アツすぎる!南国のカウントダウン!極彩楽園パタヤの年越しはぶっ飛びすぎ

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

アツすぎる!南国のカウントダウン!極彩楽園パタヤの年越しはぶっ飛びすぎ

アツすぎる!南国のカウントダウン!極彩楽園パタヤの年越しはぶっ飛びすぎ

更新日:2017/09/06 18:34

澤 慎一のプロフィール写真 澤 慎一 放送局ディレクター

タイのお正月を祝う4月のソンクラーン(水かけ祭り)にも匹敵する、いやそれ以上に盛りあがるイベントがパタヤのカウントダウン。年越しのイベントは、なんとクリスマスから大みそかまで。つまり、1週間、ぶっ通しで毎晩がカウントダウンパーティーという異様な熱気に満ちています。不夜城パタヤが最もむらむらする瞬間!一年間のいやなことはすべてここに捨て去り、朝まで最高に盛りあがりませんか?

- PR -

まるで戦場!もう誰も止められないウォーキングストリート

まるで戦場!もう誰も止められないウォーキングストリート

写真:澤 慎一

地図を見る

ソンクラーンと同じように、はめをはずしまくり、もうむちゃくちゃなのがパタヤのカウントダウン。ソンクラーンでは誰かまわず水をかけあいますが、パタヤでは年末になると、世界中から集まったあらゆる民族・人種がスノースプレーをかけあい、伝説的な夜の歓楽街ウォーキングストリートはほとんど戦場と化しています。

カウントダウンを楽しむのなら、バリハイ埠頭へ

カウントダウンを楽しむのなら、バリハイ埠頭へ

写真:澤 慎一

地図を見る

パタヤは、タイの首都バンコクからほど近い場所にあるリゾート地ですが、年越しのカウントダウンのイベントは12月25日から31日まで。7日間もぶっ通しで夜空に大音量の花火がさく裂し、レーザービームが鮮やかな閃光を放ち、どこを見渡しても、人、人、人だらけ。
さきほどのウォーキングストリートを抜け、みんなが向かっているのが、パタヤの沖に浮かぶラーン島行きの船が出ているバリハイ埠頭。有名アーティストによる無料コンサートやイルミネーションも楽しむことができ、すごく楽しい!大みそかの日にカウントダウンを唱和するのもここなので、バリハイ埠頭を目指すようにしましょう。

大みそかになぜツリー!?芸人たちとの記念写真はいかが?

大みそかになぜツリー!?芸人たちとの記念写真はいかが?

写真:澤 慎一

地図を見る

こちらがバリハイ埠頭に設けられたステージですが、なぜかクリスマスを過ぎても巨大なツリーや雪だるまが飾られているのがタイのおおらかさ。仮装した芸人たちがカウントダウンを盛り上げ、記念写真にも気さくに応じてくれます。
耳をつんざく大音響のなかで繰り広げられる歌や踊りのパフォーマンス。しかし、冒頭のウォーキングストリートから、このステージにたどり着くまでにたっぷり2時間はかかり、まさしく命がけです。
大混雑に拍車をかけているのは、これだけの人ごみの中でもいつもと同じ調子で屋台を引っ張っているタイ人のおじさんたち。のんびりしたおじさんに向かって、「おまえはまったくクレージーなやつだ!」と怒鳴る白人たちの姿も見られますが、ここはタイなのでマイペンライ(気にしない)と笑って過ごしましょう。

ラストは“空飛ぶ除夜の鐘”。願い、天まで届け!

ラストは“空飛ぶ除夜の鐘”。願い、天まで届け!

写真:澤 慎一

地図を見る

さて、カウントダウンのステージが終わり、イベントの熱気が冷め始めると、涼しさを求めて人々はパタヤのビーチに集まってきます。楽しかった時間が過ぎ、ちょっと感傷的な気分に。そこに登場するのが、なぜかタイ北部のお祭りで使われるコームローイ(熱気球)。もともとは11月の満月の夜に、水の精霊に感謝の気持ちをささげるお祭り「ロイクラトン」(タイ北部ではイーペン祭り)に使われる熱気球ですが、なぜか季節はずれの大みそかにも打ちあげられます。

紅白歌合戦で盛りあがり、急に厳粛な除夜の鐘の生中継が映し出されるように、さっきまでノリノリの気分だった二人の女性も、なんだかセンチメンタルな表情に。この熱気球は、タイ人にとっては除夜の鐘のようなものなのでしょう。願いを込めて、高く夜空へ。来年も、いい年でありますように!

初泳ぎは朝ぶろ代わり!?さっぱり爽やか、パタヤにまた日が昇る

初泳ぎは朝ぶろ代わり!?さっぱり爽やか、パタヤにまた日が昇る

写真:澤 慎一

地図を見る

コームローイを夜空に飛ばして、厄除けも無事に済んだら、次のイベントはご来光です。夜の浜辺に座り、花火や熱気球を眺めて過ごしたら、夜が白々と明け、新しい年の始まり。この時期、タイは乾季で気候は非常に穏やか。海は温かく、朝一番で泳ぐこともできるので、初泳ぎはいかが?まるで温泉にでも浸かっているようで、さっぱり爽やか。とても気持ちいいですよ。

おわりに

以上、いかがだったでしょうか?
ちなみに、大みそかのパタヤでなぜ熱気球を打ち上げるのか、タイ人に尋ねてみると、「楽しければいい。マイペンライ」とのこと。
11月のお祭り「ロイクラトン」をはじめ、形を変えたソンクラーンのほか、クリスマスや大みそか、さらには年始の初泳ぎも同時に楽しめてしまえるのが、常夏の国パタヤならではのカウントダウン。年末年始を思いっきり楽しみたい方、ぜひおススメですよ!
ちなみに、パタヤの過ごし方についてはリンクを張り付けておきましたので、ご興味のある方はのぞいてみて下さい。
(※写真の無断使用厳禁!)

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/12/31−2014/01/01 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ