意外と楽しい!復活したバンコク・ドンムアン空港 国際線ターミナル

| タイ

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

意外と楽しい!復活したバンコク・ドンムアン空港 国際線ターミナル

意外と楽しい!復活したバンコク・ドンムアン空港 国際線ターミナル

更新日:2017/07/19 11:22

やま かづのプロフィール写真 やま かづ 機内食&マンゴーにはうるさいトラベルライター

かつてはタイの空の玄関口として活況を呈したバンコク(現ドンムアン)国際空港。新バンコク(スワンナプーム)国際空港が開港してからは、チャーター便の運航など新空港を補完する役割を担っていました。
しかし、その後LCCターミナルとしての存在価値が高まり、多くの旅客でにぎわう往年の姿を取り戻しました。
そんなドンムアン国際空港の国際線ターミナルは意外と楽しく、隠れた魅力がたっぷりと詰まっているんです。

- PR -

復活を遂げたバンコク・ドンムアン国際空港!

復活を遂げたバンコク・ドンムアン国際空港!

写真:やま かづ

地図を見る

長らく、タイのゲートウェイ空港のみならず、東南アジアのハブ空港として機能していたバンコク(現ドンムアン)国際空港。2006年に新バンコク(スワンナプーム)国際空港が開港してからは、チャーター機、政府専用機、貨物機、そして一部のLCCなどの運航に使われていました。

復活を遂げたバンコク・ドンムアン国際空港!

写真:やま かづ

地図を見る

しかし、LCCのエアアジアがドンムアン国際空港への乗り入れを開始してからは、バンコク2つ目の国際空港として完全に復活しました。

復活当初、ドンムアン国際空港は空港施設の半分を閉鎖し、残ったフロアを国際線・国内線の共用ターミナルとして使用していました。しかし、LCCの需要が高まるに伴い手狭になったため、閉鎖していた部分も国内線専用のターミナル2としてオープンしました。

ここでは、そんなドンムアン国際空港の意外と楽しい国際線専用のターミナル1についてご紹介します。

3階のファミレスでタイのローカルグルメを満喫!

3階のファミレスでタイのローカルグルメを満喫!

写真:やま かづ

地図を見る

ドンムアン国際空港の国際線ターミナルで食事をするなら、3階の「タロスカフェ(Taurus Cafe)」はいかがですか?パッタイやカオマンガイなどの屋台メニューから各種カレー、そしてスイーツまで、タイのローカルフードなら何でもいただくことができます。
営業は24時間、朝食時にはトーストを基本にした洋食のブレックファーストメニューも充実、ここは間違いなくファミレスです。

飛行機を見ながら夢を見る?くつろぎ空間「オブザベーションデッキ」

飛行機を見ながら夢を見る?くつろぎ空間「オブザベーションデッキ」

写真:やま かづ

地図を見る

3階「タロスカフェ」の奥には「オブザベーションデッキ(Observation Deck)」があります。かつては、たくさんの旅客が飛行機を見学したり、見送ったりするための屋内施設でした。

今では、設置されているイスも少なくなり、広々とした空間があるのみです。しかし、この何もない空間がLCC専用ターミナルの本領を発揮します。
夜も更けると、あいたスペースに仮眠場所を求めて旅行者たちが集まってきます。深夜に発着するフライトも多いので、宿泊費をできるだけ節約したいLCC利用者にとっては大切なエリアとなっているんです。

知らない間に社会貢献?「ロイヤルプロジェクトショップ」でお買い物

知らない間に社会貢献?「ロイヤルプロジェクトショップ」でお買い物

写真:やま かづ

地図を見る

「ロイヤルプロジェクト」とは、タイ王室の主導のもと、貧しい農村に適切な利益を還元して、農民の自立を促すために始められた運動のことです。
徹底した品質管理をして付加価値の高い農産品を生産・販売し、消費者はそれらの商品を購入することで、結果的に社会貢献することになるというものです。

そんな商品を扱っているのが、国際線ターミナル2階にある「ロイヤルプロジェクトショップ(Royal Project Shop)」です。生鮮品を初め、スナック、ドリンク類、スキンケア商品、そして民芸品などが並べられています。
本来、市中にあっては高い値段設定の「ロイヤルプロジェクト」の商品ですが、さらに割高な空港価格がまかり通っているターミナルにあっては、お買い得に感じるかもしれません。
ミネラルウオーターやちょっとしたお土産物を買うだけで社会貢献できますので、ぜひ、お立ち寄りください。

空港職員御用達!安い、早い、うまい!下町風フードコート

空港職員御用達!安い、早い、うまい!下町風フードコート

写真:やま かづ

地図を見る

空港ターミナル内はタイにあってタイにあらず。しゃれたカフェやレストランがたくさん営業していますが、もっとローカルっぽいところで、お安く食事がしたい!
そんなあなたにお勧めなのが、国際線ターミナルに隣接した空港ビルにある「マジックフードポイント(Magic Food Point)」です。

行き方は簡単、国際線カウンター側(北側)1階の団体出口を出て、建物沿いに100メートルほど歩けば、黄色い看板が見えてきます。

空港職員御用達!安い、早い、うまい!下町風フードコート

写真:やま かづ

地図を見る

「マジックフードポイント」は空港職員御用達のクーポン券式のフードコートです。キャッシャーでクーポン券を買って、食事の支払いはそのクーポン券を使います。もし、券が余れば、キャッシャーで返金してもらうというシステムです。

バンコクの下町の雰囲気がぷんぷん、値段も当然、庶民価格。うわさを聞きつけた外国人観光客も食事に訪れるので、タイ語がわからなくてもオーダーできるようメニュー写真には番号がつけられています。

タイ入国後の最初の食事も、あるいはタイ出国前の最後の食事も、空港職員御用達のこの穴場スポットでいかがですか?

タイらしいといえばタイらしい?ドンムアン国際空港 国際線専用ターミナル

昔からある建物をそのままLCCターミナルとして使用しているドンムアン国際空港。そこここに古さを感じますし、照明も暗め、おまけに出発便が重なる時間帯にもなると、人!人!人!
今どきの個性の少ない最新空港とは違い、とっても泥臭い、でもタイらしい空港なのがドンムアン国際空港の国際線専用ターミナルです。

ただ単に出入国だけに使うのはもったいない!ぜひ、ゆっくりと過ごしてみてください。「意外に楽しい!」が実感できるはずです。

なお、ドンムアン国際空港 国内線専用ターミナルについての詳細は、下記「MEMO」をご参照ください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2017/06/19−2017/06/23 訪問

- PR -

旅行プランをさがそう!

このスポットに行きたい!と思ったらトラベルjpで複数旅行会社からまとめて検索!

条件を指定して検索

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ