中世の熊野詣を実体験!風情ある石畳が美しい熊野古道・馬越峠を歩く

| 三重県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

中世の熊野詣を実体験!風情ある石畳が美しい熊野古道・馬越峠を歩く

中世の熊野詣を実体験!風情ある石畳が美しい熊野古道・馬越峠を歩く

更新日:2013/08/05 12:36

Chiharuのプロフィール写真 Chiharu ライター、熊野リトリート主宰

2015年に、世界遺産登録10周年を迎える『紀伊山地の霊場と参詣道』。近年の山歩きブームと相まって訪れる人々が増えています。さらに、アメリカのニュース専門局CNNサイトでは『あなたの人生を変える7つの巡礼道』と題して、その一つに「世界遺産・熊野古道」が取り上げられ、海外からも注目されています。

熊野古道には幾つものルートがありますが、なかでも中世の石畳が美しい「馬越峠」ルートをご紹介します。

- PR -

木漏れ日の中、中世からの祈りの道を歩く

木漏れ日の中、中世からの祈りの道を歩く

写真:Chiharu

三重県の北牟婁郡紀北町側にある馬越峠の登り口からスタートして、尾鷲市側へ。

登る前にペットボトルの飲料水やお弁当などが必要であれば、馬越峠の入口から徒歩約5分のところにある、「道の駅海山(みやま)」で購入しておきましょう。いったん熊野古道へ入ると、ルートを出るまでお店がないので歩く前に必ず必要な物は揃えておくのがベスト。この道の駅では他に、トイレを済ませたり、インフォメーションコーナーで情報を得ることができるのでとても便利です。

歩きだすとすぐに、昔ながらの趣を感じる石畳が2Kmほど続きます。沿道に茂るシダが周りの緑を色濃くさせ、その背景には鬱蒼とヒノキの美林が佇んでいます。樹木の間から優しく木漏れ日がふりそそぎ、緑の香りに癒されながら古い石畳を歩いていけます。

峠を越えるのでアップダウンが続きます。休憩するときは、中世の参詣者にならって腰掛石と呼ばれる沿道の大き目の石に座って、一息つきましょう。昔の人はこうやって全国から熊野三山(熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社)を目指したのかと思うと、同じ道を歩みながら感無量になることでしょう。

【道の駅海山】
住所:三重県北牟婁郡紀北町海山区相賀1439番地の3
電話:0597-32-1661
営業時間:9:00〜19:00(5月〜9月)、9:00〜18:00(10月〜4月)
アクセス:JR紀勢本線 相賀駅から徒歩約15分

旅の道中を見守るお地蔵さま

旅の道中を見守るお地蔵さま

写真:Chiharu

遠路はるばる巡礼者がやってくる熊野古道にはお地蔵さまが多く、それぞれに逸話があります。歩きながら巡礼にまつわる話をチェックしてみるのも古道歩きの魅力です。

馬越峠では、登り口から15分ほど歩いたところに史跡「夜泣き地蔵」があります。もともと旅の安全を祈願して安置されたお地蔵さまだったのですが、いつしか地元では子供の夜泣きを封じる霊験あらたかなお地蔵さまとして「夜泣き地蔵」と呼ばれるようになりました。哺乳瓶が奉納されていたり、祠に供養の積み石がたくさん乗っています。

このルートにはもうひとつ、史跡「桜地蔵」が祀られていますのでこちらも要チェック。中世からの巡礼者と同じようにお地蔵さまに見守られながら歩いていきましょう。

馬越公園の東屋から尾鷲市内を一望!

馬越公園の東屋から尾鷲市内を一望!

写真:Chiharu

馬越峠を下る道中、馬越公園展望所の標識から右に入ったすぐのところに東屋があります。紀伊山脈と尾鷲市内を一望しながら、ここでひと休みしましょう。山からの眺望が気持ちいい見逃せないビュースポットです。風が爽やかに通りぬけるので、次第に汗がひいていきます。

時間と体力があって、この景色をさらに山頂から眺めたい方は、馬越峠から分岐している天狗倉山へ足を伸ばしてみるのもおススメです。大きな岩の上に登って、さらなる絶景が見渡せます。

【熊野古道・馬越峠】
場所:三重県北牟婁郡紀北町登り口〜三重県尾鷲市出口
距離:約5km、所要時間:約2時間30分

由緒ある尾鷲神社で樹齢千年の夫婦楠を参拝

由緒ある尾鷲神社で樹齢千年の夫婦楠を参拝

写真:Chiharu

地図を見る

馬越峠から尾鷲市街へ出たら、由緒ある尾鷲神社へ。ここは中世の熊野詣でも参拝されてきた古来からの聖地です。

尾鷲神社の御主神は武速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)。境内で目に引くのは、国道にせりだしている巨大な「夫婦大楠」です。樹齢は千年以上とのことで、その年月を感じるほどの存在感にただただ圧倒されます。写真左の大楠は目通り約10m、樹高約18m。もう一本は目通り約9.5m、樹高約24m。県下3位の巨木は一見の価値あり。

熊野古道の中でも綺麗に整備されている馬越峠は歩きやすいので、古道歩きの初心者にもおススメです。歩くとデトックスされるので、とても気分がスッキリすることでしょう。熊野古道のポスターの撮影ポイントでもあるので、素敵な写真が撮れること間違いありません。

一度、中世の熊野詣の気分を体験しに歩いてみてはいかがですか?

【尾鷲神社】
住所:三重県尾鷲市北浦町12-5
拝観自由
アクセス:JR紀勢本線 尾鷲駅から徒歩約20分

※馬越公園からは約1.1Km
※目通り〜人の目の高さで計る樹木の幹囲のこと。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/07/20 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ