブを見守った後にぐんぐん上昇していくセスナ。見える景色も全く変わってきます。

そして高度4200mに達すると、ドアが開きます。自分の順番が来ると、ドアのフチに座らされます。この時に一瞬見てしまう下の景色で恐怖はピークに。「この瞬間が一番怖かった」と言う声も多いそう。

恐怖の(?)遊覧飛行

写真:奈良山 鹿子

地図を見る

時速200km!真っ逆さまに落ちていく!

テイクオフは顎をあげた状態で座るように事前に指示されるので、それだけはきちんと守りましょう。
そして、ダイバーさんのタイミングで空中へテイクオフ!すぐにダイバーさんが肩をトントン。これは、顎をあげた状態から、普通に戻して両手を広げて!の合図です。

スカイダイビングの醍醐味は、テイクオフからパラシュートが開くまでの、いわゆる「フリーホール」の時間だそうで、どの高度からのダイブでもパラシュートを開く高度は決まっているので、高度を上げるとこのフリーホールの時間が長くなります。
2400mからのダイブだとフリーホールはおよそ15秒、4200mからだとおよそ1分です。2400mを飛んだ人の中には「フリーホールは一瞬で、すぐパラシュートが開いた」という感想を持つ人も。高度を決める際の参考にしてください。

フリーホールの最中は、怖くて目を閉じっぱなしの人も多くなります。でも、目を開けなきゃもったいない!頑張って目見開いてフリーホールを実感しましょう。この時降下スピードはなんと時速200km!

時速200km!真っ逆さまに落ちていく!

写真:奈良山 鹿子

地図を見る

ふわふわパラシュートで着陸地点へ

フリーホールに慣れてきた頃、ボン!と体が上に引っ張られたら、パラシュートが開いたサイン。

この時少しジェットコースターのふわっとした感覚を持つ人もいるそう。ちなみにスカイダイビングは、ジェットコースターなどで味わう“ふわっと感”を持つのは、長くてもこのパラシュートが開いてから着地するまでの間だけ。「ジェットコースターは苦手だけどスカイダイビングは楽しかった」という人も多いです。

ここからはゆっくり右に左に旋回しながらゆっくり降下。ここからはしっかりを周りの景色を目に焼き付けることができ、気候条件が整えば、眼下に虹が見えることも!

とは言っても、この時の時速は40~50km。最後の着地の時に「ゆっくり」ではないことがわかります。ちなみに着地点は下の写真の中央やや上部にある茶色い丸のところです。ダイバーさんがレバーを操作しながら着地点に向かいます。

ふわふわパラシュートで着陸地点へ

写真:奈良山 鹿子

地図を見る

記念の達成証明書をもらおう!

着地点が近づくと、事前に説明を受けていた「足を上に思い切り上げる」をしながら着地に備えます。
着地するとスタッフさんが駆け寄ってきて、パラシュートやハーネスを外していきます。その姿を見ながら「地上に帰ってきた〜」と皆、安堵の表情に。自分の後にダイブする人がいた場合、着地してくる様子を見ることができますよ。
ちなみにこの着地場所は、セスナに乗った場所とは少し離れていて、付き添いの人などは有料(13歳未満無料)でここに来ることも可能です。

最後は、みんな並んで担当のダイバーさんからサイン入りの達成証明書をもらいます。そのあと車で事務所まで戻ってダイビング体験は終了。
DVDを頼んでいる場合、少し待ちますが出来上がったばかりのDVD動画が事務所のTVモニターに映し出されます。さっきまでの恐怖から解放されたからか、この時DVDを見るみんなの顔は穏やかです。

記念の達成証明書をもらおう!

写真:奈良山 鹿子

地図を見る

一生に一度の思い出!やるならぜひ「富士越え」を!

スカイダイビングは、ハマって何度もやる人もいるそうですが、旅の思い出に〜という人からすれば一生に一度の体験ですよね。
無理をする必要はありませんが、せっかく体験するなら、ぜひ「富士越え」にチャレンジしてみてください。あと、顔は悲惨なことになっていることがありますが、それでも体験中は恐怖で何も記憶にないという人も多いので、撮影も記念に良いのではないでしょうか。

グアムに行くならぜひ絶景で楽しめるスカイダイビングを!

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/01/17 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ