ビジネスホテル代りに!快適ゲストハウス「ドロップイン大阪」

| 大阪府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

ビジネスホテル代りに!快適ゲストハウス「ドロップイン大阪」

ビジネスホテル代りに!快適ゲストハウス「ドロップイン大阪」

更新日:2015/05/07 17:22

中野 ねこりんのプロフィール写真 中野 ねこりん ソーシャルコミュニケーションプランナー、ライター

最近、外国人観光客の増加や話題のテーマパーク人気などで、大阪市内のリーズナブルなホテルは予約が取りづらくなっています。そんな時の候補の一つとして、ゲストハウスを考えてみてはいかがでしょうか。

今回は立地がよく、さらに旅人目線のサービスが充実していて、口コミでも高い評価を得ているゲストハウス「ドロップイン大阪」をご紹介します。「いくら安くてもゲストハウスは……」という方も必見です!

旅行好きマネージャーが運営する快適ゲストハウス

写真:中野 ねこりん

地図を見る

ゲストハウスというと繁華街から少し離れていたり、二段ベッドで落ち着かなかったり、安さだけが取り柄という印象があるかもしれません。でも、今回ご紹介する「ドロップイン大阪」は旅好きマネージャーが自らの経験を生かして、とことん快適さを追求したゲストハウス。海外の方はもちろん、大阪府外の学生や若いグループなどを中心に、口コミでも高い評価を得ています。

まず特筆すべきはその立地です。JR、阪急、阪神、地下鉄が乗り入れ、オフィスや商業施設がひしめく大阪随一の繁華街・梅田から徒歩圏内にあり、人気のユニバーサル・スタジオ・ジャパンや京セラドームへも30分圏内という便利さです。

さらに、周辺には飲食店やコンビニなどがあり、滞在中不便を感じるようなことはありません。

作り付けのベッドで個室気分

写真:中野 ねこりん

地図を見る

ベッドは作り付けのしっかりしたもので、下段にいても上段のきしみなどを感じることもなく快適そのもの。全てのベッドに専用の棚、ライト、差し込みプラグがあり、遮光カーテンを閉めれば狭いながらも個室気分で過ごすことができます。専用ロッカーがあるので、貴重品の保管も安心。

完全な個室ではないのでスーツケースの開け閉めなど多少の生活音はありますが、スタッフの注意も行きとどいていて、騒音に悩まされるようなことはありません。

適度な固さのマットとふかふかの羽毛布団、そして清潔なシーツにくるまれば、思いのほか旅の疲れが癒されます。

広い交流スペースがイベント参加者に人気

写真:中野 ねこりん

地図を見る

マネージャーのお話によれば、京セラドームなどでアイドルのコンサートがある時はファンが大勢訪れるとのこと。値段や立地だけでなく、広々とした交流スペースで応援うちわ作りを気兼ねなくできるので、「ビジネスホテルよりここがいい!」という声もあるとか。

キッチン、コインランドリーもあり、就職活動の拠点としても最適

写真:中野 ねこりん

地図を見る

また、就職活動がピークの時にはリクルートスーツに身を固めた方が多数訪れることも。立地がよくリーズナブルでキッチンやコインランドリーも完備されているので、確かにここを拠点にすれば大阪市内で効率的に就職活動ができそうです。女性専用ドミトリーがあるので、女性一人の滞在にもおススメです。

ファミリー向けには個室も

写真:中野 ねこりん

地図を見る

また、一部個室(シャワー・トイレは共用)もあるので、人気のテーマパークを目当てにした家族連れも増えているとのこと。宿代はできるだけ抑えて、その分テーマパークで思い切り遊びたいというニーズにもピッタリですね。

スタッフの元気な対応が何よりのおもてなし

立地、値段、快適なベッドなど、ビジネスホテルの代わりとして十分に活用できる「ドロップイン大阪」ですが、最後に触れておきたいのが元気なスタッフの気持ちのいい対応です。

マネージャーをはじめ、スタッフ全員がバックパッカー経験者。旅の疲れを癒すために必要なことを心得ているので、困ったことがあればどのスタッフも気持ち良く相談に乗ってくれます。もちろん、使用ルールも丁寧に説明してくれるので、ゲストハウスに慣れていない方も戸惑う心配はありません。

また、週末には交流イベントも行われているので、英語でコミュニケーションしたい、という方にもおススメです。

「大阪のホテルが空いていない……」と困った時は、ぜひ「ドロップイン大阪」で快適ゲストハウス体験をしてみてください。

掲載内容は執筆時点のものです。 2015/04/24−2015/04/25 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ