ロンドンでアンティーク三昧 掘り出し物が必ず見つかるマーケットめぐり

| イギリス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ロンドンでアンティーク三昧 掘り出し物が必ず見つかるマーケットめぐり

ロンドンでアンティーク三昧 掘り出し物が必ず見つかるマーケットめぐり

更新日:2015/11/21 18:51

Lady Masalaのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター Lady Masala 学芸員資格

アンティークハントは、まるで宝探しのよう。古い物を大切にするイギリス人は、ちょっとしたアンティークをインテリアに取り込むのがとても上手です。
ロンドンには、さまざまなアンティークショップやマーケットがあります。選りすぐりのマーケットをめぐって、アンティークのある生活を楽しんでみませんか。
さぁ、早起きして、アンティークマーケットに出かけましょう。

にぎやかなコヴェントガーデン 月曜日のジュビリー&アップルマーケットで大満足

写真:Lady Masala

地図を見る

個性的な雑貨を扱うセレクトショップ、おしゃれなカフェ、レストランが立ち並ぶコヴェントガーデンの一角にあるのは Jubilee Market(ジュビリーマーケット)。このアーケードでは、曜日ごとにさまざまなマーケットが開かれます。アンティークの月曜日は、カトラリー、シルバー製品、アクセサリーのストールが中心。
おしゃれな街にありながら、気取らない庶民的なたたずまいのジュビリーマーケットには、場所柄か観光客の姿も目立ちます。そこにマーケットがあったのでちょっとのぞいてみたという人たちに混ざって、気楽にアンティークハントを楽しんでみてはいかがでしょうか。

月曜日には、コヴェントガーデンマーケット内にある Apple Market(アップルマーケット)にもアンティークのストールが並びます。規模こそ小さいですが、思わず手に取ってしまいたくなるような選りすぐりの品々がたくさん。眺めているだけでも楽しめるはず。お土産探しにもお勧めの場所ですが、値段は高めに設定されているようです。
ふたつのマーケットを同時に楽しめる月曜日のコヴェントガーデン。得した気分になれそうです。

おしゃれなエンジェル 水曜日はカムデンパッセージで目の保養

写真:Lady Masala

地図を見る

地下鉄ノーザンライン沿いにあるエンジェル。この「天使」というかわいらしい名前のエリアには、おしゃれなブティックや、おいしいと評判のレストランやカフェが集まっています。
駅にほど近い Camden Passage(カムデンパッセージ)という一角には、こぢんまりとして、上品な常設のアンティークショップやアーケードが寄り集まっています。水曜日と土曜日には屋外マーケットも開かれ、アンティーク好きなら素通りできない場所のはず。
一生に一度は手に入れてみたいと思うような、高級アンティークを扱っているショップもいくつかあり、店内には、一見の価値のあるものがたくさん。買うことはできなくても、見ているだけで優雅な気分になれるでしょう。
屋外マーケットには、趣味のよいヴィンテージのプレートやティーセットがたくさんあり、掘り出し物にめぐり会えそうな予感が高まります。

今が旬の東ロンドン 木曜日はオールド スピタルフィールズ マーケットで大興奮

写真:Lady Masala

地図を見る

庶民的な下町として知られる東ロンドンは、新進のアーティストたちがアトリエやショップを構える、おしゃれな若者の街でもあります。
そんな東ロンドンの玄関口、リバプールストリート駅からほど近い場所にあるのは、Old Spitalfields Market(オールド スピタルフィールズ マーケット)。ファッションやクラフトのほかに、各国料理の屋台も並び、いつもたくさんの人でにぎわいます。木曜日にはアンティークも加わって、さらに活気づきます。ファッショナブルな東ロンドンなだけに、各ストールのディスプレーがとってもキュート。

古書や絵画をはじめとする本格的なアンティークを扱うストールもありますが、このマーケットには、どちらかというと、60-70年代風のヴィンテージ品が多いよう。お値段も手頃なので、まとめ買いをしたいという方にはお勧めの場所です。

ポッシュなノッティング ヒル ゲート 土曜日はポートベローマーケットで充実の一日

写真:Lady Masala

地図を見る

映画「ノッティングヒルの恋人」の舞台ともなった高級住宅街ノッティング ヒル ゲートの一角にあるのは、Portobello Market(ポートベローマーケット)。
常設のアンティークショップが軒を連ねるポートベローロードには、土曜日になると屋外マーケットがお目見えします。
ポートベローマーケットといえば、シルバーウェアですが、それ以外にも、活版印刷機用の活字、カメラ、古めかしい革のトランクなど、味のある古物を扱うストールもいたるところに。思わず、アンティークの奥深さに感じ入ってしまいます。
野外マーケットだけではなく、敷居が高くて入りにくいと感じるショップものぞいてみてください。数百年前の家具など、とても手の届きそうにない高価な物もありますが、それは目の保養。カップ&ソーサーなど、意外な掘り出し物にも出会えるはず。
土曜日には、アンティーク以外にも、雑貨や古着、色鮮やかな野菜や果物のストール、パエリアなどの各国料理の屋台も出ています。見どころ盛りだくさんのポートベローマーケット。一日中でも楽しめる場所です。

アンティークは一期一会

マーケットでは朝が早いほど、掘り出し物に出会える確率が高いことは言うまでもありません。プロのバイヤーは朝一番に価値のある物だけを仕入れてくるのだとか。彼らのよきライバルとなれるよう、早起きして出かけましょう。
とっておきのアンティークとの出会いは、一期一会です。金額の折り合えさえつけば、迷わず手に入れましょう。ロンドンで、お気に入りのアンティークにめぐり会えますように。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/01/26 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ