壇ノ浦にて「武士の時代」の始まり(源平合戦)と終わり(攘夷戦)に思いを馳せる!

| 山口県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

壇ノ浦にて「武士の時代」の始まり(源平合戦)と終わり(攘夷戦)に思いを馳せる!

壇ノ浦にて「武士の時代」の始まり(源平合戦)と終わり(攘夷戦)に思いを馳せる!

更新日:2013/08/02 12:57

Shinkurouのプロフィール写真 Shinkurou

山口県下関市にある「壇ノ浦」は日本史における激動の時代に二度にわたり登場し、その変貌を見つめてきた特別な場所。壇ノ浦古戦場を一望できる「みもすそ川公園」には、日本で初めて異国の船に発砲した「長州砲」が再現されています。美しい関門橋を眺めながら砲台跡を散策、そして世界でも珍しい「人道海底トンネル」を通って九州に上陸する!少し変わった面白い旅をご紹介します。

- PR -

武士の時代の終わりを告げた「長州砲」

武士の時代の終わりを告げた「長州砲」

写真:Shinkurou

地図を見る

日本が鎖国という長い眠りから目覚めるきっかけの一端を担った「長州砲」。

下関市「みもすそ川公園」には、当時大砲を製造していた安尾家に残る文献・模型をヒントに、ほぼ現物に近い形で再現されています。

また下関戦争の時、フランス軍が戦利品として持ち帰った「青銅製の長州砲」が、フランス政府の好意により貸与という形で里帰り。その実物から模造された青銅製の砲台も!
その大きさと存在感は一見の価値あり。
日本史が世界に躍り出る瞬間を見つめた長州砲を間近でご覧下さい。

音と煙も楽しめる迫力満点の下関砲

音と煙も楽しめる迫力満点の下関砲

提供元:おいでませ山口

http://www.oidemase.or.jp/shashinkan/index.asp地図を見る

5門ある砲の一部では100円で音と煙を楽しむことができます。

私も試してみましたが、発砲音が壇ノ浦の海原に響き渡り本当に面白い体験!煙は少しだけですが・・・。

海面から60mの高さにある関門橋を眺め、長州砲の音を聴く。

不思議な体験でしたが、その蒼い海と台砲の音がすてきな旅の思い出として今も心に残っています。是非その音と煙を体験してくださいね。

もう一つの歴史「壇ノ浦の戦い」で活躍する義経像

源義経が平家を翻弄しそして滅ぼした事で有名な「壇ノ浦の戦い」
この戦いの行われた海は「早鞆の瀬戸」といわれ、1日に4回潮の流れが変わる、潮流の変化の激しい場所。

当時の船では大変な戦いだったと想像されます。

公園内には源義経と平宗盛の戦いの様子を表現したとても躍動感のある素晴らしい像があり、まるで激しい源平の戦いの場に立っているよう。

またNHK大河ドラマ「義経」を記念し、出演者の「滝沢秀明さん」「松坂慶子さん」などの記念手形も置かれています。

少し余談ですが、現在では船の安全を守るために「潮流信号」によって潮流の方向・速さ・変化を告げています。公園を少し北に歩くと見えますので、是非珍しい信号もご覧ください。

もう一つの歴史「壇ノ浦の戦い」で活躍する義経像

写真:Shinkurou

地図を見る

人道海底トンネルで歩いて九州へ!

人道海底トンネルで歩いて九州へ!

提供元:下関観光ホームページ

http://www.city.shimonoseki.yamaguchi.jp/kanko/dow…地図を見る

「みもすそ川公園」のすぐ前に、世界的にも珍しい人道海底トンネルの入り口があります。6:00〜22:00まで無料で入る事ができますので是非お立ち寄り下さい。

エレベーターで地下55mまで下り、全長780メートルの海底トンネルを15分ほど歩いて九州へ上陸です。 
ほぼ中央に山口県と福岡県の県境がありますが、ここが海の中だと思うと何かロマンチックな気持ちになりますよね。

またエレベーターのすぐ側に「海底トンネル記念スタンプ」がありますので旅の記念に忘れず押してくださいね。下関側と門司側で半分になっていて、二箇所でスタンプを押して完成といったおもしろい趣向のスタンプですよ。

「みもすそ川公園」は歴史を振り返りながら関門橋を楽しむ見所たっぷりのお勧めスポットです。

面白い思い出の残る旅になりますように・・・・・By Shinkurou

掲載内容は執筆時点のものです。 2009/04/13 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ