伊勢・猿田彦神社で「おみちびき祈願」 八角形に祈りを込めて

| 三重県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

伊勢・猿田彦神社で「おみちびき祈願」 八角形に祈りを込めて

伊勢・猿田彦神社で「おみちびき祈願」 八角形に祈りを込めて

更新日:2017/07/31 16:56

みぃのプロフィール写真 みぃ 実泊ホテルライター、トラベルライター

伊勢・薩田彦神社。猿田彦大神はものごとの最初に現れ、万事良い方向へお導きになる神様で、一年の初めのお参りにぴったり。境内には縁結びの神様・佐瑠女(さるめ)神社もありますのでついでに良縁も祈願しておきましょう。
伊勢神宮にも徒歩10分ほどというアクセスの良い場所にあります。

- PR -

猿田彦神社

猿田彦神社

写真:みぃ

地図を見る

猿田彦大神は“みちひらきの大神”といわれています。日本神話における天孫降臨の際に、天照大神(アマテラスオオミカミ)の命を受けた瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を高千穂へと導いたのが猿田彦大神です。
“みちひらき”ということで、人生の道(仕事や学業)を良い方向へ導いてもらおうと全国から参拝者が訪れます。

ご本殿は二重破風の妻入り造り(さだひこ造り)。屋根の上の鰹木や柱や欄干は、猿田彦大神の御神徳にちなんで八角形になっています。この八角形については後ほどご説明しましょう。

八角形の石には必ず触りましょう

八角形の石には必ず触りましょう

写真:みぃ

地図を見る

ご本殿の手前にあるのがこの八角形の石柱、方位石。昔の神殿跡の印で“十干十二支(じゅっかんじゅうにし)”で方位が刻まれています。猿田彦神社で最もパワーが集中するポイントですので、ご本殿に気をとられて見落とさないようにしましょう(敏感な人は知らずに訪れても気づきますが)。八角は方位を意味し、猿田彦大神の方位除の御神徳を仰ぐものです。先ほど説明したご本殿のほかにも手水舎の柱や大鳥居も八角形なのです。

石の触り方について神社で特に定めた触り方はありませんが、風水では、仕事運「亥→卯→未」、金運「巳→酉→丑」、家庭運「申→子→辰」、人気運「寅→午→戌」とされていますので参考までに。

縁結び・芸事の佐瑠女神社

縁結び・芸事の佐瑠女神社

写真:みぃ

地図を見る

猿田彦神社の境内にある佐瑠女神社。御祭神は天宇受売命(アメノウズメノミコト)です。天孫降臨の際に猿田彦大神と最初に対面した神様で、それよりも“天照大神が天の岩戸に籠もられた際に踊った神様”と言ったほうがピンとくるかもしれませんね。
芸能や縁結びの神様とされ、熱心に参拝する女性の姿が多く見られます。

神社の奥には…

神社の奥には…

写真:みぃ

地図を見る

参拝のあとは、神社の奥にも足を伸ばしてみてください。御神田と呼ばれる田んぼが広がります。ここでは毎年5月5日に三重県無形文化財指定の御神田祭が斎行されます。八乙女(8歳の8人の童女)が持つ稲苗を、桃山時代の民族衣装を身にまとった植方が囃方の田楽にあわせて植える美しい様子を見ることができます。

伊勢神宮参拝時には必ず立ち寄りたい

猿田彦神社はおはらい町・おかげ横丁のすぐ近く。伊勢神宮内宮までも徒歩で10分少々ですので、伊勢神宮へお参りの際には是非立ち寄っていただきたい神社です。ご紹介した方位石はかなりのパワースポットですので、必ず触って帰りましょう。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/11/01 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ