オホーツクの森の奥 マイナスイオンたっぷり 滝のウラ側が楽しめる山彦の滝!

| 北海道

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

オホーツクの森の奥 マイナスイオンたっぷり 滝のウラ側が楽しめる山彦の滝!

オホーツクの森の奥 マイナスイオンたっぷり 滝のウラ側が楽しめる山彦の滝!

更新日:2013/06/18 14:33

オホーツクの森の奥、滝のウラ側を楽しめる山彦の滝があります。国道333号で遠軽町丸瀬布(まるせっぷ)の市街地に入り、そこから道道1070号線を南下して15〜16kmほど。
駐車場からわずか200m。落差28mの見事な滝が観賞できます。ここは北海道でもまだあまり知られていない秘境スポット!滝の裏から見る水のカーテンの気持ちよさは最高ですよ。

- PR -

滝に至るまでの渓流も美しい

滝に至るまでの渓流も美しい
地図を見る

駐車場から山彦の滝までは、苔むす岩の間を縫うように流れる渓流が美しい。特に新緑の季節は緑の鮮やかさが目にしみます。足元はわりとしっかりしているので、スニーカーなどで問題なく登って行けます。あっ、虫除けスプレーなどはしておいた方がいいでしょう。
もう既にこの時点でマイナスイオンたっぷりといった感じです。

別名裏見の滝

別名裏見の滝
地図を見る

駐車場から200m。音が聞こえたきたなあと思ったら滝はもうすぐ近く。落差28mの山彦の滝が姿を現します。ウラ側に回っても見られることから別名「裏見の滝」とも呼ばれているそうです。

なお、厳冬期には滝は凍って氷柱のようになるのですが、スノーシュー(西洋かんじき)を履いて訪れるツアーや夜にはライトアップするイベントも行われています。これは一度行ってみたいと思っています。

水のカーテン

水のカーテン
地図を見る

では、滝のウラ側に行ってみましょう。水しぶきが掛かって濡れちゃうかな〜と心配していたのですが、すんなりウラに回れちゃうんですね。
さぁーっと流れる水のカーテン。夏の暑い日でも森の木陰の滝の周りはひんやりとした空気が流れていて、とても気持ちいい。マイナスイオンをたっぷり浴びましょう!

鹿鳴の滝

鹿鳴の滝
地図を見る

さて、山彦の滝の近くには鹿鳴の滝もあります。こちらは落差15m。周辺に鹿が多く生息し水を飲みに来ることから、この名前が付けられたそうです。
山彦の滝から森の中の遊歩道をさらに500m進むと鹿鳴の滝が現れます。

こんな近距離で見ごたえのある滝が2つも見られるのはいいですね〜。山彦の滝は男性的、鹿鳴の滝は女性的な滝で岩肌を流れるように落ちています。途中の渓流は鹿鳴の滝の方が美しいと感じました。

アクセス

アクセス
地図を見る

遠軽町丸瀬布、最近、旭川紋別自動車道路が整備されたため、札幌や旭川からの時間はかなり短縮、以前に比べるとアクセスは格段に楽になりました。参考までに旭川鷹栖ICから丸瀬布ICまでは約100kmです。

道道1070号線には鹿飛び出し注意の看板があります。最近本当に増えていて、鹿の飛び出しにはくれぐれも気をつけて下さいね。

掲載内容は執筆時点のものです。 2009/06/27 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ