ロンドン ケンジントン宮殿でいただく「アフタヌーンティー」オランジュリーで過ごす優雅なひと時

| イギリス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ロンドン ケンジントン宮殿でいただく「アフタヌーンティー」オランジュリーで過ごす優雅なひと時

ロンドン ケンジントン宮殿でいただく「アフタヌーンティー」オランジュリーで過ごす優雅なひと時

更新日:2016/05/08 15:18

Lady Masalaのプロフィール写真 Lady Masala 学芸員資格

王宮がバッキンガム宮殿に移るまでは、国王の住居であったという英国「ケンジントン宮殿」。現在でも、ケンブリッジ公ウィリアム王子ご夫妻をはじめ、エリザベス女王に近しい親族がお住まいです。
宮殿の一部は博物館として公開されており、その敷地内にあるレストラン「ザ・オランジュリー」では、アフタヌーンティーをいたくことができます。この由緒正しき場所で、紅茶とともに優雅なひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

上流階級の女性が考え出した優雅な「アフタヌーンティー」

写真:Lady Masala

地図を見る

イギリスと聞いて「紅茶」や「アフタヌーンティー」を連想される方も多いのではないでしょうか。優雅なイメージのあるアフタヌーンティーですが、ここで、その歴史を振り返ってみましょう。

イギリスで紅茶文化が最盛期を迎えたのは、ケンジントン宮殿で生まれ育ったというヴィクトリア女王が君臨したヴィクトリア朝のことでした。

上流階級の人々は、夕方から始まる観劇などの社交に忙しく、遅い時間にならないと夕食をとることができなかったといいます。
軽い昼食が一般的であった当時のこと、女性たちが、午後の空腹を紛らせようと紅茶とお菓子を楽しんだのがアフタヌーンティーのはじまりであるといわれています。

由緒正しき「ザ・オランジュリー」でいただくアフタヌーンティー

写真:Lady Masala

地図を見る

季節の花々が咲きほこる美しい The Sunken Garden の先に見えるのは、かつては宮殿の温室であったというレストラン「The Orangery(ザ・オランジュリー)」。ここでは、ブレックファーストやランチのほかに、「アフタヌーンティー」(12時から18時)を注文することができます。

紅茶とともに運ばれてくるのは、素敵な三段のティースタンドに盛られたサンドイッチ、スコーン、ケーキ。正式には、下の段から順にいただきますが、その時々の気分で好きなように食べてもマナー違反にはなりません。

中段のスコーンに添えられているのは、ストロベリージャムとクロテットクリーム。生クリームよりも濃厚でバターのようにこってりとしたクロテットクリームは、スコーンとの相性が抜群です。

最初はスコーンだけで、次はクロテットクリームをのせて、最後にジャムを添えてと、組み合わせによって何通りものおいしさを楽しむことができます。

「きゅうりは富の象徴」アフタヌーンティーにまつわるエピソード

写真:Lady Masala

地図を見る

ケーキのひとつとして添えられているのは「ヴィクトリア・サンドイッチケーキ」。女王の名前が冠されたこのケーキは、夫であるアルバート公を亡くして喪に服していた女王を慰めるために考え出されたのだとか。
スポンジケーキの間にジャムをはさんだだけのシンプルなケーキは、クセがなく万人に愛される味です。

アフタヌーンティーでは、「きゅうりサンドイッチ」が定番であることをご存知でしたか。今でこそ、どの季節にも安く手に入る野菜のひとつですが、ヴィクトリア朝においては、高級食材であったといいます。

上流階級の紳士淑女は、広大な土地を所有し、農園を経営していました。収穫したばかりのきゅうりをパンにはさんでゲストをもてなすことは、広い農園を維持することができる財力を持っていることの証、つまりは、きゅうりが富の象徴であったというわけです。

おわりに

ヴィクトリア女王ゆかりのケンジントン宮殿でいただくアフタヌーンティー。そのおいしさと優雅な雰囲気は格別。ぜひとも味わってみてください。

ケンジントン宮殿は、緑が美しいケンジントン・ガーデンズの敷地内にあります。アフタヌーンティーを楽しんだ後は、宮殿内を見学し、広い公園をゆっくりと散策してみてはいかがでしょうか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/11 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ