仙台駅グルメ!牛たんvsすし、さあどっち?

| 宮城県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

仙台駅グルメ!牛たんvsすし、さあどっち?

仙台駅グルメ!牛たんvsすし、さあどっち?

更新日:2013/05/14 15:11

猫乃 みいこのプロフィール写真 猫乃 みいこ 非日常体験探求家、旅ブロガー、ライター

復興進む宮城県の仙台市、震災後も仙台のおいしいものを求めてたくさんの方々が訪れています。
仙台グルメで特に有名なのが、「牛たん」と「すし」。市内にはたくさんの専門店がありどこで食べようか迷ってしまうほど。
今回はJR駅と駅ビルで楽しめる、メディアでも良く取り上げられる2つのグルメをご紹介します。

- PR -

新幹線を降りたら、すぐにグルメストリート!

新幹線を降りたら、すぐにグルメストリート!

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

東京から新幹線で約2時間、仙台駅の改札を出た3階に「牛たん通り・すし通り」があります。
牛たんの専門店4軒、すしの専門店6軒が連なる、まさにグルメストリート!
どの店舗も営業時間が、10:00〜22:30(ラストオーダー22:00)ですから、朝到着してすぐに食べられますし、帰りの新幹線に乗る前にも食べられます。

牛たんは、朝食べる?夜食べる?

牛たんは、朝食べる?夜食べる?

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

まず目に飛び込んでくるのが、牛たんの専門店ゾーンです。牛たん専門店ももちろん10:00からオープンしています。
若い方や強靭な胃袋をお持ちの方なら、仙台グルメ旅の最初の食事として牛たんをガッツリいってみるのも良いでしょう。
朝から牛たん?と思った方は、夕方や夜に行ってみてくださいね。
ただし週末の夕方は行列ができていますから、時間をずらすなどしてくださいね。

朝は、すしでしょう!

朝は、すしでしょう!

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

私はとても朝から牛たんはムリなので、すしにしてみました。
すし通りの中で、去年の12月にオープンした「銀次郎」へ。こちらは、たこ焼きで有名な「銀だこ」のすし部門。震災後に復興応援として群馬から宮城県の石巻に本社を移した「銀だこ」さん。石巻の新鮮な魚介などを使ったすし部門の第一号店としてオープンしたそうです。
復興応援の心意気に賛同して、入店してみます。

朝からランチが食べられます。

朝からランチが食べられます。

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

「銀次郎」さんは、カウンターだけの小さなお店。お寿司やさんのカウンターというと、ちょっと緊張してしまいますが、そこは駅のすし通りという気軽な場所なので、気さくに話しかけてくれてリラックスムードで食べることができます。
朝10:00からランチが食べられるそうで、通常1480円のお寿司が990円でした。
ネタが新鮮の上に仕事も丁寧、ベビーホタテの入ったお吸い物も付いています。

お店の方から、仙台駅でしか飲むことができない「純米吟醸 仙臺驛正宗(せんだいえきまさむね)」を作る過程なども聞けました。なんと飲食店の方も日本酒造りに収穫から参加しているそうですよ。

朝からおいしいお寿司をいただき大満足!
さあ、仙台観光に出発です!

S-PAL仙台店もお忘れなく!

S-PAL仙台店もお忘れなく!

写真:猫乃 みいこ

地図を見る

仙台観光を終え、夕方お帰りの前に牛たんを食べようと考える方々の多いこと。牛たん通りが大行列に!
時間に余裕を持っていても、さすがにこの大行列では新幹線の時間に間に合わないかも。と不安になる方が多数だと思います。

ですが、ご安心あれ!
仙台駅には「牛たん通り・すし通り」以外にも、グルメの魅力がいっぱい。
改札を出て左に歩くと「S-PAL 仙台店」が直結していて、地下1階フロアには、仙台グルメが食べられるレストランがたくさん入っています。その中でもカフェ風のおしゃれな外観ながら、本格牛たんが食べられる「青葉亭」がオススメです。
明るい雰囲気のお店ですので、女性ひとりでもカップルでも、お酒と共にゆっくりと牛たんを楽しむことができるのです。

仙台観光と共に楽しみな仙台グルメ、仙台はイベントの多い街ですので、お気に入りのイベントをチェックして仙台グルメも一緒に楽しんでみませんか。

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/05/11 訪問

- PR -

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ