呼子のご当地グルメ『イカ活き造り』を味わい、日本三大朝市の一つ『呼子朝市』でお土産選び♪

| 佐賀県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

呼子のご当地グルメ『イカ活き造り』を味わい、日本三大朝市の一つ『呼子朝市』でお土産選び♪

呼子のご当地グルメ『イカ活き造り』を味わい、日本三大朝市の一つ『呼子朝市』でお土産選び♪

更新日:2013/08/05 18:38

堀内 京子のプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 堀内 京子 旅行ライター、温泉ソムリエ

唐津市は佐賀県の北西に位置し、その中にある呼子町(よぶこちょう)は風光明媚な港町。周辺海域の玄海灘は魚の宝庫となっていて古くから漁業がとても盛んです。新鮮な海産物を目当てに訪れる観光客も多く、「呼子の朝市」や「イカの活き造り」も名物。海中展望船や七ツ釜遊覧船も運航していて海の観光も楽しめます。今回は数ある観光スポットの中から海の幸を中心にご紹介いたします。

水光呼子の漁港風景

写真:堀内 京子

地図を見る

漁港にたくさんの漁船が停泊しイカ釣り船も並んでいます。イカ漁は網を使わない一本釣りが主流でデリケートなイカを一杯づつ丁寧に引き上げられます。イカの一夜干しも人気が高く、あちらこちらでイカを天日干しにする風景は旅情をかき立てます。店先に置かれている回転式乾燥機「イカぐるぐる」はイカが高速で回転し、見ていて面白いですよ♪

イカの種類は全世界で約450種類あり、その中で呼子の「イカ活き造り」に使われる種類はヤリイカ・ケンサキイカ・アオリイカなど。旬のイカを使い、一年を通して美味しいイカ料理が味わえます。ところでイカの心臓は幾つあるかご存知でしょうか。答えは3つです。

日本三大朝市 呼子の朝市

写真:堀内 京子

地図を見る

漁港のすぐ近くにある朝市通りでは毎朝7時30分から「呼子朝市」が開かれています。日本三大朝市の一つとして知られ、約200mの通りに新鮮な魚介類を始め、地元農家の採れたて野菜や果物、物産品などが並びます。

出店で呼び込みをしているおばちゃんたちとの会話も朝市の楽しみ。殻付きウニを売っている出店もあり、その場で殻を割って取り出してくれました。新鮮なウニは甘くて美味♪魚のすり身を揚げた魚ロッケ(ぎょろっけ)や鯨メンチかつなどもおやつにオススメです。

お土産に人気 イカ一夜干し

写真:堀内 京子

地図を見る

リヤカーの屋台なども出ていて名物のイカ一夜干しを始め、アジやカマスのさくら干しなど種類豊富に並び、どれも手頃な値段です。大きさによっても値段が違いますがイカ一夜干しは5〜6枚で1,000円くらい。軽く火で炙っていただくと、柔らかいイカの旨みがとても美味しく、また買いに行きたくなります。各店秘伝の味付けをした魚の干物「さくら干し」もお土産に人気です。

【呼子朝市】
場所 佐賀県唐津市呼子町呼子朝市通り
営業時間 7:30〜12:00

呼子の海をクルージングで満喫

写真:堀内 京子

地図を見る

遊覧船が2コース出ていて、海中展望船「ジーラ」はくじらの形をしています。半潜水型海中展望船になり、海面下1.2mのお腹から呼子を泳ぐ魚たちを見ることができます。色々な魚が寄ってきて観察が楽しいですよ。背中のデッキでは海の景色と潮風を満喫できます。

七ツ釜遊覧船「イカ丸」はイカをイメージして造られました。七つのかまどを並べたような奇岩景勝地「七ツ釜」の洞窟観光が楽しめ、洞窟に入る時はワクワク、ドキドキの探検気分。どちらの遊覧船コースも所要時間は約40分になります。

【乗船料金】
海中展望船ジーラ 大人2,100円・小人(小学生)1,050円
七ツ釜遊覧船イカ丸 大人1,500円・小人(小学生)750円

絶品グルメ イカ活き造り

写真:堀内 京子

地図を見る

ぜひ味わいたいグルメは何と言っても名物の「イカ活き造り」です!呼子にはイカ活き造りを味わえる食事処や宿が30軒ほどあり、週末などは食事の順番待ちが出る店もあり、とても賑わっています。透き通ったイカはまだ動いていて新鮮さ抜群、コリッとした食感と上品な甘みの刺身は絶品!リピーター続出の美味しさです。

残ったゲソなどは塩焼きや天麩羅にして出してくれます。後作りの天麩羅は身がプリプリ、これも止められない美味しさ。今回頂いたイカ活き造り定食には、イカしゅうまいやデザート「甘夏ジュレー」も付いていました。呼子特産の甘夏を使った甘夏ジュレーは爽やかな甘さ、こちらもお土産に人気です。

呼子は豊かな自然に恵まれて海の幸や山の幸が味わえ、観光スポットも点在しています。呼子大橋を渡ると加部島には眺めのよい「風の見える丘公園」や海と緑のコントラストが素晴しい「杉ノ原放牧場」などもあります。ぜひグルメと観光を楽しみにお出かけされませんか♪

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/01/20−2013/01/21 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ