ロケ地が素敵なのにはワケがある!「麒麟の翼」の舞台、東京・日本橋

| 東京都

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ロケ地が素敵なのにはワケがある!「麒麟の翼」の舞台、東京・日本橋

ロケ地が素敵なのにはワケがある!「麒麟の翼」の舞台、東京・日本橋

更新日:2013/07/23 18:53

Nihonbashi in Tokyo was chosen as a set location for “Kirin no Tsubasa” for a reason!
凜風 杏花のプロフィール写真 凜風 杏花 ライター

五街道の起点と定められている東京の「日本橋」。この橋から広がる日本橋エリアは、郵便や魚市場などの発祥の地でもあるんです。
テレビで「新参者」として放映された、東野圭吾の人気ミステリー加賀恭一郎シリーズ。その9作目「麒麟の翼(きりんのつばさ)」は映画化され大ヒットとなりました!今回は、この映画のロケ地をたどりながら、風情あふれる日本橋地区をご紹介したいと思います。

始まりの橋「日本橋」

写真:凜風 杏花

地図を見る

「日本橋」は、1604 年(慶長9年)に五街道の起点の場所と定められ、日本の道路網の始点となっています。「お江戸日本橋 七ツ立ち…」の歌でも有名ですよね。

映画「麒麟の翼」の冒頭にも、この橋の場面が出てきますが、ぜひここに立って道の原点を感じてみて下さい。心に響くものがきっとあるはず☆

日本橋地区の魅力は、東京駅から近い都会的な場所でありながら、伝統を感じさせる老舗や横丁の庶民的なお店などもたくさん残っていること。最近ではドラマや映画のロケ地めぐりで訪れる人も増えています。

日本橋の麒麟像には翼があった!

写真:凜風 杏花

地図を見る

こちらが映画のタイトルにもなった麒麟像で、約100年前、日本橋を木造から石造りに架け替える時に制作されたもの。

麒麟は想像上の生き物ですが、本来は翼がありません。けれど、「日本の道路の起点であるここから、日本中に飛び立っていけるように」という願いを込めて、日本橋の麒麟には翼が付けられました。ちょっと神聖な気持ちになれるこの像は、これから何かを始めようと思っている人にもお勧めのスポットです。

水天宮のご利益は安産以外にも!

写真:凜風 杏花

地図を見る

日本橋には、七福神めぐりがありますが、その中でも特に有名なのが水天宮。水天宮は、もともと福岡県久留米市において祀られてきましたが、江戸時代、久留米藩有馬家の江戸上屋敷に分霊された後、明治5(1872)年日本橋に移りました。

子供の守護神、安産の神様として良く知られていますが、水難、火難除けなどのご利益もあり、映画の中では、水難除けがピックアップされています。

※写真の水天宮は平成25年3月から建て替え中。現在は仮宮に遷座していますが、変わらずたくさんの参拝者で賑わっています。詳しくはMEMOをご参照ください。

なつかしい雰囲気「日本橋ゆうま」(甘酒横丁店)

写真:凜風 杏花

地図を見る

和雑貨のお店「日本橋ゆうま」。商品は布地から作るオリジナルのものが多く、なつかしい雰囲気が人形町らしいお店。映画の中では「ほおづき屋」という名前で登場します。

ロケ地となった他のお店もそうですが、映画のポスターが貼られ、写真を撮る人も多数。また、映画撮影時には、街をあげての暖かい協力があったとかで、下町の人情も感じますね。

日本橋ゆうま(甘酒横丁店)
TEL:03-3808-1780
営業時間: AM10:30〜PM6:30
定休日: 不定休

甘酒横丁で聞き込みをする!?

写真:凜風 杏花

地図を見る

東京メトロ人形町駅を降りて大通りから明治座へ抜ける通りは、「甘酒横丁」と呼ばれ、庶民的な雰囲気を漂わせています。

人気の和菓子などグルメなお店もたくさんありますので、ここらで、映画の中の刑事気分になって、美味しいものを探索してみるのはどうでしょう。

また、敷居が高くて普段は入らないようなお店にも、旅先だと抵抗なく入れたりしますよね。そんなお店で買い物をするもよし。霊験あらたかな神社を参拝されるもよし。これ以外にも日本橋にはいろんな楽しみ方があります。ご自分なりのスタイルで、ぜひぜひ「日本橋」を満喫して下さい(^^)

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/05/18 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ