純愛の聖地に旅しよう!!「世界の中心で、愛をさけぶ」香川・庵治町

| 香川県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

純愛の聖地に旅しよう!!「世界の中心で、愛をさけぶ」香川・庵治町

純愛の聖地に旅しよう!!「世界の中心で、愛をさけぶ」香川・庵治町

更新日:2013/07/05 11:11

凜風 杏花のプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター 凜風 杏花 ライター

「セカチュー」といえば、皆さんもご存じの「世界の中心で、愛をさけぶ」。大ベストセラーとなった片山恭一さんのこの小説は、映画やテレビドラマなどにもなり、大ブームを巻き起こしました!今回は、2004年春に公開された映画のロケ地でもあり、また「純愛の聖地」と呼ばれ、今も多くの観光客が訪れる、香川県・庵治町(あじちょう)の旅をご紹介します。

ここは外せない!「純愛の聖地庵治・観光交流館」

写真:凜風 杏花

地図を見る

春に映画が公開され、夏には信じられないほどの人が、瀬戸内の静かな港町に押し寄せました。一時はロケ地の堤防から観光客がこぼれ落ちる心配までされたほど(☆.☆)

レトロな雰囲気のこの建物は、映画に登場したロケセット「雨平写真館」を復元したもの。中では、カフェ「寫眞館の珈琲」(しゃしんかんのコーヒー)が営業中です。

1階、2階共にすっきりとした落ち着きのあるカフェでは、地元特産庵治石の石臼で豆からひく「石臼コーヒー」や、干し海老を野菜と一緒にはさみホットサンドにした「庵治サンド」、「海苔シフォンケーキ」などなど、たくさんの地元の味が提供されています。

また別棟には、撮影当時の写真やロケ資料、実際に撮影で使われた「サクのスクーター」などが展示され、ロケ地のひとつである皇子神社のブランコがデザインされたTシャツやストラップなどを販売中。コンサートなどが行われることもあるそうです。(入館は無料)

縁結びの新スポット「むすび地蔵」と「赤い糸」

写真:凜風 杏花

地図を見る

観光交流館の敷地内に2012年に設置された「むすび地蔵」が、新たな縁結びのスポットとして人気を集めています。

「小指の短冊」に願いごとを書いて、写真のように「赤い糸」でお地蔵さまに結び付ければ、二人を結ぶ赤い糸をお地蔵様が見守って下さるとのこと☆

写真左手にずらっと並んでいるのは、もう一つの人気の「恋みくじ」を結んだもの。この中には皇子神社から移された南京錠も2、3見られます。さて、あなたの恋の行方は?

純愛の聖地庵治・観光交流館
  ※ここで、ロケ地MAPやパンフレットなどをもらっておきましょう。
 [開館時間] 9:00 〜 17:00(入館は16:30まで)
 [カフェ営業時間] 9:30 〜 16:30(16:00 オーダーストップ)
 [休館日] 火曜日(火曜が祝日の場合、休日変更の場合あり)
 [電話] 087-871-1700
 [アクセス] JR高松駅から、ことでんバス「庵治線」で約40分、「庵治農協前」停留所

皇子神社(おうじじんじゃ)のブランコから海を見る

写真:凜風 杏花

地図を見る

観光交流館から海沿いにゆっくり歩くこと15分で、皇子神社の鳥居が見えてきます。そこから階段を少し上がると…ありました〜!サクとアキがこれに乗って重蔵(重じぃ)の初恋について話したというブランコ♪

このブランコ横の金網に、願い事を祈願して観光客がつけたたくさんの南京錠があったのですが、あまりに数が増えたため取り外され、その一部は観光交流館に残っています。

それにしても、神社の境内でブランコから海が見えるなんて…気持ちが解きほぐされるような癒しスポットでしょ☆

王の下沖防波堤で、未来を語る

写真:凜風 杏花

地図を見る

皇子神社からさらに15分ほど歩けば、空と海、そして島を望む静かな防波堤に到着。休日には釣り人が糸をたれ、家族連れがのんびり散歩しているところ。ゆっくり語りあうには最適の場所ですね。

ではここで、バスと徒歩で行かれる際の、効率の良いロケ地めぐりをまとめておきます。まず、純愛の聖地庵治・観光交流館→ロケ地の交差点や漁港など→皇子神社→王の下沖防波堤へ。皇子神社と防波堤では多めに時間をとって、海や風を感じて下さい。途中、うどんで腹ごしらえという手もあります(^^)

次に、観光交流館に引き返し、お茶や地元スイーツで休憩。その後、南に向かって「城岬公園」というのがお勧めのコースです。

恋人の聖地100選に選ばれた「城岬(しろばな)公園」

写真:凜風 杏花

地図を見る

ロケ地以外にも、聖地と言えば庵治には「恋人の聖地」まであるんです! 観光交流館から南に徒歩20〜30分ほどの「城岬公園」。暑い季節にはバスを使った方がいいかもしれません。

庵治町は石の町としても有名で、公園内の「純愛ロード」には、特産の石に愛のメッセージが刻まれているほか、ハート形のベンチやモニュメントなどが置かれています。夕日の美しさもすばらしく、雰囲気はばっちり!ここでプロポーズした方も多いとか♪

現在の庵治町は港町の静かな雰囲気の中、聖地巡拝する方もMAPを片手に粛々とロケ地を回っておられます。行くなら「今」ですよね(*^_^*)

おだやかな瀬戸内の潮風に吹かれながら、愛をさけんじゃってください!!

城岬公園
 [アクセス]JR高松駅から、ことでんバス「庵治線」で約35分、「新開(しんがい)」停留所

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ