ハイブランドが低価格で!英国のビスタービレッジでお買い物

| イギリス

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ハイブランドが低価格で!英国のビスタービレッジでお買い物

ハイブランドが低価格で!英国のビスタービレッジでお買い物

更新日:2015/07/24 17:04

Akiko Nilsenのプロフィール写真 Akiko Nilsen 世界遺産検定2級

イギリス・オックスフォード近くにあるビスタービレッジ(Bicester Village)は、ロンドンから日帰りで訪れることができる、他のアウトレットではなかなか見られないMulberryやBURBERRYなどイギリス発のブランドから海外の高級ブランドが120以上も集まった広大なアウトレットモールです。商品は全て30%〜50%オフで買え、免税対応もしています。そんなビスタービレッジの魅力に迫ります!

- PR -

メンテナンスが行き届いた美しい空間

メンテナンスが行き届いた美しい空間

写真:Akiko Nilsen

地図を見る

ビスタービレッジという名にふさわしく、かわいらしい街並みが形成されたかのようなデザインのモール内は、メインストリートを中心にコの字型をしており、迷いにくい形をしています。GUCCIやPRADA、BURBERRY、POLO RALPH LAURENなどは特に大きなエリアを持っています。

特にBURBERRYは、定番のトレンチコートが山ほど入荷しています。半額ほどになっていることもあり大変お得なのですが、日本人に合うサイズが売り切れていたり、入荷されていないことも多くありますので、自分に合うサイズを見つけたら即購入をお勧めします。

イギリスの人気ブランドに強いのが特徴!

イギリスの人気ブランドに強いのが特徴!

写真:Akiko Nilsen

地図を見る

世界中のアウトレットにあると言っても過言ではない高級ブランドの中でも、このビスタービレッジには、地元イギリスのブランドが軒を連ねているのが特徴です。

その中でも注目はMulberryとAnya Hindmarchです。この二つのブランドはイギリス女性たちの憧れブランドとなっており、その洗練されて仰々しくない上品なスタイルが流行に左右されず、長く愛用できるブランドです。

イギリス定価でもそもそも、日本で購入するよりは少し安いのですが、更に30%オフとなっており、セールの時期に当たると、70%オフまでなることもあります。

もちろん休憩やレストラン施設も充実

もちろん休憩やレストラン施設も充実

写真:Akiko Nilsen

地図を見る

ショッピングに疲れた時に助かるのは、何と言ってもカフェやレストラン。ビスタービレッジでは、オーガニック食品を使用し、素朴でいかにもイギリスらしいメニューを展開しているfarmshopやワインなどと共にテラスでゆったりくつろげるレストランVILLANDRYがあります。

ショッピングの時間を削りたくない!という方のためにあのイギリスで超有名なシェフ、Jamie Oliver氏のお手軽な屋台風レストランや、メキシカン料理のラップサンドなどもあります。

他にも、スターバックスや、ジェラートショップ、クレープ店など休憩に最適なお店が勢ぞろいです。彼女や奥様の買い物に付き合って疲れた男性方にもおススメですね。

ロンドンから気軽に日帰り旅行が可能

ロンドンから気軽に日帰り旅行が可能

写真:Akiko Nilsen

地図を見る

オックスフォード近くにあるビスタービレッジですが、ロンドンからの日帰り旅行が可能です。
ロンドンのMarylebone駅から、電車で50分〜1時間ほどで最寄り駅に着き、そこからは専用のシャトルバスで5分ほどで到着します。電車の料金は、時間帯や買う時期によって変わりますが、事前に予約しておくと片道9ポンドほどで行けることもありますので、チェックしておきましょう。オンラインでの購入も可能です。

おわりに

ヨーロッパ旅行に行ったからには、本場の高級ブランドをお土産に買って帰りたい、でも価格が気になる…というあなたへの救世主がこのビスタービレッジです。アウトレットと言っても定番の商品も入荷されていたり、日本では考えられないような値引きがされていたりしますので、ぜひチェックをお忘れなく!

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/07/11 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ