こどもしか はいれない おかしやさん。パティシエ エス コヤマ「未来製作所」(兵庫・三田市) | 兵庫県

| 「ナビゲーター」が教える旅行ガイドメディア トラベルjp<たびねす>

こどもしか はいれない おかしやさん。パティシエ エス コヤマ「未来製作所」(兵庫・三田市)

こどもしか はいれない おかしやさん。パティシエ エス コヤマ「未来製作所」(兵庫・三田市)

記事作成日:2016/01/17 00:55 │ 最終更新日:2016/01/17 00:55

下川 尚子のプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 下川 尚子 ライター、ネットショップ運営

兵庫県三田市にある、子供しか入れない、大人立ち入り禁止のお菓子屋さん。それがパティシエ エス コヤマの「未来製作所」。エスコヤマは、小山ロールやバウムクーヘンなど多数の看板商品を持つ大人気のパティスリー。その一画の小さなお店です。
エスコヤマのとびきり美味しいお菓子を、子供だけで買いに行く。そんなワクワクの体験に、出かけてみませんか?

- PR -

「大人は入れないお菓子屋さん」未来製作所って?

写真:下川 尚子

地図を見る

こちらが「未来製作所」。パティシエ エス コヤマの一画、カラフルな卵型ドームが目印です。

ここの決まりは、子供だけで入り、店内でお菓子を買って、子供だけで出てくること。たとえメディアの取材であっても、大人は入ることができません。入店できるのは、小学校6年生以下の子供だけ。中にはスタッフがいますので、小さなお子さんでも入ることが可能です。これまでで一番小さなお客さんは、2歳くらいの子なのだそう。

土日祝日は混雑することもありますが、平日(特に学校のある時間帯)は比較的空いているとのこと。遠方からやって来た子や地元の小学生など、様々な子供たちが入店していきます。

持ち物は、お財布と好奇心。

写真:下川 尚子

地図を見る

お店の入り口には「大人進入禁止」の注意書き。入口も子供サイズになっています。必要な持ち物は、お財布だけ。あとは、好奇心と五感をフルに使って楽しむだけです。

未来製作所は入店無料、何度でも出入り自由。お子さんの気分が乗らないときは、ちょっと時間をおいて再トライしても大丈夫ですよ。

なお、子供を送り出す際のコツを少しだけご紹介しましょう。
・トイレは先に!未来製作所の隣のカフェにあります。
・心配な場合は、あらかじめ時間の約束を。一時間たっても出てこない子もいるそうです。
・子供が撮るならカメラもOK。撮ってきた写真を見ながら話を聞くのも楽しいですよ。

子供の準備が整ったら、いざ、入店!

こども記者がリポート!中はどうなっているの?

提供元:下川 紗雪(4歳)

地図を見る

では、今回の「こども記者(4歳)」に、中の様子を教えてもらいましょう。
・お菓子がいっぱいあって、いくつか種類があった。お店の中はカラフル。
・レジの人は大人だったけど、お客さんはみんな「子供」と「中くらいの人」だった。
・お会計をするところの隣にゲームがあって、当たるとシールがもらえる。
・あったかい、できたてのホットケーキもある。すぐ食べるとおいしいかも!
・画面があって、人が映ってた。

いかがでしょうか?中の様子が少しは伝わりますでしょうか。写真は、こども記者が撮ってきたものです。筆者自身は、中くらいの人ってなに?画面って、テレビがあるってこと?と、重ねて聞いてみましたが、「みどりの人」「声が聞こえるの。画面から」聞けば聞くほど、謎は深まるばかりでした…。

その子の個性で、伝える内容や、印象に残ることは異なるのかもしれません。年齢によっても変わってくるでしょう。なお、ここでは「こども記者」の言葉を紹介していますので、実際とは異なる可能性があります。ぜひ、子供と一緒に訪れて、どんな言葉で「中の様子」を語ってくれるのかを楽しんでください。

パティシエ エス コヤマは「お菓子の街」。散策しつつお気に入りのスイーツを

写真:下川 尚子

地図を見る

未来製作所へ行った後は、エスコヤマ内をゆっくり散策するのがオススメ!メインのパティスリーのほか、ショコラ専門店「ロジラ」、パン工房「エス ブーランジュリー」バウムクーヘン工房「アトリエ ド バウム」などが立ち並び、周辺はまるで「お菓子の街」。カフェではランチやお茶もできますよ。

お買い物以外にも、見どころはたくさん。お店の一画には小さな可愛いガーデンがあったり、工房をのぞける窓があったり。あちこち観察しながら歩くと、大人も子供も楽しめます。

「おみやげ かったよ!」「どうやって かったかって いうとね…」

写真:下川 尚子

地図を見る

自宅に帰ったあとも、まだまだお楽しみは続きます。この日、こども記者がお土産に選んでくれたのは「たくさんうってた、ふわふわのまるいやつ」だそう。どんな風に買ったのか、興奮した様子で教えてくれました。

入れない場所や、見えない子供の様子こそ、かえって想像が膨らみます。そんな楽しいお喋りタイム、じっくり味わってくださいね。

未来製作所、そのコンセプトとは

さて、一風変わったお菓子屋さん「未来製作所」ですが、最後にそのコンセプトについてご紹介しましょう。

「自分が幼いころ、母が真剣に自分の話を最後まで聞いてくれたおかげで、伝えることを諦めない人間になれた」。これは、オーナーの小山シェフの言葉。そんな体験から、「大人と子供をつなぐ空間を創り出す」という考えのもと生まれたのが「未来製作所」なのだそう。

子供はワクワクしながらお買い物に行く。大人はドキドキしながら子供を待つ。そして子供が帰ってきたら、子供の話を聞きながら、中の様子やどんなお菓子があるのかを想像する。

未来製作所は、そんな大人と子供のコミュニケーションを生み出すことを大切にしており、【子供の「ミテミテキイテ」、大人の「キキタイシリタイ」をつなぐ】を、コンセプトに作られた場所なのです。ぜひ体験して、その後は「子供とのコミュニケーション」をお楽しみください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2016/01/08 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!