ラジウムと健康食でプチ湯治!山梨・増富温泉「不老閣」は健康道場のような宿

| 山梨県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ラジウムと健康食でプチ湯治!山梨・増富温泉「不老閣」は健康道場のような宿

ラジウムと健康食でプチ湯治!山梨・増富温泉「不老閣」は健康道場のような宿

更新日:2015/09/14 18:21

野水 綾乃のプロフィール写真 野水 綾乃 旅と温泉のライター、2つ星温泉ソムリエ

免疫力や人間が本来持っている自然治癒力を高め、万病に効くとされるラジウム泉。日本では珍しい泉質で、都心から比較的近い山梨県の増富ラジウム温泉峡には、その効能を求めて、多くの湯治客が訪れています。その人に合った入浴指導を行い、さまざまなお風呂でラジウム泉を体験できる「不老閣」は、まるで健康道場のよう。野菜中心のカロリーを抑えた食事も体に優しく、健康な人も日頃の疲れを癒しに訪れたい宿です。

- PR -

山と渓谷に抱かれた環境にも元気をもらって

山と渓谷に抱かれた環境にも元気をもらって

写真:野水 綾乃

地図を見る

増富ラジウム温泉峡まではJR中央本線韮崎駅からバスで50分。増富ラジウムラインという県道を少しずつ山の中に入っていきます。終点でバスを下りると、本谷川の橋の向こうにめざす「不老閣」が見えてきます。

チェックインは14時からなので早めに到着したほうがおトク。翌日のチェックアウトは11時で、たっぷり21時間の滞在が可能です。はじめての宿泊の場合、チェックインの際にラジウム温泉の基本的な入浴法の説明があります。また、事前に希望すれば、鍼灸師と温泉利用指導者の資格を持つご主人が、ひとりひとりの体調や体力に合わせた入浴法を指導してくれます。

山の奥にある、天然岩風呂へ

山の奥にある、天然岩風呂へ

写真:野水 綾乃

地図を見る

不老閣には、それぞれ泉質の違う5種類のラジウム源泉があります。なかでも常連たちが「パワー最強」と語るのが、玄関から5分ほど坂道を登った湯小屋の中にある天然岩風呂です。

天然岩風呂は混浴と女性専用の時間帯があるので、スケジュールを確認してから向かいます。

天然の大岩の底から湧き出すラジウム泉

天然の大岩の底から湧き出すラジウム泉

写真:野水 綾乃

地図を見る

天然岩風呂は、天然の岩をくりぬいた湯船です。その底からラジウム泉がこんこんと湧き出しているのです。空気に触れることなく源泉が湯船を満たすので、新鮮そのもの。

泉温は20℃前後と冷たいため、加温した上がり湯につかって体を温めてから入浴します。ラジウム泉に含まれる気体のラドンはいちばん水面付近に集まっているので、波を立てないよう静かに入ります。耳を澄ますと、プクプクと源泉が湧き上がる音や水面で気泡が弾ける音が、神聖な空間に響きます。次第に肌表面を炭酸成分の気泡が覆い、最初感じた冷たさにも馴れ、ほのかな温かみを感じます。

入浴だけでなく、ラジウム泉を「吸う」「飲む」

入浴だけでなく、ラジウム泉を「吸う」「飲む」

写真:野水 綾乃

地図を見る

内湯のラジウム泉も地下40メートルから自噴しています。地下の浅いところから湧く源泉でないと、地上でラジウムはほとんど検出されません。ラジウム泉の温度は約30℃。隣にある41℃の上がり湯浴槽と交互に入浴することで、血管の収縮と拡張を繰り返し、若々しい弾力のある血管に戻すのが基本の入浴法です。

また、ラジウムは蒸気に含まれるラドンを吸入して体内に取り入れるほうが効果的だと言われています。写真の「不老の湯」には「ラジウム蒸気吸入室」があり、浴室の数倍の濃度でラドンが充満しています。吸入室内の椅子に座り、腹式呼吸をゆっくりと繰り返し、身体の奥までラドンを行き渡らせます。細胞から身体が目覚めるような感覚になるでしょう。

さらに、ラジウム泉の湯口のそばにはコップが用意されていますので、源泉を飲んでみましょう。鉄分と塩気があるので最初は飲みにくいかもしれませんが、常連の湯治客たちは積極的に飲んでいます。内臓疾患や糖尿病には、飲泉を併用すると良いとされています。

野菜中心の健康食で身体の内側からもサポート

野菜中心の健康食で身体の内側からもサポート

写真:野水 綾乃

地図を見る

ラジウム泉の効果に加え、身体の内側から健康をサポートするのが食事です。不老閣では、できる限り動物性タンパクを控え、季節の無農薬野菜を使って工夫を凝らした料理が並びます。この日の夕食は全部で845キロカロリー。お品書きには1品ずつのカロリー表示されていますので、食事制限などをされている人はさらに自分で調節することも可能です。

訪れるだけでも癒し効果たっぷりの温泉郷です

ラジウム泉には、微量の放射線が細胞に刺激を与え、身体の治癒力を高める「ホルミシス効果」というものがあります。温泉に含まれるラジウムは、ラドンという気体になって空気中にも存在していますので、温泉郷に訪れるだけでもこの「ホルミシス効果」を感じて元気になれそうな気がします。周囲には森林浴気分で歩ける散策路も多く、マイナスイオンとフィトンチッドにあふれた自然も癒し効果満点です。

ラジウム温泉の効能や入浴法については、詳しくはmemoの公式ホームページでご確認ください。初回はラジウム泉との相性を確認するためにも、3〜4泊の滞在が望ましいそうです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/09/01−2015/09/02 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ