間近で見る曳山巡行は迫力満点!滋賀「大津祭」を見に行こう

| 滋賀県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

間近で見る曳山巡行は迫力満点!滋賀「大津祭」を見に行こう

間近で見る曳山巡行は迫力満点!滋賀「大津祭」を見に行こう

更新日:2015/09/15 15:40

犬山  コベジのプロフィール写真 犬山 コベジ B級スポット・ハコモノ好きブロガー

10月初旬。湖国三大祭の一つに数えられるお祭「大津祭」が滋賀県大津で行われます。同じ曳山巡行が行われる京都の「祇園祭」と比べられる事も多いお祭ですが、こちら「大津祭」は素朴な暖かさと華やかさを併せ持った、実に素晴らしきお祭なのです!

粽撒き!

写真:犬山 コベジ

地図を見る

江戸時代に始まった天孫神社の祭礼「大津祭」では、13基の曳山が街中を巡り、精巧なからくりを観客に披露します。細い路地等を進んで行く曳山を間近で見るのは大迫力!

そして曳山巡行のもう一つのお楽しみが、巡行途中に曳山から撒かれる厄除け粽!全国的にも巡行途中に粽撒きが行われるのは珍しく、多くの人達がこれをお目当てに「大津祭」にやって来るのです。運が良ければアナタも粽をゲットできるかも!?

「所望」とは?

写真:犬山 コベジ

地図を見る

曳山のからくりを披露する事を「所望」(しょうもん)と呼び、巡行の途中、紅白の御幣が掲げられている場所で一旦停止して行われます。「龍門滝山」では鯉が滝を登り、「石橋山」では割れた岩の中から獅子が躍り出てくるなど、各曳山それぞれのテーマを元に作られた精巧なからくりは一つとして見逃せない素晴らしさです。

御幣が掲げられている場所で待っていれば、巡行順に「所望」が行われますので、他の場所へあちこち動き回る事無くすべての「所望」を見る事が出来ます。

御幣がある場所は巡行路のあちらこちらにたくさん設けられていますので、自分の見易いベストな場所を探して大津の街を歩いてみるのも一興かと。「大津祭」用の特別メニューを販売しているお店もたくさんあるので、「大津祭」と共に大津散策も楽しんでみてください。

曳山全て、ずらりと大通りに勢ぞろい!

写真:犬山 コベジ

地図を見る

午前の巡行が終わり、午後の巡行が始まるまでの間、曳山は中央大通りに並べられ、間近で見学が出来るようになります。大通りにズラーっと並ぶ13基の曳山は壮観の一言!

写真の一番手前の曳山は「西行櫻狸山」。くじ取らずの曳山で、毎年巡行の先頭を進みます。そしてこの「西行櫻狸山」の屋根の上に乗るタヌキ君は「大津祭」の天気を守るという大役を担っており、その愛くるしい姿は大人気なのです。

大津祭のアイドル!タヌキ君!

写真:犬山 コベジ

地図を見る

「西行櫻狸山」の屋根上のタヌキ君と共に、「大津祭」のマスコットキャラクターと言っても過言ではない、この可愛らしいタヌキ君達も大津祭に訪れたお客様達をお出迎え!

こちらのタヌキ君達は、突如路上に現れたかと思うと、何時の間にか歩道に上がっていたりと、なかなかの神出鬼没ぶり。「大津祭」に来られた際は、彼らに会いに行ってみては如何でしょうか。彼らの周りにはいつも人だかりが出来ているのですぐに見つかると思いますよ。(写真は、午後の巡行前の大通りの様子)

「大津祭曳山展示館」でたっぷり「大津祭」を知ろう!

写真:犬山 コベジ

地図を見る

折角「大津祭」に来たのだから、やっぱり祭の歴史等についてもじっくりと学んでおきたいもの。そう思ったあなたにピッタリの場所がこちら「大津祭曳山展示館」!

曳山展示館の1階には実物大の曳山模型(西王母山)が展示されており、模型の前に設置されているボタンを押すと、アラ不思議!本物の曳山と同じく桃のからくりがグイグイと動き出し、中から子供が飛び出してきます。この桃のからくりは2階からだと間近で見る事が出来るので、同行者の方か展示館の方にお願いしてボタンを押してもらうのは如何?

館内では他にも巨大スクリーンで「大津祭」の様子を見る事が出来たり、鉦や太鼓を実際に叩ける「おはやし体験コーナー」などもあって、子供だけでなく大人も楽しく学べる施設になってます。展示館の方も大変親切で、詳しく説明していただますよ。

「大津祭」の始まる前に行ってあらかじめ予習しておくのも良し。祭りを見た後により深く知るために復習するも良し。「大津祭」に行くならば必見の施設となってます。

「大津祭曳山展示館」の場所は丸屋町商店街のアーケード内。曳山巡行のコースにも入っていますので是非とも寄ってみてください。入館料は無料。開館時間などについては下記のリンクから公式サイトでご確認くださいませ。

有料観覧席もあるよ!

「祇園祭」の山鉾巡行と同じく、「大津祭」でも有料観覧席が用意されています。中央大通り沿いに座席は作られており、午後の曳山巡行をゆっくり見られるようになっています。有料観覧席付近では粽は撒かれませんが、お土産に手拭いやパンフレットと共に付いていますのでそこは一安心!前売りで3300円。当日券は3500円になっております。販売場所は「大津祭曳山展示館」ですので、興味を持たれた方は下記のリンク先から問い合わせをしてみてください。

平成27年度の曳山巡行は10月11日(日)の9:00〜17:30に行われます。曳山の巡行路なども下記の「大津祭」公式サイトのリンク先から見れますのでご確認ください。

大津は京都や大阪、米原からも近くアクセスも便利。ド迫力の曳山巡行を是非とも間近で楽しんでみてくださいね!

掲載内容は執筆時点のものです。 2014/10/12 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ