春の京都御苑ではモクレンを見逃さないで!

| 京都府

| 旅の専門家がお届けするオリジナル旅行ガイドメディア

春の京都御苑ではモクレンを見逃さないで!

春の京都御苑ではモクレンを見逃さないで!

更新日:2013/04/08 18:24

MASALA Chaiのプロフィール写真 トラベルjpナビゲーター MASALA Chai トラベラー

京都御苑でとってもきれいなモクレンを見つけました。
春といえば桜ばかりが注目されますが、モクレンの華麗な枝振りにすっかり見とれてしまいました。
まだ蕾も多く、5月の初めまで見頃が続きます。桜だけでなく、ぜひモクレンを見てくいただきたくてレポートします!

紫の大きなモクレンの木に出会う中立売通門(なかだちうりどおりもん)

写真:MASALA Chai

地図を見る

桜を見に出かけたのですが、この大きな木に惹き寄せられました。

中立売通門(なかだちうりどおりもん)から入って左手にあります。10m近くあるでしょうか。何度も通っている京都御苑で、モクレンは初めて見つけました。

桜は遠くから眺める方がいいと言いますが、モクレンは近づいて見ることをおすすめします。こぶし大以上の大きな花は見応えたっぷり。

「木蓮」と書いて、アジアにしか育たない花だと思っていましたが、アメリカにもたくさんの品種があるそうです。何かに似ているなぁ・・・・と思っていたら、そう、「マグノリア」の仲間でした。

ここで見つけたモクレンは紫。桜とはまったく違う存在感と華麗さがなんともいえず魅力的です。

「猿が辻」横の森でひときわ美しく咲く白いモクレン

写真:MASALA Chai

地図を見る

もっとモクレンが見たくて御苑内を歩いていたら、枝を周囲に広げ、頭を垂れて咲く白いモクレンを見つけました。

こちらは「猿が辻」と呼ばれる御所の北東角の横にある森の中です。

見事な枝振り、そして、ここにはなんとも不思議な空気感が漂っています。桜のようにたくさんの人に囲まれてはいないのですが、この美しさに惹かれた人がまばらに・・・。

モクレンは北がお好き?!

写真:MASALA Chai

地図を見る

モクレンの別名は「コンパス・フラワー」。蕾が必ず北を向くからだそうです。植物が方向を示してくれるなんて、不思議ですね。

大輪の花を咲かせ、咲き終わった後の姿はなんとなく、クチナシの花に似ている気がします。モダンな花ですが、化石からも発掘される歴史の古い花です。花言葉は「自然への愛」。

頭を垂れて咲く御苑のしだれ桜たち

写真:MASALA Chai

地図を見る

しだれ桜が多い京都御苑。枝を周囲に大きく広げ、地面につきそうなくらい枝を下げ木が目立ちます。

倒れても咲き続ける「桜松」は有名。

ゆっくり歩きながら、梅や桜、ユキヤナギ、椿・・・など、自分の好きな花を見つけて楽しんでみてください。
特に白と紫の2本のモクレンは、ぜひ見ていただきたい美しさです。

この記事の関連MEMO

掲載内容は執筆時点のものです。 2013/04/02 訪問

- PR -

トラベルjp<たびねす>

トップページへ戻る

最新記事の購読はこちら

ソーシャルツールで最新記事を購読

× 閉じる
事業拡大のため、デザイナー、システムエンジニア募集中!国内最大級の旅行サイトを一緒に作りませんか?

- PR -

旅行ナビゲーター(在宅ライター)募集中!
この記事に関するお問い合わせ