日本百名山 長野「四阿山」登頂!ハイジがいそうな広大な牧場と360度の絶景山歩き

| 長野県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

日本百名山 長野「四阿山」登頂!ハイジがいそうな広大な牧場と360度の絶景山歩き

日本百名山 長野「四阿山」登頂!ハイジがいそうな広大な牧場と360度の絶景山歩き

更新日:2015/11/17 13:50

Kaycom Dのプロフィール写真 Kaycom D 旅行ライター

長野県と群馬県の県境に位置する四阿山は、日本百名山のひとつで山頂からは360度の絶景が見渡せます。麓には菅平高原の広大な牧場が広がり、北アルプスや浅間山などの山並みが一望。下山後は、四阿高原の登山口にある「あずまや高原ホテル」の絶景露天風呂に入浴することも可能です。

- PR -

「あずまや高原ホテル」の前からスタート

「あずまや高原ホテル」の前からスタート

写真:Kaycom D

四阿山は日本百名山のひとつで標高2354m。四阿高原からのルートは、標高約1500mに位置する「あずまや高原ホテル」の前にある登山口からスタートします。
※「あずまや高原ホテル」については、『雲上の一軒宿!信州真田「あずまや高原ホテル」で絶景露天風呂に入ろう』のガイド記事をご覧ください。

しばらくは静かな森の中のゆるやかな登りが続くので、鳥のさえずりを聞きながら、準備運動のつもりでのんびり歩いていきましょう。
やがて前方に「四阿山」と書かれた看板が見えくるので、そこにある柵を越えて先へ進みます。するとほどなく木立の間から開けた牧場が登場。ここを左折して牧場沿いをさらに進んでいきます。

ハイジがいそうな広大な牧場

ハイジがいそうな広大な牧場

写真:Kaycom D

そこから10分ほど行くと、これまでの木立が茂る森の中とは一変、これでもかというほどの開放感あふれる牧歌的な景色が目の前に広がります。

この全景が見渡せないほど広大な一帯は上信越国立公園の一部で、その中の菅平高原はスイスのダボスの風景と似ていることから姉妹都市になっています。確かに、このどこまでも続く草原を眺めていると、ハイジやユキちゃんが転げまわっている姿が見えてきそうな感じ。
牧場の向こうには、北アルプスやこれから登る四阿山も見えるので、写真を撮るにも絶好のスポットです。

展望が素晴らしい登山道

展望が素晴らしい登山道

写真:Kaycom D

地図を見る

牧場の間を登って行くと再び木立の中に入っていきますが、標高を上げるにつれだんだん背の高い木が姿を消していくのでどんどん展望が開けてきます。
8合目あたりを過ぎると、ずっと登りでちょっと疲れてが出てくる頃ですが、振り返ればどこまでも見渡せる爽快な風景が広がってくるので、その景色を楽しみながらあと一息がんばりましょう。前方には四阿山の頂も目の前の山影から見えてきます。

30分ほど行くと一旦斜度も緩やかになるので、ここで一息入れてから山頂へ行くといいかもしれません。

360度の眺望が広がる山頂

360度の眺望が広がる山頂

写真:Kaycom D

地図を見る

ポコッと突き出た頂の最後の斜面を登ると祠の建つ山頂に到着。雪があるとけっこう両側が切れているので転んで滑り落ちないように気をつけましょう。

ここからは、360度見渡す限りの絶景が眼下に広がり、傍らには「花の百名山」とも言われる根子岳(2207m)も見下ろせます。山頂はそれほど広くはないですが、お弁当を広げるスペースは充分にあるので、ここでお昼ご飯を食べるのもいいでしょう。登山口から、3時間半から4時間の行程なので、時間的にもちょうどお腹が空くころです。

四阿山トレッキングをもっと楽しむために

四阿山トレッキングをもっと楽しむために

写真:Kaycom D

地図を見る

登山口に建つ「あずまや高原ホテル」に宿泊した場合、前日までにホテルに頼んでおくと、出発当日の朝にホテルのスタッフがコンビニでおにぎりなどの昼食を買ってきてくれます。登山口周辺や山頂までのルート上にお店はないので、忘れずにお願いしておきましょう。

また、不要な荷物はホテルに預けておくことができるので、必要なものだけ持って身軽に登ることができます。さらに、登山当日の朝にチェックアウトしても下山後の入浴も可能。このホテルの露天風呂からは、浅間山などの山並みが一望できます。
宿泊者以外でも11時から22時の間は立ち寄り湯ができますが、清掃や整備で外来入浴を行わないときもあるそうなので事前に確認しておきましょう。

四阿山の山頂付近や日の当たらない日陰は、初夏まで雪が残っている場合があるので、防水が効くしっかりとした登山靴が必要です。また、山頂直下の斜面はけっこう急なので、軽アイゼンがあると安心。このコースは登山口から頂上まで水場がなく、天気のいい日は直射日光にさらされ暑くなるので、水は多めに持っていくことをおすすめします。

最後に・・・

出発から山頂まで、気持ちの良い森林から広大な牧場、北アルプスや浅間山の峰々まで、一度の山歩きで様々な景色が楽しめるお得感の高いコースです。根子岳への縦走もできるので、ぜひ時間に余裕をもって歩いてみてください。帰りは「あずまや高原ホテル」の絶景露天風呂にも入ることができるので、山好きだけでなく温泉好きの人も満足できるでしょう。

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/05/02 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ