牛たんだけじゃない♪仙台おすすめグルメ5選

| 宮城県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

牛たんだけじゃない♪仙台おすすめグルメ5選

牛たんだけじゃない♪仙台おすすめグルメ5選

更新日:2013/07/10 10:02

スズキ イチロウのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター スズキ イチロウ タビーノTV専属俳優

東北を代表する大都市「杜の都・仙台」。大人の休日倶楽部のCMでも取り上げられ、ちょっと行って見ようかな?と気になっている方も多いのでは?そこで今回は、仙台に訪れたらぜひ味わってほしいグルメ5選をご紹介します。牛たんだけではない、仙台の魅惑のグルメをお楽しみください♪

冷やし中華発祥のお店でいただく元祖の味♪龍亭の「涼拌麺(りゃんばんめん)」

写真:スズキ イチロウ

地図を見る

仙台グルメというとやはり牛たんの印象が強いですが、実は夏の風物詩、冷やし中華はなんと仙台が発祥の地なのです。

夏場の中華料理は、店内にまだ冷房がないことからなかなか売上が伸びません。そこで夏バテ防止に栄養バランスの整った冷たい麺を流行らせようと、当時の主人が考案したのが龍亭の涼拌麺。今にいう冷やし中華の誕生でした。

さっそく元祖冷やし中華、涼拌麺を注文!麺にはレタスとエビだけが乗っていて、錦糸卵、チャーシュー、きゅうりなどの他の具は別のお皿に乗せられています。老舗らしい、なんだか高級な雰囲気です。

さてそのお味は、意外とシンプル!そして当たり前だけどおいしい!思ったよりコシのある麺が酸味のあるスープ、具に絡んでつるつる食べられます。高級そうな見た目とは裏腹に、ベーシックな飽きのこない「これが元祖か・・・」と納得させられるお味でした。
一皿1,300円と若干お高めですが、これは払う価値アリ!龍亭さん以外の冷やし中華と食べ比べをしてみてもいいですね♪

涼拌麺・・・1,300円

朝7時から食べられる!伊藤商店の「白の中華そば」と「金の中華そば」

写真:スズキ イチロウ

地図を見る

仙台中心から少し離れた、青葉区愛子地区(あやし、と読みます)は、最近ラーメンの町として盛り上がっています。

中でもオススメは伊藤商店の「白の中華そば」と「金の中華そば」!
「白の中華そば」は透き通った醤油スープに、真っ白の背脂がたっぷり乗っていて、まさに「白」の名前にぴったりです。背脂は一見、しつこそうな印象がありますが、むしろスープにまろやかさを加えているようで、平打ちの縮れ麺に絶妙に絡み合います。

背脂が苦手な方は、背脂を抜いた「金の中華そば」がオススメ。あっさりながらも、しっかりとコクのあるスープを堪能できます。この他にもスープ毎に肉そば、えびワンタンそばなどがあります。

またラーメンというと昼食や夕食、飲んだあとにいただく印象がありますが、ここのお店はなんと朝7時から営業しているのが特徴!
しかも土日限定で、10時までの間は「朝ラーメン」として通常600円の金の中華そばが、なんとワンコインでいただけます。「ラーメン大好き!朝からラーメンを食べたい!」という方にはぴったりのお店です♪

白の中華そば・・・650円
金の中華そば・・・600円

やっぱり名物牛たんははずせない!まるたんの「牛たん焼き定食」

写真:スズキ イチロウ

地図を見る

タイトルで「牛たんだけじゃない♪」と言い切っていますが、やっぱり名物は押さえておきたいですよね。ということで、仙台市内に数多くある牛たんのお店の中でも、特にお気に入りの牛たん料理専門店「まるたん」をご紹介します♪

まるたんに訪れたら、まず食べていただきたいのが「牛たん焼き定食」。肉厚の牛たんは噛み締めると口中いっぱいに旨味が広がり、幸せいっぱい♪

また数量限定ですが、ぜひ食べていただきたいのが「極上牛たん焼き定食」。普通の牛たんももちろんおいしいのですが、それを上回る柔らかさと旨味に蕩けそうになります。店長さんいわく、普通の牛たんもおいしいけれど、敢えて極上も食べて欲しいから数量限定にしているとのこと。12時前であれば間に合うようなので、興味のある方は早めの入店をおすすめします。

今回頼んでいませんが、隣の席のサラリーマンが食べていたタンカレーもおいしそうでした。次はこれを食べます〜!

【ランチメニュー】
極上牛たん焼き定食・・・1,980円
牛たん焼き定食・・・1,280円

ちょっと変わったご当地グルメ?定義とうふ店の「三角定義あぶらあげ」

写真:スズキ イチロウ

地図を見る

旅の途中では三度のお食事の他にも、ご当地のスイーツやスナックを食べてみたいですよね?
仙台市内からは少し離れた青葉区にある定義如来西方寺の門前仲町には、名物「三角定義あぶらあげ」があります。

大豆100%の厚切りにした豆腐をじっくり二度揚げして作られるあぶらあげ(というより厚揚げですね)は、外はカリッと、中はふっくらでとってもおいしい!普段は料理の引き立て役になることが多いあぶらあげですが、ここではバッチリ主役になっています。好みでお醤油と七味をかけて食べると、より味が引き締まるのでオススメです。

ちなみになぜ定義山であぶらあげなのか、、、という理由については不明だそうです。

三角定義あぶらあげ・・・120円
※お持ち帰り用あぶらあげや、生豆乳なども販売しています

帰りの新幹線でも仙台名物を♪「鮭はらこめし」

写真:スズキ イチロウ

地図を見る

仙台でグルメを堪能したなら、帰りの新幹線でも仙台を堪能しちゃいましょう♪

仙台名物の駅弁の中でも、茶飯の上に鮭とイクラがたっぷり乗った「鮭はらこめし」がオススメです。お酒で味をつけたぷちぷちのイクラがジューシー!お好みで「ひしほ味噌」というお味噌をつけて食べると、ちょっと味が変わってよりおいしくいただけます。
サイズも駅弁にちょうどよい小ぶりな大きさなので軽食にもぴったり。ご自宅へのおみやげにしてもいいですね♪名残惜しい仙台への気持ちを、ぜひはらこめしで堪能してください。

鮭はらこめし・・・約1,000円(複数のお店でご用意しています)


仙台では東北三大祭のひとつ、仙台七夕まつりが8月に行われ、これからがまさに観光シーズン!東京から新幹線で約1時間40分とアクセスも良好で、秋保温泉や作並温泉、鳴子温泉など、泉質のよい温泉もたくさんありますよ♪

今年の夏休みは仙台へ出かけてみてくださいね!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/05/19−2013/05/21 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ