歴史は15000年!?阿蘇「幣立神宮」はスピリチュアルな隠れ宮

| 熊本県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

歴史は15000年!?阿蘇「幣立神宮」はスピリチュアルな隠れ宮

歴史は15000年!?阿蘇「幣立神宮」はスピリチュアルな隠れ宮

更新日:2017/08/08 08:47

桜 小町のプロフィール写真 桜 小町 幸運の旅人

熊本県山都町。阿蘇の山にほど近く、九州のおへその辺りに位置する場所に幣立(へいたて)神宮があります。

この神社の名前を聞いたことがない、という方も多いのではないでしょうか。それもそのはず、ここは「隠れ宮」。天地開闢に係るような神々を祀り、15000年と言われる歴史を持ちながらほとんど知られていないのです。

スピリチュアルな空気が漂うパワースポット、幣立神宮をご紹介いたします。

- PR -

ガイドブックにも載らない「隠れ宮」

ガイドブックにも載らない「隠れ宮」

写真:桜 小町

地図を見る

熊本県山都町。九州のおへそとも言われる位置に幣立神宮はあります。「隠れ宮」であるこの神宮はガイドブックに載ることもなく、一般にはあまり知られていません。実際に行ってみると山間にひっそりと建っている、といった印象です。

しかしその歴史は古く、15000年も昔からあるとか…。神武天皇の孫である健磐龍命(たけいわたつのみこと)が、この地で幣を立て宇宙から降臨された神々を祀ったことが始まり、と伝わっています。そして人々はここから世界に散らばった、という伝説まで。その証として毎年8月23日に「五色神祭」が行われています。

応神天皇の時代に「高天原の乱」が起こります。その乱に係っていた為に、自ら身を隠し「隠れ宮」となりました。

※五色神祭…「かつて世界人類の祖先、赤・白・黄・黒・青色の人々が集い、御霊を和合するための儀式を行った」という伝承に基づく神事。5年に一度は大祭が行われます。

名だたるご祭神と強烈な「気」

名だたるご祭神と強烈な「気」

写真:桜 小町

地図を見る

幣立神宮の主祭神は神漏岐命・神漏美命(かむろぎのみこと・かむろみのみこと)。この二柱の神は、古代人々が互いに争うことを天の神が心配して地上に遣わした、とされています。火の玉に乗り、幣立神宮の檜に降臨しました。

その他のご祭神として…
天御中主大神(あめのみなかぬしのおおかみ)
大宇宙大和神(おおとのちおおかみ)
天照大神
天地開闢に係るような、そうそうたる神々の名前が並んでいます。

この本殿の前にはものすごく強い気がビシビシと伝わってきます。日本にはたくさんの神社がありますが、これだけの強い気を感じられるところはそう多くはありません。

またお参りの際はぜひ鈴を鳴らしてください。中に宮司さんや巫女さんがいらしゃれば、榊と神楽鈴でお祓いをしてくださいます。

「日の宮」と命脈15000年の天神木

「日の宮」と命脈15000年の天神木

写真:桜 小町

地図を見る

本殿の右手には「伊勢の内宮」があります。なぜ伊勢神宮が?と不思議に思う方も多いのではないでしょうか。

伊勢神宮に祀られているのはご存じ天照大神。そして天照大神と言えば日の神。幣立神宮には「日の宮」の名前もあります。「日の宮」とは「天照大神が住む宮殿」の意味。そう、ここには「天照大神」の御霊がいらっしゃると言われているのです。

その御霊がいらっしゃるのは、命脈15000年と言われるご神木の檜。神漏岐命・神漏美命が降臨された木です。
現在の幹は10代目。その命は途切れることなく受け継がれているのです。10代目の幹も1991年の台風により幹が折れ、上の方は枯れていてありません。当時幹の上部は「球体」のように枝葉が生い茂っていたとか。それが台風により本殿の上に落ち、本殿を台風の被害から守ったのでした。

本殿の左手には、その落ちた上部が「天神木 高千穂」として祀られています。驚くべきことに現在でも若芽をつけ生き続けています。

八代竜王が住む「水玉の池」と「東御手洗社」

八代竜王が住む「水玉の池」と「東御手洗社」

写真:桜 小町

地図を見る

「天神木 高千穂」の奥から「東御手洗社」へと降りる道があります。
「双子杉」や「五百枝杉」などの古木が立ち並ぶ鎮守の森。神秘的な空気が溢れる森の中を200mほど行くと「東御手洗社」があります。ここは水の神様を祭る祠で知る人ぞ知るパワースポット。祠の左に水源があり、2本の竹筒から水が流れています。この竹筒の水はそれぞれ味が違うとか…。ぜひ飲み比べてみてください。

そして祠の右奥には「水玉の池」があります。この池には「八代竜王」が住んでいると言われるだけあり、大蛇でも出て来そうな雰囲気。ちなみに「瓊瓊杵尊」(ににぎのみこと)がこの池の水で全国の要所を清めた、という伝説が残るほど神聖な水なのです。

なぜこんなところに?崖の上に立つ鳥居

なぜこんなところに?崖の上に立つ鳥居

写真:桜 小町

地図を見る

この神宮で、もう一か所訪れて欲しい場所があります。本殿前の鳥居から(本殿を背にして)左手に行く道があります。上の駐車場へと続く道なのですが、その駐車場の脇にも鳥居が建っています。しかし、その鳥居の先は断崖絶壁。とても人が通ることはできません。

ではなぜこんなところに鳥居が?
この鳥居の方向にちょうど阿蘇山があります。幣立神宮の始まりとなったのは、阿蘇の神様である健磐龍命が幣立てしたこと。鳥居はもともと神様が通る道です。阿蘇の神様のための鳥居なのでしょうか。ここでもスピリチュアルな景色を垣間見ることができます。

おわりに

幣立神宮は、知れば知るほどスピリチュアルな感慨が深くなる神社です。
そうそうたる神々を祀りながら「隠れ宮」であることも、その理由のひとつではないでしょうか。

古代からのスピリチュアルなパワーを感じに、ぜひ幣立神宮を訪れてみてください。

アクセス
電車:JR熊本駅〜熊本市電「花畑町駅」〜徒歩でバスターミナル「交通センター」へ〜熊本バス「浜町(矢部)」乗換〜熊本バス「大野幣立宮前」下車
車:九州道 松橋IC〜R218号経由、約50.5km

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/08/12 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ