CMの舞台になった鍋ヶ滝!水カーテンの奥はマイナスイオンたっぷり

| 熊本県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

CMの舞台になった鍋ヶ滝!水カーテンの奥はマイナスイオンたっぷり

CMの舞台になった鍋ヶ滝!水カーテンの奥はマイナスイオンたっぷり

更新日:2017/06/19 13:25

浮き草 ゆきんこのプロフィール写真 浮き草 ゆきんこ トラベルライター、プチプラ旅専門家、LCC弾丸トラベラー

鍋ケ滝は、2003年、松嶋菜々子さんが滝の前で、爽快に生茶を飲んでいるCMで一躍有名になりました。
熊本県の最北端に位置する小国郷にある鍋ヶ滝は、滝の裏に回れることでも有名で、水のカーテンのような景色は幻想的。春限定のライトアップは得も言われぬ美しさです。
さらに、小国郷の清らかな湧き水を使って作るお蕎麦も絶品。
水が豊富な穴場スポット、小国郷にある鍋ヶ滝とおいしいお蕎麦を紹介します。

知る人ぞ知る!松嶋菜々子さん出演のCMの舞台

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

熊本県小国町にある鍋ヶ滝は知る人ぞ知る穴場スポット。地図もあいまいなため、道案内の看板が頼みの綱。

阿蘇くまもと空港から阿蘇に向かう国道212号線を走ると国道442号線と交わります。その交わったところにあるのが、小国町にある道の駅 小国ゆうステーション。ここから、国道387号線に入ると、坂本善三美術館が見え、滝を示す看板に沿って曲がると、鍋ヶ滝の駐車場に到着します。

鍋ヶ滝は、駐車場から500mほど下ったところにあります。入り口に杖が置いてあるので足元が心配な人は1本持って行くといいでしょう。かなりの急こう配なので、帰りはこの杖がきっと役立つはず。

足場も悪いので、履きなれた靴でお出かけください。

マイナスイオンたっぷりの鍋ヶ滝

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

目の前に見えてきたのは、まさに水のカーテン!幅20m、落差10mの決して大きいとはいえない滝ながら、ちょうどいいバランスで二つに分かれた滝が、適度な水量で流れるため、キレイな水のカーテンが出来ているんです。

緑深い木々と白く薄く流れ落ちる水のカーテンは、マイナスイオンたっぷり!心身共にリフレッシュできます。

水のカーテン越しに見る風景と4月限定のライトアップ

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

鍋ヶ滝は、滝の裏側を歩くことができます。大きく岩がえぐられたような滝裏は、まるで大きな洞窟!目の前に絶え間なく落ちてくる水は、レースのカーテンのように景色が透けて見えます。

水カーテンの合間からみる緑の木々と木漏れ日はとても神秘的。夏は緑深い新緑、秋は真っ赤な紅葉を見ることができ、季節によりさまざまな表情を見せてくれます。

滝の裏側から見る景色と滝の音は洞窟の雰囲気もあいまって、別世界に来たような気分になるはず。

提供元:くまもと写真館

http://kumaphoto.jp/

毎年4月の第一週目の数日間、滝の裏側からのライトアップも行われます。昼間とは違う幻想的な空間は、期間限定ながら多くの人を魅了する人気のイベントになっています。ライトアップ開催期間は、3月中旬ころ発表されるので、HPでご確認ください。

また、ライトアップは、18:00〜21:00に行われますが、滝に行くまでの道は昼間よりも見にくく、足元が滑りやすいので、ご注意を。

おいしいお蕎麦屋さんが集まるそば街道

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

水が豊富な小国郷には、「そば街道」があります。数あるおいしい蕎麦店の中でもおススメは、白川そば「隠庵」。その名のとおり隠れた場所にあり、九重方面から国道442号を走ると道端に大きく看板が出ているので見逃さないようにしてください。

「隠庵」は、清流と雑木林に囲まれた落ち着きある風情が漂う古民家。店内は広く、大きいテーブルが配置されているため、相席でも窮屈さは感じません。川の音と鳥のさえずりだけが聞こえる一軒家です。

天然地下水でうった蕎麦は絶品!

写真:浮き草 ゆきんこ

地図を見る

白っぽい蕎麦は、見た目と違い、粉っぽくなく食べやすいうえ、細麺のためつるっと食べられます。大根おろしをいれた麺つゆと蕎麦の相性は抜群!ちょっと苦味がある大根おろしが蕎麦を引き立たせます!

最後に蕎麦湯をいれて、じっくり最後まで味わってみてください。

おとぎの世界のような鍋ケ滝とおいしいお蕎麦が有名な小国郷

小国郷は、山奥にあり、アクセスがいいとは言い切れない場所にありますが、鍋ケ滝のファンタジーの世界のような雰囲気、おいしいお蕎麦とリフレッシュ&リラックスできる熊本を代表する観光スポットです。特に開催期間1週間と短いながら、年々人気が高まる鍋ケ滝のライトアップは大混雑。

自然の神秘を感じられる熊本の鍋ケ滝で、目も心もうるおいチャージしましょう。

掲載内容は執筆時点のものです。

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ