日本最大級の廃墟の島!軍艦島上陸レポート!!

| 長崎県

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

日本最大級の廃墟の島!軍艦島上陸レポート!!

日本最大級の廃墟の島!軍艦島上陸レポート!!

更新日:2013/06/21 18:03

死ぬまでに行きたい国内スポット。2009年4月から一般公開された、廃墟を間近に見ることができる長崎県の軍艦島を紹介します。

世界一の人口密度を誇った町

地図を見る

廃墟に行きたい!でも違法行為はしたくない!
そんな方にぜひおすすめしたいのが、長崎県の軍艦島(正式名称は端島<はしま>)だ。
これまで立ち入りが禁止されていたが、2009年4月より一般公開され、ツアーで島に上陸し、見事な廃墟群を見学できることになったのだ。

長崎港から船で約40分。
周囲わずか1.2kmの小さな島だが、かつて炭鉱で栄え、最盛期の1960年には、なんと約5300人が暮らしていたという。
当時の東京の人口密度の約9倍以上で、世界一の人口密度を誇ったともいわれる。

高層住宅の廃墟群が間近に見える!

地図を見る

日本最初の鉄筋高層集合住宅ができたのもここ軍艦島。1916年(大正5年)に完成した。7階建ての建物だ。島が狭いが人口が多いので、高層住宅をぼんぼん建てた。7階建ての小中学校もあった。

日本の高度成長を支える重要なエネルギーである、石炭を海底から採掘し、多くの人たちが働いていた。

しかしエネルギー源が石炭から石油に急速にシフト。最も輝かしい石炭産業は斜陽産業になってしまう。
軍艦島も出炭量の減少とともに人口も急減。1974年には閉山となり、やがて無人島となった。
かつて栄えた高層住宅群が廃墟と化していったのだ。
幸いにして離島であったために、廃墟の保存状態はよく、軍艦島は廃墟マニアの垂涎の的となった。

大人気の上陸ツアー!

地図を見る

軍艦島を見に行きたいという人はいっぱいいる。
観光の起爆剤にもなるはずとのことから、一般公開が決まったのだ。

長崎港から旅行会社や船会社が軍艦島ツアーを催行しており、島に上陸せず、海から島を眺めるツアーもあれば、島に上陸するツアーもある。

島内は一般公開化に伴い、見学通路が整備され、比較的安全な場所から廃墟となった建物群を見学できるようになっている。

船からも廃墟がばっちり

地図を見る

「えっ、でもそんなんじゃ、廃墟がしっかり見えないんじゃないの?」
と思うかもしれないが、そんなことはない!
見学通路からでもばっちりド迫力の廃墟が間近に見える。

ぜひともここまで来たら上陸したい!
ただし、

1:風速が秒速5メートルを超える
2:波高が0.5メートルを超える
3:視程が500メートル以下

の日は、 上陸できず周遊のみで終わってしまうが、船からでもすごい迫力なので、ぜひ長崎に行ったら軍艦島に行ってみたい。マジですごいです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2009/09/26 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ