リアルにギュッ!と縛ってお願い、盗難除け・失くし物探しに葛飾・金町の南蔵院しばられ地蔵

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

リアルにギュッ!と縛ってお願い、盗難除け・失くし物探しに葛飾・金町の南蔵院しばられ地蔵

リアルにギュッ!と縛ってお願い、盗難除け・失くし物探しに葛飾・金町の南蔵院しばられ地蔵

更新日:2013/07/31 11:43

おけいのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター おけい “開運散歩”主宰

街中でも見かける身近な存在のお地蔵さんですが、ここ南蔵院にあるお地蔵さんの姿は縄でぐるぐる巻き!大岡裁きの話で有名なしばられ地蔵は、盗難除け、足止め、厄除け、縁結びなど、あらゆる願い事を聞いて下さる霊験あらたかな地蔵尊です。

今回はこのお地蔵さんに会える南蔵院をご紹介します。

静寂な境内に存在感たっぷりのお地蔵さん

写真:おけい

地図を見る

JR常磐線・金町駅から住宅街を歩くこと約20分ほどの所に、南蔵院はあります。昔は本所吾妻橋近くにありましたが、関東大震災で被災し現在の場所に昭和4年に移転してきました。

山門から境内いったいを見渡すと、すぐに目に付くお地蔵さん。
願いごとをするときは縄で縛り、叶えば縄解きするという風習が今でも残されています。
山門から見てもわかるほど、荒縄で何重にもぐるぐる巻きにされている姿は、沢山の人の信仰と親しみを集めていることを物語っています。

なんでお地蔵さんは縛られているんだろう?

写真:おけい

地図を見る

江戸の名奉行、大岡越前で有名な名裁きの中に「縛られ地蔵」のお話があります。

ある時、呉服問屋の手代が夏の暑い日、運んできた反物をお地蔵さんの前に置いて木陰で昼寝をしてしまい眼が覚めると反物が盗まれていました。

慌てふためいた手代は奉行所に駆け込むと、大岡越前守が「泥棒を黙ってみているとは地蔵も同罪。縛って連れてまいれ!」と言われ、地蔵はぐるぐる巻きにされ江戸中を引き回しにされました。

そのお裁きをひとめ見ようと集まってきた野次馬は、地蔵と共に奉行所までなだれ込み「天下のお白州へ許可なく入り込むとは不届き千万。罰として、それぞれに反物一反おさめよ」とのお裁きが下りました。山と積まれた反物の中に盗まれた反物も混ざっていました。

その経緯を調べた結果、当時江戸中を荒らしていた盗賊団がお縄となり、ひと役かったお地蔵さんは、縄を解かれてお寺にお帰りになりました。その後、立派なお堂を建てられて盛大な縄とき供養が行われました。

リアルにぎゅぎゅっと結んで願掛けです

写真:おけい

地図を見る

ぐるぐる巻きになったお地蔵さんに近づくと、願掛け縄が用意されています。ここに100円を入れていつでも縄しばりができるようになっていますので、手ぶらでお出かけください。

この日はしっかりお顔が見えていましたが、ぐるぐる巻きが重なって最後はお顔も見えなくなってしまう姿にもなるんです。そんな縛られ地蔵尊ですが、大晦日と元旦に「縄とき供養」が行われ、本来のお地蔵さんの姿が見られるようです。

この時に「結びだるま市」も行われ、腹のところに荒縄を結んだだるまが売られています。だるまの左目にお地蔵さんの種字(梵字でハと発音する文字)を入れて頂き、お経をよんでもらう開眼供養というものが行われています。

鐘をうつのは・・・入るとき?出るとき?

写真:おけい

地図を見る

お寺に入るとたいていはすぐに、鐘がありますよね?皆さんは、いつ鐘をつきますか?

お寺に入ってすぐに鐘をつくのを「入り鐘」といい、最後に出るときにつく鐘を「出鐘」といわれるようで、南蔵院も山門を入ってすぐに「開運の鐘」がありますので、お金が入ってくるように まずはお清めをしてから鐘をうつのがいいと思います。

ここの南蔵院の大晦日の除夜の鐘は、他とは違った素敵なサプライズがあるのです!

大晦日は並んだ全員が鐘をつくことができますが、先着108名にだけもらえる整理券があります。
この整理券を持っていると、毎年オリジナルのケーキがいただけます。このオリジナルケーキがとってもユニークで、2011年は「しばられているんだモン」というモンブランでした。

境内の中にはこのユニークさが感じられる石像があちこちにみられてとても心が和みます。

帰りにぷらっと寄り道、美味しい蕎麦

写真:おけい

地図を見る

南蔵院でギュっと縛って祈願をした後に、オススメの美味しい手打ち蕎麦のお店があります。

参道にはお店がありませんが、参道入り口の大通りを渡って少し歩いた左側に「一念」という、石臼挽きの二八蕎麦が食べられるお店があります。

オススメはもちろんせいろ(630円)です。他にもミニ天丼とのセットや単品で頼める天麩羅、鴨せいろ、胡麻汁そばなどが、お手ごろな価格で食べられます。
カメラ好きの大将が撮影した写真が楽しめたり、大将も気さくに声をかけてくれます。こじんまりとしたお店で満席の事もありますが、お帰りにちょっと一息のオススメのお店です。

いかがでしたか?
何かと物騒な世の中になりましたが、盗難よけや失くし物が見つからない方は、ぜひギュっと縛って祈願に出かけてみませんか?

◆手打ち蕎麦「一念」

葛飾区東水元1−16−5 TEL03-5699-8253
定休日・水曜 営業時間 11:30-14:30/17:00-20:00

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/06/04 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ