メイド喫茶超え!秋葉原でしか出来ない変わった体験3選

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

メイド喫茶超え!秋葉原でしか出来ない変わった体験3選

メイド喫茶超え!秋葉原でしか出来ない変わった体験3選

更新日:2015/11/26 19:17

松澤 茂信のプロフィール写真 松澤 茂信 東京別視点ガイド編集長

一昔前までは電気街のイメージだった秋葉原。最近ではアニメやアイドルの町として、世界的に有名だ。
そんな秋葉原でちょっと変わっているお店といえば、筆頭にあがってくるのはメイド喫茶ではないだろうか。しかし、秋葉原にはメイド喫茶をもしのぐ、ここにしかない変わったお店がある。
徒歩で巡れる範囲内のものを3つご紹介しよう。

- PR -

カフェではんだづけをする

カフェではんだづけをする

写真:松澤 茂信

地図を見る

秋葉原駅から歩いて12分ほどの、廃校を再利用したアートスペース「3331」。
その中に、「はんだづけカフェ」なるちょっと変わった空間がある。

カフェとはいっても飲食物の提供はなく、椅子とテーブル、そしてはんだづけに関する機材が置かれている工作スペースなのだ。入場無料で、出入りも自由。なかには、はんだづけ工作をせず、ノーパソで作業しているビジネスマンもいる。

はんだはこちらで買えるのだが、電子工作キットは売っていないので、秋葉原の電気屋さんであらかじめ購入していこう。初心者用キットなら金属探知機やうそ発見器が、はんだづけするだけで簡単に作ることができる。

中央線に挟まれてコーヒーを飲む

中央線に挟まれてコーヒーを飲む

写真:松澤 茂信

地図を見る

秋葉原から歩いて5分の川沿いにある、オシャレな商業施設mAAch。
1943年まで存在していた万世橋駅のプラットホームを整備し、そのままの形で利用している。

この施設自体が電車好きにはたまらない空間なのだが、さらにそのなかにあるカフェ「N3331」が凄い。中央線の線路に挟まれた立地で、すぐ真横を電車が通りぬけていく。ガタゴトという電車の走行音をBGMに、コーヒーをたしなめるカフェなのだ。

ショートストーリーが貼られたビニール袋を買う

ショートストーリーが貼られたビニール袋を買う

写真:松澤 茂信

地図を見る

万世橋ふもとに、あまりにも奇抜すぎる自販機コーナーがある。
自動販売機が20個ほど置いてある小さな空間なのだが、そこで売られている商品が異質なのだ。
ジュースはもちろんのこと、歯磨き粉、新幹線の模型、カブトムシのオモチャ、風鈴などなど、入れられるものはなんでもかんでも入れている。

なかでも目を引くのが「ぐるぐる巻きに梱包されたビニール袋に、ショートストーリーが貼られたセット」だ。テプラでそれぞれ違うエッセイやショートストーリーが貼られている。
中身になにが入っているのか、ぜひ実際に購入して、その目で確かめてほしい。

まとめ

秋葉原のイメージが少し変わるようなお店を3つご紹介した。
いずれも秋葉原から徒歩圏内で2時間もあればすべて巡れるので、なにか変わった体験をされたい方はぜひとも挑戦してほしい。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/01/26 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ